コラム

FXのレバレッジは本当に危険なのか?

FXのレバレッジは本当に危険なのか?

FXは、ドルやユーロや円といった通貨を売買し、その差額から利益を得ようとする行為ですが、同じような目的で運用する外貨預金とは、どこが違うのでしょうか?

その最も大きな違いは、レバレッジを使えるかどうかです。
レバレッジというのは、テコのことです。そう、テコの原理のあれです。

FX以外にも、海外の通貨を投資の対象にしたものとしては、外貨預金とか外貨建MMF(外貨建の投資信託)とかがあります。
しかし、外貨預金と外貨建MMFは投資資金以上の取引は出来ません。
つまり、あなたが100万円の投資資金を持っているとしたら、その100万円以内でしか預金用の外貨や投資信託は買えないのです。

ところが、FXの場合だと、投資資金が100万円あったとしたら、なんと100万円の25倍、2500万円までの取引が出来てしまうんです!

レバレッジは資金効率を良くする便利なツール

要するに、手持ちの資金より遥かに大きな金額を取引できるのがレバレッジで、そのレバレッジがFXの最大の特徴というわけです。

あ、先に言っておかなければいけないのですが、レバレッジもそうですけど、金融や経済、マーケットの説明をしようとすると、とにかく専門用語のオンパレードなので、このサイトでFXを学びたい方は専門用語を覚える覚悟をしておいてください。
なるべく難しい言い回しは避けるように努力しますが、まず最低限の用語ぐらいは覚えていく必要があります。

でもやっぱり、始めのうちはとっつきにくいかもしれませんね。僕も最初はそうでしたから。

まぁ、僕の場合は20代の頃に先物取引の会社で働いていたので、研修期間や仕事を通して、毎日怖い上司から世界経済の仕組みやマーケットの特徴について、みっちり叩き込まれました。
単に、上司から怒られるのが怖くて無理矢理に詰め込んだ、というのが正直なところですが。
もっとも、その後は、世界経済のダイナミックさや、それを鏡のように映し出すマーケットというものの魅力に取りつかれて行くんですけどね。

話がそれました。レバレッジです。
FXのレバレッジとは、一定の証拠金(保証金)をFX業者に預けることで、それを担保に証拠金の最大25倍までの取引が出来てしまう、というものです。

レバレッジは資金効率を良くする便利なツール

ということは、あなたがもし100万円を元手にFXを始めたとします。すると、

10万円×25=2500万円

の取引が可能だということです。

きっと今みなさんの中に、こんな計算が浮かんだ人がいるんではないでしょうか?

100万円の元手で2500万円分のドルを買って、10%値上がりしたところで売れば、250万円の利益じゃないか!
たった100万の元手が、あっという間に250%に増やせるのか!と。

多くのFX解説書にも、分かりやすく説明する為に、そんな例をあげてますからね。




レバレッジは一攫千金を狙う為のものではない!

でも、ハッキリ言います。
いきなり大儲けなんて無理です!
そんな夢のような話はありえません。

もし仮に、投資額に目一杯レバレッジをかけて、たまたま上手く相場の波に乗って大儲けをしたとします。
よっぽど運が良かったら、そういう可能性も0%ではないかもしれません。

しかし、そんなやり方でFXと向き合えば、遅かれ早かれその人は全投資額を失います。断言できます。

相場というものは、常に上げ下げを繰り返しているものです、ある瞬間、大きな波に乗り含み益を抱えて喜んでいたら、次の瞬間には遥かに大きな逆方向の波に襲われ含み益を全部持っていかれることは珍しくありません。

利益が失われるだけならまだマシです。
レバレッジを効かせたトレードでは、投資資金以上の損失を抱えてしまうこともあり得るのです。
つまり、FX業者に借金を背負うことになってしまいます。

なので、みなさんにお話ししておきたいのは、FXのレバレッジというものは、ギャンブル的に一攫千金を狙いに行く為のものではない!ということです。
このことを肝に銘じておいてください。

FXのレバレッジというものは、ギャンブル的に一攫千金を狙いに行く為のものではない!

もう一度言います、レバレッジを目一杯かけたギャンブル的行為は、ほぼ確実に身を滅ぼします!絶対にしてはいけません!

しかし一方で、レバレッジが25倍もかけられるからFXは怖い。と思っている人も多くいますが、それも違います。

投資額の何倍ものレバレッジをかけられるということは、少ない資金で大きな金額のトレードが出来る、つまり、極端な話、全損してもいいぐらいの少ない金額で、そこそこ大きな取引が出来るという安全な仕組みでもあるんです。

やみくもに制限一杯までレバレッジを掛けるのではなく、仮に相場を読み違えたとしても問題ない程度の範囲に抑えておけば、FXでは、他の金融商品よりも資金効率の良い取引が出来ます。

ですから、レバレッジというもに対しての考え方を改めましょう。
レバレッジとは、無謀なギャンブルの為ではなく、資金を守りつつ効率良く運用するための便利なツールだと。

資金管理を徹底しレバレッジを上手に利用する

FXは、たしかに非常にリスクの高い投資対象です。
高いレバレッジを掛けることが可能なだけに、一瞬で大きな損失を被る危険があります。

そこで、大切となってくるのは、投資資金をしっかり管理し守る、ということです。

FXに限らず、どんな投資でも、資金管理が最も大切だと僕は思っています。
資金管理が出来ているということは、リスクをきちんとコントロール出来ているということです。

逆に言うと、それさえしっかり出来ていれば、FXの高いレバレッジは恐れるものではない、ということです。

FXの特徴としては、もちろんレバレッジの他にもたくさんあるんですが、あえて一番伝えておきたいこととして、ここではレバレッジを挙げました。

それ以外にも、テクニカル分析やファンダメンタルズ、そして何よりこのサイトのテーマであるトレードの心理面についてなど、FXで勝ために必要な要素は山のようにあります。

FXの世界で生き残るために

FXの世界では、儲けること以前に、生き残ることがまず重要です。
生き残ること、その前提として儲けられないまでも負けないこと、まずはその領域に入らないといけません。
しかし、それすらも初心者トレーダーにとっては、想像以上に難しいことなんです。

FX初心者の方に知っておいて欲しいことは、儲けられるようになるまでには、相当な努力と、精神的苦痛を乗り越える覚悟が必要だということです。
このサイトを含め、インターネット上には上手なトレーダーの方のブログや動画がたくさんあります。
これらの「教材」を上手く活用し、常に自身のトレード技術を高める努力を続けてください。それ以外にFXで成功する道はないのですから。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな! 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな!
  2. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  3. プロトレーダーは単純作業を繰り返す プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  4. 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!? 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?
  5. 僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間 僕がFXで勝てるようになるまでに要した勉強時間
  6. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  7. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  8. 不治の病?怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは? 「買い下がり」に「売り上がり」でポジションを作るとは?
  2. 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  3. 連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退
  4. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  5. レンジ相場に付き合わされ長期戦に レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  6. 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い 国内FX業者と海外FX業者の違い
  7. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  8. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと
  9. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  10. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. なぜ!?DMMFXの審査に落ちた! 今日もいつものトレード。それよりDMMの審査に落ちたことがショック...

ピックアップ記事

  1. DD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違いとは?
  2. 上位足を見ながらダマシを回避して行った
  3. 遅ればせながら暗号通貨の取引を開始しました!
FXのレバレッジは本当に危険なのか?
  1. ドルが急落してたので売っただけ
  2. 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  3. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  4. チャートが示した転換点に素直に乗った
  5. 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた
  6. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
PAGE TOP