コラム

FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

トレーダーはみな敗北からそのキャリアをスタートします。
最初のトレードが運良く勝ちトレードだったとしても、それはただの偶然で、ラッキーが何度も続くことはありません。

プロトレーダーを志すすべての人が、トレードという冷たく厳しい世界で、敗北感、挫折感、絶望感を、幾度となく経験します。
そもそもトレードの世界とは、そういうものなんです。

僕自身がそうでした。
15年ほど前、株の取引きから「トレード人生」のスタートを切った僕は、何年もかけて貯めた投資資金をほんの数か月で全部溶かし、また数年間をかけて資金を貯めては、また全部溶かし、ということを繰り返しました。

たまに出会うごくわずかな「勝ち組」トレーダーの人から話を聞いても、ほとんどの人は過去に手痛い敗北を経験しています。

トレードというもの自体が、人の本能のままに行動すると損をするように出来ている以上、学習が不十分なトレーダーはみな損をするのは当然なんです。

でも、そんな負けてばかりのトレーダーの中から、負ける辛さと猛勉強の苦しさを耐え抜いた、ほんの一握りの勝者が確実に生まれます。

自転車や水泳のように明確な境界線はない

僕はトレードで負けてばかりいた頃、

「これだけ勉強して、これだけ経験も積んで、それでも勝てないんだから、実際に勝ってる人って、もしかするとちょっと頭がおかしいんじゃないか」

なんて思っていたこともありました。
そうでも思わないとやってられないというか、とにかく自分には「勝ち組」トレーダーたちの手法や感性が想像すら出来なかったんです。

なので、あくまで想像の世界として、

「もし、自分が勝てるようになるとしたら、きっと自分の中で、何か画期的な発見や革新的な成長があって、負けていた頃の自分と比較して想像を絶する進化を遂げた時」

に初めて勝てるようになる、なんとなくそんな風に思ってました。
例えて言えば、子供が自転車に乗れるようになった瞬間や、泳げるようになった瞬間に似て、「出来た!」とか「つかんだ!」といった明確な境界線があるように想像していたんです。

ところが、現実にはそんなドラマティックな「瞬間」は、僕の場合ありませんでした。

勝つ前段階として負けなくなった

僕がある種の「変化」に気付いたのは、毎日欠かさず付けていたトレード日誌でした。

負けてばかりいた当時、僕はトレード日誌を付けるのが嫌いでした。
付けるたびに、失ってしまった金額と、いつまで経っても成長しない自分と向き合わなければならないからです。

ノートを見るたびに、「もう諦めた方がいいんじゃないか」「もう十分頑張ったじゃないか」と、現実を受け入れろと上の方から言われてる気がしてました。

でも、一方では「トレードが巧くなりたい」「ここで諦めたら今までの苦労が水の泡になる」そんな思いから、トレードを諦め切れずにいたんです。

勝つ前段階として負けなくなった

そんなある日、ふと「ある異変」に気付きました。
それまでの僕のトレード成績は、2連敗ー1勝ーまた2連敗、といった感じで、たまに勝つ日はあっても、単に運によるものなので、「勝ちが続く」ということがほとんどなかったんです。

ところがある時、勝ちが2回続いたんです。
ただ、自分としては、「たまたまそうなっただけだろう」と特に気にも留めませんでした。

なにせ、僕自身は連勝したこの時も「相変わらず下手なトレードばかりしてるな~」と進歩しない自分に嫌気がさしていたからです。
実際、珍しく連勝した翌日のトレードは負けだったので、「やっぱりな。連勝は運が良かっただけだ」と、妙に納得したりしていました。

ところが、連勝ー1敗の後、また連勝したんです!
これには驚きました。
直近の5日間を見れば、4勝1敗じゃないか!

でも、それまで負ける苦しみしか味わった経験のなかった僕は、「いや、やっぱりたまたま幸運が続いただけだ」と、そんな風に捉えてました。

明らかな変化は、それからでした。
損切りの回数は以前とそれほど変わらないんですが、1日トータルではほとんど負けなくなったんです!

