トレード日記

硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした

硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした

2017年5月19日(金)

僕は東京時間のお昼前後にトレードすることが多いんですが、それは、過去の自分のトレード成績を振り返ると、この時間帯が最も勝率が良いからです。

勝率が高い理由は明確です。
東京時間のお昼前後が、

「最も波乱要素が少なく、チャートが基本通りの動きをしやすい、ということです」

人によっては、

「東京の昼なんて、一番動きの悪い最も効率の悪い時間帯じゃないか」

と、思われる方も多いと思います。
確かにボラは出にくいです。大勝ちも難しいかもしれません。

でも、僕の場合は最初から大勝ち狙いはしませんし、それよりも、指標発表や要人発言などで、チャートがセオリーを無視して動かれる方が「困る」んです。

僕は直感に頼るようなトレードはせず、ただひたすたチャートの基本に忠実に確率の高い方にポジションを作るので、マーケットが自分に理解できない動きを始めたとたん、どうしていいか分からなくなるんです。

特にロンドン勢が入ってくる時間と、ニューヨークの指標発表がある時間が苦手で、その時間帯のトレードは避けるようにしています。
もっとも、雇用統計のように、始めから「動いて戻る」ことが分かっている相場は、利用させてもらってますが。

以上が、僕がいつも東京時間にトレードしてる理由です。

で、今日もチャートのセオリー通りに忠実にトレードしました。
主なトレードを、下(↓)のドル円の1分足チャートにプロットしました。

2017年5月19日ドル円の1分足チャート

2本ある赤い水平線の下側のライン。
今朝チャートを開いてから、このサポートレジスタンスラインまでレートが下がってくるのを、ずっと待ち続けてました。

あ、そうそう。僕はトレードとは「ワナを仕掛けて待つ漁師のようなもの」と思っていて、それに関する記事も今度書いてみようと思ってます。

まぁ、それはともかく、過去に効いていたサポレジラインというのは、トレードの手掛かりとして非常に便利な存在で、サポレジの上なら「買い」、サポレジの下なら「売り」。これを繰り返すだけで、たぶん勝てます。

もちろん、1回1回のトレードは独立したもので、どちらにレートが動くかは分からないんですが、何度もこれを繰り返して母数を多くすれば、「大数の法則」が働き、期待される数値に収斂していきます。

なので、待っていたサポレジラインまでレートが降りてきてくれた時は、「ごっつぁんです!」という感じで買いエントリーしました。

初心者の人は、

「こんなに急激に下がって来た場面でよく買えるなぁ」とか、「怖くないのか?」と思うかもしれませんよね。

確かに怖い部分もあります。
サポレジラインが機能せず、一気に下にブレイクする可能性もあるわけですから。

でも、岩盤のように硬かったサポレジラインを割って来たのなら、持っていたロングは迷わず損切りです。
ということは、買ってから損切りまでが非常に近いので、大したマイナスにはなりません。

また、岩盤のように硬かったサポレジラインを割って来たのなら、ドテンでショートを仕掛ける場面とも考えられます。
以前、「水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!」で書いたようにサポートラインは転じてレジスタンスラインになり得ますから。

実際、今日の最後のトレードは拠りどころにしてたサポレジラインを割って来たので、ショートで取ってます。

なので、考え得る戦略が幾通りもあるという意味で、それほどサポレジ付近は恐怖心なくトレードできるシチュエーションだと思います。

2017年5月19日本日の収支+17,153円

とりあえず「トレード日記」の目標額は達成したので、この後は好きにトレードを楽しみます(笑)

本日の収支は、+17,153円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 教科書的な損切りと利確で目標額を確保 教科書的なロスカットと利確で目標額を確保
  2. 上位足を見ながらダマシを回避して行った ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る
  3. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転 フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に
  4. 最初の損切りがきいて目標額に届かず時間切れ終了 最初のロスカットが響いて目標額に届かず時間切れ終了
  5. 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた
  6. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  7. 下落トレンドを逆張りで獲ったが逆張りの意識あまりなかった 下落トレンドを逆張りで獲ったが逆張りの意識あまりなかった
  8. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. XM(エックスエム)・レポート【特徴をプロが解説】 XM詳細解説
  2. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  3. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!
  4. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ
  5. 米軍のシリア攻撃と雇用統計でpipsを稼いだ 米軍のシリア攻撃と雇用統計でPIPSを稼いだ
  6. 勝ちはしたけど、まだまだ青いです。トレードは難しい…。 勝ちはしたけど、まだまだ青いです...。
  7. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  8. 一応プラスだけどトレードが下手過ぎたので解説は控えます 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます
  9. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  10. 教科書的なロスカットと利確で目標額を確保 教科書的な損切りと利確で目標額を確保

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

おすすめ記事

  1. 米軍のシリア攻撃と雇用統計でpipsを稼いだ 米軍のシリア攻撃と雇用統計でPIPSを稼いだ

ピックアップ記事

  1. MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした
  2. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  3. 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
円の「一弱」に素直に従った
  1. ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った
  2. 暗号通貨(仮想通貨)はじめの一歩!取引所の選び方
  3. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
  4. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  5. FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】
  6. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます
PAGE TOP