コラム

プロトレーダーは単純作業を繰り返す

プロトレーダーは単純作業を繰り返す

10数年前、僕が株の短期トレードを始めた頃、デイトレードで億単位のお金を稼ぐ若者たちがしょっちゅうテレビや雑誌で取り上げられていました。
そういう番組や記事を見るたびに、「いつか自分もあんなふうに稼げるようになりたい」「億単位のお金を稼いで豊かに暮らしたい」。そう思ったものです。

と同時に、株取引だけで、数十万円や数百万円の元手を数十億、数百億に増やしたトレーダーたちのテクニックに、尊敬を通り越して畏敬の念さえ覚えました。

彼らはどんな高度なテクニックを使っているのか?
いったい人の知らない何を知っていて、先を読むことが出来ているのか?

いつもそんなことを考えていました。

ただ、当時は彼らのトレード手法を学ぼうと思っても、トレードに関する本は今とは比べ物にならないぐらい少なく、また、ブログやユーチュブもなかった時代です。
勝つ秘訣を学びたくても学ぶ術がなく、仕方なく我流でマーケットに挑んでは、惨敗し、撤退と復帰を繰り返す日々でした。

勝ち組トレーダーの手法を徹底的に研究した

株では痛手ばかり負っていた僕ですが、インターネット時代が進むにつれて、勝ち組トレーダーと呼ばれる人たちが、すこしづつブログでトレード手法を披露したり、中にはユーチュブでトレード動画を公開してくれる人も現れるようになってきました。

その頃には、僕もある程度の経験を積んでいたので、少なくとも株で負けることはなくなっていました。
しかし、大きく勝つこともできなく、伸び悩んでいる時期でした。

なんとかトレードが上手になりたい。
もっと稼げるようになりたい。

そんな思いから、書籍やネット上で集められる限りの「プロの生きたトレード手法」を読み漁る日々が続きました。

また、その過程で、短期トレードには株よりもFXの方が向いているのではないか?
と思うようになり、一からFXの勉強も始めました。

プロトレーダーたちの「やっていること」を、FXのデモトレードでひたすら真似し、繰り返しました。

すると、わりとすぐに、とりあえずデモ口座では連戦連勝で勝てるようになっていきました。
(デモ口座では勝てるのに、リアル口座ではなかなか勝てなかった原因は「いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう」をご覧ください)。

そんな中、勝てるようになっていくにつれ、自分が何ひとつ難しいことはしていなく、

「ただ単純に同じことを作業的に繰り返しているだけ」

だということに気付いたんです。

これは自分にとってはトレーダーとしての転機となる、大きな発見でした。




可能性が高い方に賭け続ければ長期的には儲かる

単純な作業を繰り返すといっても、それには判断の基準となるポイントが必要です。
それはチャート上に表れる「ある特定のパターン」で、プロトレーダーはみな自分なりの判断ポイントを持っていて、そのタイミングが来た時だけ機械的にエントリーしているんです。

その「ある特定のパターン」以外の場面では、「彼らは絶対に行動しない」ということも学びました。
(このことは非常に重要で、これを実行するだけで、少なくとも負けることはなくなると思います)

可能性が高い方に賭け続ければ長期的には儲かる

不規則に見えるチャートの動きが、彼ら勝ち組トレーダーたちには、かなり整理されたものとして捉えることが出来ているんです。

テクニカルチャートを見慣れていない初心者の方にとっては、為替レートはまるで規則性のない、ランダムな動きをしているように見えていることでしょう。

それは無理もないことで、確かに「次の瞬間レートがどちらに進か」は、プロのトレーダーにとっても正直わからないものです。

ではプロトレーダーはどうやって利益を上げることができているのか?

それは、「ある特定のパターンにおいては、レートが上もしくは下に動く可能性が高い」ことを知っているからです。

チャートがこのカタチになったら上がる可能性が高いから「買い」、このパターンになったら下がる可能性が高いから「売り」。
というふうに、プロトレーダーは、マーケットの局面局面で比較的可能性の高い方に賭けているだけなんです。

ただ、あくまで可能性が高いと思われる方に賭けているだけなので、「次の瞬間レートがどちらに進か」は実はかなり曖昧な状態です。

それでも、チャートパターンから、確率が高いと思われる方に何度も何度も賭け続けていれば、「大数の法則」によって、理論的な確率に収れんしていきます。

これによって、プロトレーダーは不規則に見えるマーケットで利益を積み重ねて行けるわけです。

でも実際には、けっこうな確率で予測がハズレることもあります。
というか、普通に読みがハズレるので、当たり前のように毎日何度も損切してます。

ちなみに僕の場合は過去の統計上、勝つ確率が約73%です。
なので、10回中3回ぐらいは負けている計算になります。

プロトレーダーたちがしていることは、実はこのようにシンプルで、トレード自体に高揚感を感じたり楽しむことはほとんどなく、ただ淡々と、

「可能性が高い方に賭けるという単調な作業」

を毎日繰り返しているに過ぎません。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に! 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全…
  2. トレーダーのジレンマ ~刺激か退屈か~ トレーダーのジレンマ ~刺激か退屈か~
  3. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  4. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  5. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説しま…
  6. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  7. 僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間 僕がFXで勝てるようになるまでに要した勉強時間
  8. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った 難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った
  2. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退
  3. 昨日の反省を生かし相場と上手く噛み合ったトレード 相場と上手く噛み合ったトレード
  4. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  5. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落! ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  6. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  7. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  8. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  9. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説しましょう! 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説
  10. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了 ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

ピックアップ記事

  1. 今日も損切り連発...。でも目標額は確保。
  2. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた
  3. トレード日誌が学習能力を高める!
初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな!
  1. XM詳細解説
  2. 最初の損切りがきいて目標額に届かず時間切れ終了
  3. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
  4. 僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間
  5. 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?
  6. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
PAGE TOP