トレード日記

方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと

2017年5月10日(水)

昨日の「トレード日記」を書いたあと、ドル円は1円以上一気に上げたんですね~。
ビックリです。
あの後、メインの口座でドルロングしようかと迷ったんですけど、あまりに急上昇してたので躊躇してしまいました…。

で、夜中から朝方にかけて50銭ぐらい「調整」して東京時間に入りました。
僕が10時半ごろにチャートを見出した時は、ドルの調整が終わったどうか?といった雰囲気の時でした。

難しかったのは、1分足は調整が終わって上昇もあり得るか?
といったカタチだった一方、
5分足は下落転換に入りそうなカタチだったことです。

前に話したことがありますが、時間軸によって見方が分かれる場合は、僕は長い方の時間足を選ぶことにしてるんです。
なので、基本的にはショートでトレードしていこうと考えていました。

ただ、僕の場合、時間軸で判断が分かれる時って勝率が下がるんですよね~。
これは明らかに精神的な問題で、持ってるポジションに対して、正しいかどうか信じることが出来ないからなんです。

ポジションを取ったのはいいけど、上がるのか下がるのか不安でいると、

「ちょっとのプラスで利確しちゃうし、ちょっと逆を行かれると損切りしてしまう」わけです。

下(↓)のドル円1分足チャートにプロットした売買譜からも、僕の不安定な心理状態が見てとれます。

2017年5月10日ル円1分足チャートにプロットした売買譜

最初のエントリーの部分、節目を下に抜けて来たことと、5分足のチャートのカタチから、取るべき戦略としては間違いなく「売り」でした。
なので、「売り上がり」ながらショートポジションを作っていきました。

しかし、一方では「1分足がまだ4時間MAを割っていない」ことに対して、すごく不安感があったんです。
で、しばらくすると、その4時間MAをローソク足が下に割りました。割ったんですが、すぐにまた上に上がって来たんです。

元から、「4時間MA割らなければ上方転換もあり得る」と心配していた僕は、その瞬間、ポジションを全部買い戻してしまいました。
ほぼチャラ逃げです。

結果はというと、チャートにあるように、僕が買い戻した直後に(予想通り)再びドル円は下げ始め、もしポジションを持ち続けていたら、この段階で1日の目標額を達成していたことになります。

「目標額達成 or チャラ」ずいぶん違うものです。
改めて、トレードというのは怖がってやってると勝てないことを痛感させられました。

もっとも、今朝のチャートパターンは、トレーダーを不安にさせるカタチであったことも事実です。
それならトレードしなければいいのに、と思ったりもしますが、「トレード日記」を書くためにもネタが欲しいわけです…。

ということで、

「方向感が掴めないなら、より確実なスキャルピングでコツコツ取って行こう」

と方針を変更しました。
スキャルなので、エントリーとエグジットに特別な根拠はありません。
ただ上がったところを叩き、下がったところを拾っていっただけです。

2017年5月10日本日の収支+16,024円

相当細かく利食って行ったので、売買履歴にあるように、千円以下の単位がいっぱいあります(笑)

本日の収支は、+16,024円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場
  2. 教科書的な損切りと利確で目標額を確保 教科書的なロスカットと利確で目標額を確保
  3. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  4. 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに…
  5. 未熟な僕でも勝てる手法 未熟な僕でも勝てる手法
  6. チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした
  7. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った
  8. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ショートしたい場面だったのでロングした? ショートしたかったのでロングした?
  2. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた
  3. 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは? 「買い下がり」に「売り上がり」でポジションを作るとは?
  4. リップルを10万円分追加購入 リップルを10万円分追加購入
  5. 20分で終了した理想的なトレード 20分で終了した理想的なトレード
  6. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  7. MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  8. 日本円の「一弱」に素直に従った 円の「一弱」に素直に従った
  9. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  10. レンジ相場でイースター前。危険なのでトレードせず レンジ相場だし、イースター前なのでトレードせず

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた

ピックアップ記事

  1. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  2. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  3. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?
  1. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  2. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  3. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  4. 遂にビットコイン・イーサリアムなど暗号通貨を買いました!
  5. GWの東京時間は手を出さない方がいい
  6. 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
PAGE TOP