トレード日記

MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした

MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした

2017年6月12日(月)

明日あさってとFOMCがあることから、特に東京時間は動きの乏しい相場になるのかなぁと思ってましたけど、それなりにボラティリティもありましたね。

なお且つ、今朝は移動平均線(MA)とサポートレジスタンスラインがすごく効いてくれてたので、

「MAを上に抜けたら買い」「サポレジに当たったら逆張り」

と、教科書的にポジションを取るだけで勝てる可能性のある相場でした。

下(↓)の画像がドル円の1分足チャートです。今日のトレードをプロットしてます。

計3回トレードしてますが、最初のトレードで1日の目標額の1万円を超えたので、あとの2回は利益を吹き飛ばさないよう、スキャルピングに近いトレードをしています。

で、最初のエントリーは、その前に、チャート画像の下側の赤いサポレジラインを「当面の底」として「底練り」状態にあるレートが、上下どちらに抜けるかに注目しながら眺めてました。

そしてら、黄色の75MAと緑の100MAを上に抜けて来たので、セオリー通りにロングで入りました。
終わってからチャートを見ると、きっと、「入った場所は良いとしても利確が早過ぎる」と、思われるかもしれません。

たしかに自分でも「ちょっとビビり過ぎたかなぁ」とも感じました。
ただ、この時点ですでに目標額に達してたことと、すこし上には3本の移動平均線とサポレジラインがあることから、リスクを取らずにとりあえず利益を確定しておこうと判断しました。

この時の上昇の勢いは、ローソク足の形状を見るとわかるように、かなりのものがありました。
レンジを上にブレイクしそうなニオイもプンプンしてましたけど、僕は普段からあまり「雰囲気」を重視せずに、シンプルに移動平均線とサポレジラインを目安に基本に忠実なトレードを心掛けています。

もし、僕にトレードの才能があったとしたら、勘に頼ったポジション取りをしてたかもしれないですけど、この「トレード日記」をご覧の方ならわかるように、僕にはトレードの才能なんてまったくありません(笑)。

なので、自分の勝手な勘を信用せず、「移動平均線とサポレジラインに対して、今、レートがどういった位置関係にあるか」のみを拠りどころにトレードしています。

僕のトレードのどこにも「天才的」なところがないということは、「誰にでも同じことが出来る」ということです。才能に関係なく、誰にでも真似できる手法です

短期間に2倍3倍を狙うようなトレードは僕にはできませんが、毎日小さな利益をコツコツ積み重ねていくトレードは得意です。
プロトレーダーとは、そういうものだと思っています。

本日の収支は、+13,901円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダのレポートはこちら

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットにMT4でアクセスできます!
XMのレポートはこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった
  2. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  3. 素直な相場を普段通りにトレード 素直な相場を普段通りにトレード
  4. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  5. 最初の損切りがきいて目標額に届かず時間切れ終了 最初のロスカットが響いて目標額に届かず時間切れ終了
  6. 上位足を見ながらダマシを回避して行った ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る
  7. 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確 動かない相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確
  8. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退

コメント

    • ソロス
    • 2017年 6月 12日

    すみません、また質問よろしいですか?

    一回のトレードで、細かくロットが分かれてるのは
    何か理由があるのでしょうか?

      • 麦 恵成
      • 2017年 6月 12日

      ソロスさん、コメントありがとうございます。

      僕がロットを細かくわけているのは、技術的な意味もありますが、それよりも心理的な部分によるものが大きいです。

      0.5ロット(5万通貨)を1つとして、自信のある時は3~4発、あまり自信の持てない時は1~2発だったりと、その時の自信度によってロット数を変えています。
      その方が、自分にとってはポジションを持つことの心理的負担が少なくなると感じるからです。

      トレードは怖がったり不安がったりすると、正しい判断ができなくなるので、なるべく自分の心が平静でいられるように工夫していたら、今のようなロットを細かくわけるスタイルになりました。

      また、技術的な面としては、「買い下がる」場合や「売り上がる」場合に、平均買付価格を有利にする作用が期待できます。

      例えば、

      「もう少し下がるかもしれないけど、いつ反発してもおかしくない」

      といった相場の場合、下がりきってから買うのがベストなんですが、実際にはどこまで下がるかわからないので、「当たりをつけて」まず少し買ってみるんです。

      もし、買った直後に上昇したら、利益なので問題ありません。
      で、予想通り下がって来たら、下がったところで買い増すことで平均買付価格を下げることができ、その後のトレードを有利に進めることができます。

      また、利益を確定する際にも、

      「もう少し上がるかもしれないけど、最低限の利益は確保したい」

      といった場合にロットをわけていれば、半分だけ、あるいは3分の1だけ売る、といったことが瞬時にできます。

      ブログの「トレード日記」では、スキャルピングに近いトレードをしてるので、そこまで細かくロットをわけるメリットはないんですが、心理的に落ち着くので、僕はそのようにしています。

    • ソロス
    • 2017年 6月 13日

    丁寧に解説して頂き、ありがとうございました。

    ブログいつも、参考にさせていただいてます。
    また更新楽しみにしてますので、宜しくお願い致します。

      • 麦 恵成
      • 2017年 6月 13日

      ソロスさん、こちらこそありがとうございます。

      コメントを頂けるのは、ブログを更新する上ですごく励みになります。
      ぜひ、これからもよろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開に… ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開に...
  2. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線 ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
  3. 20分で終了した理想的なトレード 20分で終了した理想的なトレード
  4. FXのレバレッジは本当に危険なのか? FXのレバレッジは本当に危険なのか?
  5. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  6. 巧くないトレードだけど運が良かったので pips は稼げた 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
  7. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に! 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に!
  8. 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました
  9. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  10. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

ピックアップ記事

  1. トレード日誌が学習能力を高める!
  2. ドルが急落してたので売っただけ
  3. ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。
MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  1. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった
  2. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  3. 教科書的な損切りと利確で目標額を確保
  4. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
  5. 下落トレンドを逆張りで獲ったが逆張りの意識あまりなかった
  6. 「買い下がり」に「売り上がり」でポジションを作るとは?
PAGE TOP