プロによるFX会社比較

XM(エックスエム)・レポート

XM詳細解説

XMは世界ナンバーワンと評されるブローカーFX以外にも、ダウ先物、日経平均先物、さらには原油やゴールドなどもMT4でトレードできる!

僕がXMを知ったキッカケ

僕がXMというキプロスのFX業者に興味を持ったのは、与沢翼さんの「グローバルトレーダーズスクール」というトレードスクールの動画教材を見た時でした。
もっとも、僕は与沢さんのスクールに入っていたのではなく、たまたま購入した「【相場師朗】 7step株式投資メソッド」という教材の特典として、その動画がついてきたんです。

何本かあった与沢さんの動画の中で、ご自身が使っているXMという会社について熱心にお勧めしてることが印象的でした。
というのも、与沢さんご自身はXMとは一切関係のない立場なので、XMを勧めても本人には何のメリットがないにもかかわらず、彼の生徒さんたちにXMを強く推奨していたんです。

それで、「あの与沢翼さんがそこまでお勧めするFX業者ならきっと間違いないだろう」と、試してみたのが始まりでした。

僕もFXを始めた当初は、ほとんどの日本人と同じように国内のFX業者を使っていました。
そのことに特に不満はなかったんですが、XMを使い始めると、やはりMT4が使えること、世界中の株やコモディティをトレードできること、NDD(ノンディーリングデスク)方式であること、また損失額が預入金額に限定されていることなど、その他にも様々なメリットがありました。

与沢翼さんが動画の中で、XMについて「素晴らし過ぎる」と表現していたのも納得できる内容でした。

XMのメリット・デメリット

XMの優れた点を挙げだしたら本当にキリがないんですが、すぐに思い浮かぶことを順番に書き出したいと思います。

XMのメリット・デメリット

  1. NDD方式なのでリクオート・約定拒否がない:
    XMは顧客からの注文を直接インターバンク市場に流すNDD方式なので、どんな注文も拒否することなく約定してくれます。
    ※ 国内のFX業者の場合は思ってもいないレートで約定されたり、注文自体が拒否されることがある。
  2. マイナス残高リセット:
    普通のFX業者は、相場の急変でロスカットが間に合わず口座残高以上の損失が発生した場合、その超過額を顧客に請求しますが、XMでは口座残高以上の損失が発生しても、マイナス分をリセットしてくれるんです!
    つまり、「口座に入っている金額以上に損をすることは絶対にない」ということです。
  3. マーケット・リポート:
    XMでは毎日動画によるマーケット・リポートや、テクニカルアナリストによる分析を配信しています。トレード初心者には参考になる情報だと思います。
  4. 定期的なウェブセミナーの開催:
    NDD方式を採用しているXMでは、顧客からの手数料(スプレッド)だけが彼らの収入源です。
    ということは、顧客がトレードで儲けて取引を継続してもらうことが、イコールXMの利益になります。
    その為、顧客のトレード技術の向上を目的に頻繁に有益な講座が開催されているんです。もちろんXMユーザーは無料で受講できます。
  5. 世界中のあらゆるマーケットにアクセスできる:
    僕にとってはこれがXMの一番の魅力ですね。相場が好きな人にとっては、世界経済を動かすあらゆる市場を覗き見ることができて、なお且つMT4という素晴らしいトレードツールでいつでも取引できるというのは、本当に魅力的です。
  6. 口座を開設しただけで3000円もらえる:
    国内のFX会社にも、一定の取引量を超えたらキャッシュバックしてくれるというのはありますが、XMの場合は口座開設と同時に入金してもらえるので、元手0円でトレードが始められます!

他にもメリットはいろいろありますが、とりあえずこれぐらいにしておきましょう(笑)。
一方、デメリットに関しては、正直、特に気になることはないです。強いて言えば、国内のFX業者より少しスプレッドが厚いぐらいなところでしょうか。

XMはFX以外のトレードにも使える!

XMは、世界各国の通貨ペアがトレードできて、シンガポールドル/円やユーロ/香港ドル、また、われわれ日本人には馴染みのない、USドル/メキシコペソ、ユーロ/ハンガリーフォリント、ポンド/ノルウェークローネなど、なんと世界57の通貨ペアをトレードすることができます。

これだけでもスゴイんですが、XMで取引できるのは実はFXだけではないんです。
FX以外にも世界中のあらゆる市場を表示でき、トレードすることが可能です。

例えば、ニューヨークダウ、日経225、イギリスFTSE、ドイツDAXといった世界中の株式(指数)や、原油、ゴールド、天然ガス、さらにはコーンやコーヒーといった農産物までもがXMのMT4でトレードできるんです!
為替市場に動きが乏しい時や、FX以外のマーケットにも興味のある方には最適なプラットフォームと言えます。

ニューヨークダウ、日経225、イギリスFTSE、ドイツDAXといった世界中の株式(指数)や、原油、ゴールド、天然ガス、さらにはコーンやコーヒーといった農産物までもがXMのMT4でトレードできる

XMの場合、NDD方式というトレーダーには有利なシステムを採用している分、どうしても手数料としてのスプレッドが国内FX業者よりやや厚目になってしまうので、FXのスキャルピング派にはあまり適さないんですが、その代わりに、FX以外の様々なマーケットをトレードの対象にすることができます。

これらのトレード対象の多くは、FXに比べて動きが緩やかなので、スキャルピングよりも数日から数週間といったスパンで保有するスイングトレードに向いていると思います。
なので、僕にとってこれらの投資対象は、FXと同じかそれ以上にXMが最も威力を発揮してくれるものだと感じています。

実際に、以前「トレード日記」でレポートした「ダウ先物のトレード」や「原油先物のトレード」は、XMで売買したものです。

また、これら世界経済の「今」を映し出す様々なマーケットにリアルタイムでアクセスできることは、純粋にものすごく楽しいことです。

XMの公式サイトへ

XMの口座を開設する際には身分証明書と住所証明書類が必要です。詳しくは「XM(エックスエム)の口座開設に必要な書類」をご覧ください。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. XM(エックスエム)の口座開設に必要な書類 XM(エックスエム)の口座開設に必要な書類
  2. 国内FX業者と海外FX業者の違い 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い
  3. プロトレーダーによるFX会社比較 プロトレーダーが実戦で使っているFX会社
  4. OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 買えば下がる…売れば上がる…。目標額確保まで大苦戦 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦
  2. MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  3. GWの東京時間は手を出さない方がいい GWの東京時間は手を出さない方がいい
  4. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保
  5. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  6. なぜ!?DMMFXの審査に落ちた! 今日もいつものトレード。それよりDMMの審査に落ちたことがショック...
  7. 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました
  8. FXとは?その仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説! FXとは?初心者にもわかりやすく解説!
  9. 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
  10. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. 危うく往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた

ピックアップ記事

  1. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした
  2. ショートしたかったのでロングした?
  3. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど
買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説
  1. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます
  2. 素直な相場を普段通りにトレード
  3. サポレジとMAが効いてたのでリズムの乗れた
  4. 不治の病?怒りのポジポジ病の治し方
  5. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど
  6. GWの東京時間は手を出さない方がいい
PAGE TOP