暗号通貨

暗号通貨(仮想通貨)はじめの一歩!取引所の選び方

暗号通貨(仮想通貨)はじめの一歩!取引所の選び方

どちらかと言うと暗号通貨(仮想通貨)に否定的だった僕ですが、いろいろと勉強しているうちに暗号通貨に対する見方が変わってきました。

「あんな実態のないもの」

と、以前は決めつけてたわけですが、何事も知る前と知った後とでは、見え方が違ってくるものです。
そういえば、FXの時もそうだったんですよね~。
株だけをやってた頃は、

「あんな丁半バクチみたいなFXなんて」

って、本気で思ってましたから。
それが今ではFXが仕事になってます。

今回の暗号通貨に関しても同じで、その辺りの考え方の変化については、「暗号通貨の取引を遅ればせながら開始しました!」と「遂にビットコイン・イーサリアムなどを買いました!」で書いた通りです。

暗号通貨について学び、仕組みを理解していくにつれ、

「この一世一代の大チャンスを逃してはいけない!」

という思いが強くなり、とうとう自分でも暗号通貨の取引を始めることにしました。

まずは取引所を選んで口座を開設する

まだ暗号通貨のことをよく知らない人にとっては、

「暗号通貨の取引に興味はあっても、ビットコインとかってどこで買えばいいの?どんな手続きをすればいいの?」

と、まずそこからして疑問だと思います。
僕も最初はそうでした。

でも、実際はビットコインをはじめとした暗号通貨を買うのってものすごく簡単なんです!
まずは、

「取引所(仲介業者)を選んで口座を開設する」

これだけです!
手続き自体は超カンタン。ものの数分で完了します。

ただ、その取引所を選ぶのが暗号通貨に詳しくないうちは分からなかったりすると思います。

そこで、国内の主な暗号通貨取引所すべてに口座を開設した僕が、特にお勧めの取引所をピックアップしてみました!

コインチェック(coincheck)

コインチェック

コインチェックの会社概要

  • 会社名:コインチェック株式会社(英語表記:Coincheck,inc.)
  • 住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-28-13 渋谷新南口ビル3F
  • 設立:2012年8月28日
  • 資本金:9200万円
  • 代表取締役:和田晃一良
  • URL:https://coincheck.com

今、一番勢いのある取引所がコインチェックです。
僕もビットフライヤーでは買えないコインを買う為にコインチェックに口座を開設しました。
買えるコインはビットフライヤーの5種類に対して13種類!(2017年9月現在)

サイトのデザイン的にも非常に分かりやすいので、暗号通貨初心者には最適な取引所だと思います。
また、暗号通貨で短期トレードをしたい人にも、優れたチャートソフト「TradView」が利用できるのでお勧めです。

コインチェックの主な特徴

  • ビットコインやイーサリアム以外にもリップルやネムなど計13種類のコインを取引できる
  • 取引画面がシンプルで使いやすく売買注文が簡単に行えるので初心者に最適
  • ビットコインによる決済サービス「コインチェック・ペイメント(coincheck payment)」も運営
  • 2段階認証を登録しておけば、不正ログインに対する損失を最大100万円まで補償

コインチェックの公式サイト

ビットフライヤー(bitFlyer)

ビットフライヤー

ビットフライヤーの会社概要

  • 会社名:株式会社bitFlyer
  • 住所:〒107-0052 東京都港区赤坂 3-5-5 ストロング赤坂ビル 8 階
  • 設立:2014年1月9日
  • 資本金:41億円
  • 代表取締役:加納裕三
  • URL:https://bitflyer.jp

僕が初めて暗号通貨を買ったのがビットフライヤーです。
買ったのは、ビットコイン・イーサリアム・ライトコイン・ビットコインキャッシュでした。
というか、ビットフライヤーってこの4種類以外にあとイーサリアムクラシックを加えた5種類しか扱ってないんですよね~。

コインを絞って投資する人には問題ないですが、沢山のものに分散投資したい人にはちょっと不満があるかもしれないですね。
国内初の暗号通貨取引所で、かつ取扱高日本一を誇ります。

ビットフライヤーの主な特徴

  • 三菱UFJ・三井住友・みずほなどメガバンク3行が株主に名を連ねる
  • ビットコイン取引量日本一
  • 日本初のビットコイン取引所
  • 取扱い仮想通貨が5種類と少ない

ビットフライヤーの公式サイト

ビットトレード(BittTrade)

ビットトレード

ビットトレードの会社概要

  • 会社名:ビットトレード株式会社(英語表記:BitTrade Co., Ltd.)
  • 住所:〒108-0073 東京都港区三田2-11-15 三田川崎ビル4階
  • 設立:2016年9月12日
  • 資本金:5100万円
  • 代表取締役:閏間亮
  • URL:https://bittrade.co.jp

このサイトをご覧いただいている方なら、FXトレードフィナンシャル(FXTF)という会社はご存知だと思います。
そのFXTFの子会社が「ビットトレード」です。

取引ツールには、世界で最も利用されている「TradingView」を採用していて、トレンドラインや一目均衡表など100を超えるテクニカル指標が使えます。
もちろんスマホにも対応。

