コラム

孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?

孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?

トレーダーは、陽の当たる場所にいる人気者よりも、人生をいつも独りで歩いて来た孤独な人にこそ、向いているように思います。

ひとりでいることが好きな人は、本を読んだり、何かひとつのことに没頭したり、また、思考が外ではなく内に向かう傾向が強いように感じるからです。

これらの要素は、大量の専門知識の習得が必要で、なお且つ自分の内面と常に向き合わなければならないトレーダーにとって、非常に適した性格だと思います。
僕自身が、そういったタイプの人間で、世間では「オタク」と呼ばれています(笑)

一方、外向的でアクティブな人は、いつも人に囲まれ、いろんなことに興味を持ち、人生を楽しんでいるように見えます。
しかし、その反面では落ち着きがなかったり、せっかちだったりで、ひとつの場所にとどまって、ひとつのことを極めるということを苦手とする傾向が強いように思われます。

僕が以前勤めていた先物取引会社でも、優秀なトレーダーたちは、どちらかというと大人しく控えめな性格の、ちょっととっつきにくい雰囲気の人が多かった印象があります。
彼らは感情を表に出さず、日々淡々と利益を積み上げていくんです。

ただし、ファンドマネジャーは違います。
僕の上司でもあったファンドマネジャーは、色黒で声が大きく、いつも豪快に笑う熱血漢でした。
トレーダーは常に冷静でなければいけないとはいえ、彼らを引っ張るチームのリーダーは、やはり熱いものを持った人でないといけません。
一トレーダーと、彼らを束ねるファンドマネジャーとでは、求められる要素が違うからです。

孤独な戦いに耐えられる精神力はひとつの才能

勉強に明け暮れる日々も、あるいは実戦の場でも、トレーダーは常に独りで戦わなくてはなりません。

辛い時も、誰も助けてくれず、ひとりで解決しなければなりません。

やることなすこと全てがうまくいかない時、トレーダーは自分の存在価値さえ疑ってしまうほどの精神的苦痛にさいなまれます。

でももし、それでも諦めずに前を見つめることができるなら、それ自体がひとつの優れた才能です。
それはトレーダーにとって必要不可欠な要素です。

孤独な戦いに耐えられる精神力はひとつの才能

勝つトレーダーになる為には、苦しい日々を耐え忍び、努力を続けていかなければなりません。
努力したからといって成功するとは限りませんが、努力しなければ永遠に成功は訪れません。




再現性のあるトレードの世界

悩み苦しんだ自分の人生に、それでも可能性を見いだすことができる人は、再現性のあるトレードの世界が、新しい何かを与えてくれるかもしれません。

再現性とは、科学の実験のように「同じことをすれば同じ結果が得られる」ことを指します。

トレードの世界は、大金を稼げる可能性のあるものの中で、スポーツや音楽のような特殊な才能を必要としない、唯一のものではないかと思います。

例えば、一流スポーツ選手のフォームを真似したとしても、その人と同じ結果を出せるとは限りませんが、トレードの世界では、勝っているトレーダーと同じことをすれば同じ結果が得られます。
だとすれば、優秀なトレーダーの手法を徹底的に学び、同じ手法を用いれば、同じような富を得ることも理論的には可能だということになります。

再現性のあるトレードの世界

もちろん、並み外れた努力をして勝ち組になったトレーダーの手法を習得することは、並大抵の努力では出来ません。
でも、好きなことなら、どんなに苦しいことだって耐えられるはずです。
ましてやその先に、想像を超える富が待っているのだとすればなおさらです。

トレーダーは心の中で成長する

トレーダーの成長の種は、心の中で密かに芽生えます。
孤独な人の、周りからオタク呼ばわりされている人の(笑)、心の中で静かに成長していきます。

数々の苦痛に耐え抜いてきたトレーダーは、周りの人たちが気付かなかったとしても、確実に進歩しています。

感情を内に秘めるタイプの人は、心に熱意を宿しています。
その熱意を無駄なことに使わず、人生を変える為の努力に使いましょう。
そして、続けることです。

持てる限りの情熱を捧げ、経済、金融、トレードについて学びましょう。
特にトレードに必要な心理面について学びましょう。

すべての苦しみが、トレーダーとしての成長の糧になることを忘れないでください。

トレーダーとしての物語は続いていく

僕は、あまり人付き合いが得意ではなく、いつも独りでいることが多い人生でした。
感情を発散できずにストレスを溜め込んでしまうことも多々ありました。

トレーダーとしての物語は続いていく

でも、いつも独りでいたからこそ、勉強や研究に没頭してこれましたし、気持ちを発散できず、もやもやと鬱積していた思いが、「成功したい」「人に勝ちたい」という願望につながり、自分を努力に向かわせる原動力になりました。

自分のそういった経験から、僕は孤独な人や、オタクと呼ばれる性格の人の方が、トレーダーには向いていると思っています。

ただし、「勉強で得た知識」は、トレーダーが習得すべき条件の最初の一歩に過ぎません。
学びの道はひたすら続いていきます。

そして、長く長く続いていくトレーダーとしての物語を、自らの力で描いて行く覚悟を持ち続けて下さい。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  2. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  3. FXのレバレッジは本当に危険なのか? FXのレバレッジは本当に危険なのか?
  4. FX初心者の方とまだ勝てないでいる方へ ご挨拶 – FX初心者の方とまだ思うように勝てないで…
  5. FXでは1日の最大損失額を限定しないといつか死ぬ FXでは1日の最大損失額を限定しないといつか死ぬ
  6. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  7. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  8. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  2. 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション 真空地帯はほぼプライスアクション
  3. 巧くないトレードだけど運が良かったので pips は稼げた 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
  4. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  5. 動かない相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  6. 4ヵ月ぶりに負けました〜 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  7. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  8. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  9. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  10. レンジ相場に付き合わされ長期戦に レンジ相場に付き合わされ長期戦に

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し

ピックアップ記事

  1. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  2. 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた
  3. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  1. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  2. 相場と上手く噛み合ったトレード
  3. 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた
  4. 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  5. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?
  6. プロトレーダーによるFX会社比較
PAGE TOP