ここが重要なポイントです。
1回1回のトレードは相変わらずけっこう負けます。損切りもしょっちゅうします。

「でも、1日のトータルでは負けなくなりました」

不思議な感覚でした。
先にも書いたように、自分がトレーダーとして成長する時は、ある種の劇的な変化が自分の中で起こるものと想像してたのに、現実には何も起こらないまま、以前と同じように下手なトレードを繰り返している(そう思っている)過程で、

「成績だけが、ある一線を越えたんです!」

なんとも説明のしにくい現象でした。
自分ではぜんぜん納得のいくトレードが出来てるわけではないにもかかわらす、負けないんですから。

これ以降も連勝は続きました。
というか、ほとんど負ける日がなくなったんです。

成長した実感のないまま、でも確実に階段を1つ上がることが出来ました。

ただし、この段階では負けなくなったものの、まだ大勝ちするまでには至っていません。
大きく勝つには、有利な立場にあるトレードの「利を伸ばす」ことが必要で、それは負けなくなることとは、また別の技術だからです。

実はあと一歩のところまで到達しているかもしれない

僕が、なぜこの「FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?」ついて書いているかというと、FXで勝つ為にこれまで必死に努力してきた人たちの多くが、ハッキリしたゴールが見えないがゆえに、成功の一歩手前で挫折してしまっているように感じるからです。

実はあと一歩のところまで到達しているかもしれない

僕自身、自分が勝てる実力を見に着けていたことを一切自覚することなく、「ある日突然、気が付いたら勝っていた」のですから、もしかしたら勝ち組に変われる瞬間を目の前にしていながら、それを知らないままトレードを諦めていた可能性もあったわけです。

FXは、下積み段階ではどうしても資金が目減りしていくものなので、安易に「もうちょっと頑張ってみたら」などと言ってはいけないのは自覚しています。
でも、やっぱり積み重ねてきた努力が実る直前で諦めてしまうのは勿体なさ過ぎます。

これまでみなさんが、どれだけの苦しみに耐え、どれだけの辛い経験を乗り越えて、ここまで頑張ってきたか。
その思いが、僕には痛いほどよく分かります。

都合の良いことに、FXにはデモトレードという練習の為の完璧なツールがあります。
これを使えば、資金の目減りを気にすることなく、様々な手法を検証することが可能です。

プロトレーダーになる夢を諦めたくないなら、デモトレードを使って、僕が経験した「変化」が訪れるまで練習を重ねてみてはいかがでしょう?
今まで苦しみの数が多かった人にほど、成功して欲しいと心の底から願っています。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダのレポートはこちら

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットにMT4でアクセスできます!
XMのレポートはこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!? 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?
  2. FX初心者の方とまだ勝てないでいる方へ ご挨拶 – FX初心者の方とまだ思うように勝てないで…
  3. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に! 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全…
  4. 不治の病?怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方
  5. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  6. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  7. FXのレバレッジは本当に危険なのか? FXのレバレッジは本当に危険なのか?
  8. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い 国内FX業者と海外FX業者の違い
  2. 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした
  3. 東京時間らしい読みやすい値動き 東京時間らしい読みやすい値動き
  4. 未熟な僕でも勝てる手法 未熟な僕でも勝てる手法
  5. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  6. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転
  7. 僕がFXで勝てるようになるまでに要した勉強時間 僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間
  8. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  9. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと
  10. ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入 ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

おすすめ記事

  1. テクニカルを学び尽くした後はすべてを捨てろ! 学び尽くした後はすべてを捨てろ!

ピックアップ記事

  1. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした
  2. 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  3. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた
未熟な僕でも勝てる手法
  1. 大きめロスカットからドテン、順張り、スキャルで挽回
  2. チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした
  3. プロトレーダーによるFX会社比較
  4. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  5. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  6. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
PAGE TOP