ビットトレードの主な特徴

  • FXで実績のあるFXトレードフィナンシャルの子会社
  • 優れたチャートソフト「TradingView」を採用している

ビットトレードの公式サイト

GMOコイン

GMOコイン

GMOコインの会社概要

  • 会社名:GMOコイン株式会社
  • 住所:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
  • 設立:2016年10月
  • 資本金:7.5億円
  • 代表取締役:若松剛史
  • URL:https://coin.z.com/jp

GMOコインは、名前からも分かるように「GMOインターネット」のグループ企業で、FXトレーダーなら誰もが知っている「GMOクリック証券」と同じ系列の会社です。

設立されて間もないこともあって、2017年9月現在、扱っているコインはビットコインのみとなっていますが、今後、取扱う仮想通貨の種類を増やしていくとGMOコイン側は発表しています。

FXで培ったノウハウを基に、「仮想通貨FX」に力を入れているのが特徴で、スプレッドが狭いビットコインにレバレッジをかけた短期トレード志向の仲介業者と言えます。

GMOコインの主な特徴

  • GMOインターネットのグループ企業
  • 取引できる仮想通貨はビットコインのみ(今後アルトコインも追加予定)
  • FXのノウハウを利用し「仮想通貨FX」に力を入れている
  • 出金する際の手数料が無料

GMOコインの公式サイト

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEXの会社概要

  • 会社名:QUOINE株式会社
  • 住所:東京都千代田区平河町2-7-3 PMO平河町2階
  • 設立:2014年11月
  • 資本金:20億円
  • 代表取締役:栢森加里矢
  • URL:https://ja.quoinex.com

QUOINEXと書いてコインエクスチェンジと読みます。
普通、コインのスペルは coin と書くのでちょっと変わった社名だなぁと思っていたら、もともとは2014年にシンガポールで設立された会社で、その後、2016年に東京に本社が移されたそうです。

QUOINEXの会社案内を見ても、東京、シンガポール、ベトナムの3ヵ国に拠点を持っていて、従業員の国籍も様々な「多国籍企業」といった印象を受けます。

そんな国際色豊かなQUOINEXだけに、他の仮想通貨業者と違う点として、日本円以外にもユーロやシンガポールドル、香港ドル、オーストラリアドル、さらには中国の人民元でも仮想通貨の取引ができます(損益通算は円で計算される)。

QUOINEXの主な特徴

  • 海外にも拠点を持つ多国籍企業
  • 日本円以外の様々な通貨で仮想通貨の取引ができる
  • 仮想通貨では珍しくデモトレードがある

QUOINEXの公式サイト

24時間、土日もトレード出来るのが暗号通貨の魅力

以上、僕が実際に口座を開設した仮想通貨取引所をご紹介しました。
この他にも沢山の取引所があるので、今後、さらに追加で口座を開設するかもしれません。

どうして僕がいくつもの口座を開設するのかというと、投資資金を複数の取引所に分けることで「万が一の場合の備え」としているからです。

マウントゴックスのようにハッキングされて顧客のビットコインが消滅した、なんて事例も過去にはありましたから。
今は、当時よりも遥かにセキュリティが高度に、厳しくなっているので大丈夫だと思いつつも、念のため資金を分散して管理しています。

最後に、暗号通貨取引の大きな魅力として、「24時間。土日もトレード出来る」ということがあります。
会社勤めされている方のように、平日に時間を作ることが不可能な場合、株はもちろんとして、FXでもじっくり腰を据えてトレードすることは難しいと思います。

でも、仮想通貨の取引なら土日の休日を利用して取引を楽しむことができます。
このことが、株やFXの経験のない一般の方の間にも、暗号通貨の取引が人気となっている理由ではないでしょうか。

ここで挙げた取引所は、すでに有名なところばかりかもしれませんが、僕自身が使っているところでもあるので、「これから暗号通貨の取引を始めてみたい」と考えている方の参考になれば嬉しく思います。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 遂にビットコイン・イーサリアムなど暗号通貨を買いました! 遂にビットコイン・イーサリアムなど暗号通貨を買いました!
  2. ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入 ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入
  3. 遅ればせながら暗号通貨の取引を開始しました! 暗号通貨の取引を遅ればせながら開始しました!
  4. リップルを10万円分追加購入 リップルを10万円分追加購入
  5. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 勝ちはしたけど、まだまだ青いです。トレードは難しい…。 勝ちはしたけど、まだまだ青いです...。
  2. レンジ相場に付き合わされ長期戦に レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  3. 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな! 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな!
  4. XM(エックスエム)・レポート XM詳細解説
  5. リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了 リズムには乗れてないけどボラがあったので短時間で終了
  6. マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました
  7. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと
  8. 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  9. 4ヵ月ぶりに負けました〜 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  10. 無欲に上手く乗りこなせたけど危険なトレードでもあった 上手く乗りこなせたけど危険なトレード
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

おすすめ記事

  1. ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた

ピックアップ記事

  1. 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  2. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  3. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し
究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  1. ひたすら待ち続けて抜けた方向に乗った
  2. 東京時間らしい読みやすい値動き
  3. XM(エックスエム)の口座開設に必要な書類
  4. 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  5. 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  6. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
PAGE TOP