トレード日記

どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った

静観してらレンジを抜けたので素直に乗った

2017年6月5日(月)

今日は、最初のエントリーから1日の目標額1万円を達成するまでに要した時間は約8分でした。
いつもこうだとFXも楽でいいんですけどね~。
なかなか楽には勝たせてくれませんからね。

もっとも、エントリーしてからは8分ですが、待ってる時間を含めると、チャートを開いてから1時間以上はかかりました。

先週末の雇用統計でドル円は1円以上下げたあと、今朝の東京時間に入っても底バイが続いてましたからね。
この時の状態ではとても入れるような環境にはなかったので、「もう今日はトレードを休もうか」と半分思いながら見てました。

下(↓)のチャートはその時のドル円の1分足です。

2017年6月5日ドル円の1分足チャート

移動平均線が束になって真横に進んでるのが分かるでしょう?
この状態は「ヤバい」んです。

密集した移動平均線をローソク足が上に下にとフラフラさまよってる状態。
僕はこれを「ナックルボーラー」と呼んでます。
前にもどこかで書きましたけど、ナックルボールって、受けるキャッチャーはもちろん、投げてるピッチャー自身もボールがどっちに曲がるか分からないそうです。

このチャートのカタチもまさにそうで、上下どっちに行くかまったく判別がつきません。
なので初心者の方は絶対にこういった状態の時は手出ししないように気を付けてください。

この状態で無理に勘に頼ったトレードをすると、「買ったら下がり、売ったら上がる」負けパターンにハマってしまう確率が高くなりますので!

その一方で、この「ナックルボーラー」状態からレートがどちらかの方向に抜けると、「その方向に走り出す」傾向があります。

この場合、「抜けた」と判断する目安は、サポートレジスタンスラインです。
上のチャートで言えば、直近の高値と安値に引いた赤い水平線です。

この2本の水平線によって構成されたレンジを抜けると、レートが「次のステージ」に移行する確率が高いと判断できます。
なので僕はこのレンジを上に抜けたところで買いエントリーしてます。

ただし、レンジを抜けたといっても「ダマシ」で終わることも多いですし、雇用統計発表以降のアノマリーは完全に「下」だということもあって、スキャルピングで細かく利益を確定しながらのトレーディングでした。

2017年6月5日本日の収支+10,651円

雇用統計でドル円はかなり下げましたけど、当日のダウもナスダックもSPも上げてるんですよね。
この環境下で、「ドルだけが売られ続ける可能性は高くないのでは?」という思いが僕の中にあったことも、ドルの上昇に素直に乗れた一つの要因だと思います。

とりあえず、「トレード日記」のノルマを達成したので、このあとは気楽にトレードを楽しみます!

本日の収支は、+10,651円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( httpss://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( httpss://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた 危うく往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた
  2. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた
  3. 難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った 難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った
  4. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了 ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了
  5. 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード 4ヵ月ぶりに負けました〜
  6. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます 一応プラスだけどトレードが下手過ぎたので解説は控えます
  7. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  8. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした
  2. 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  3. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  4. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退
  5. MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  6. トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法 トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法
  7. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  8. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  9. 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  10. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った

ピックアップ記事

  1. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた
  2. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた
  3. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた
下落トレンドを逆張りで獲ったが逆張りの意識あまりなかった
  1. 一週間ぶりのまともなトレード
  2. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  3. プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  4. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  5. 不治の病?怒りのポジポジ病の治し方
  6. 国内FX業者と海外FX業者の違い
PAGE TOP