トレード日記

円の「一弱」に素直に従った

円の「一弱」に素直に従った

2017年7月11日(火)

このところトレード以外の仕事が忙しくて、「トレード日記」は約1週間ぶりの更新となってしまいました。
本当は今日も書く予定ではなかったんですけど、午後にすこし時間が取れたので、さっき数回トレードした分のレポートを書きたいと思います。

あ、それから、この1週間は日記を更新してませんでしたが、トレード自体はほぼ毎日してました。
ただ、ガッツリとチャートの向き合うことはできなかったので、仕事の合間にサクサクっとエントリーしては即利食うスキャルピングを繰り返してました。
スキャルなので利幅は小さいものの、一応、負けた日はゼロです。

そもそも、ここ数日の円の独歩安状態で、コツコツとスキャルピングしかしてないなんて、もったいない話ですよね~。
ドルでもユーロでも、バイ&ホールドでスイングした人たちは、相当儲けたことでしょう。

でも、こんな地合いであっても、僕は上値を追うのが苦手なんですよね~。
きっと性格的なものなんでしょうけど、高値追いするよりも、上で待って逆張りする方が性に合うんです。

ただ、さっきチャートを見てた時は、さすがに逆張りするような雰囲気じゃなかったので、ここは素直に円の弱さに乗っていくことにしました。

下(↓)のチャートは今日の昼過ぎのドル円の1分足チャートです

チャート画像の左の方で、収束した移動平均線をレートが跨ぐように行ったり来たりしてました。
この段階では、相場はどっちに行くか分からない状況です。

その後、すべての移動平均線をレートが下から上に抜けた場面。
本来はココが絶好の買い場でした。が、チャートに集中できてなかったので、入りそびれてしまいました。

で、レンジがひとつ上がってからは、しばらく横ばいが続きましたが、やがて一気に上っ放れます!
しかも、この時は運良くチャートの前にいました(笑)。

「これはチャンス」と思いエントリーしたのが、直近の高値に引いた赤い水平線をレートが上抜いてきたところです。
普段の僕なら、あるいは普段の相場なら、このシチュエーションは逆張りでショートをかける場面なんですが、タイトル通り円の弱さ(ドルの強さ)に素直についていくと決めてたので、水平線を超えたところでロングしました。

この赤い水平線のひとつ上にある青い水平線。これは4時間ベースの高値に引いたラインで、通常の赤いラインよりも重要度が高くなります。
僕の予想では、「いくらドルが強くてもココを一気に抜いてくることはないだろう」と考えていたので、この青い水平線の手前に指値をして待っていました。

なので、利確できたのは良かったんですが、予想に反して4時間ベースのレジスタンスラインをけっこう簡単に抜いてきました(笑)

最後のエントリーは、一度割り込んだ4時間ベースのサポレジを、もう一度抜き返してきたので「再度上値を追うのか?」とロングで入りました。
結果的には5pipsほどしか伸びてくれませんでしたけど、急落もあり得る位置だっただけに、読みが当たってラッキーでした。

明日以降も、「トレード日記」をコンスタントに更新するのは難しいと思いますが、トレード自体は毎日してますし、毎日勝ててるので、時間の都合さえつけば、どんなトレードをして勝てたのか、そのポイントなどを書いていきたいと思っています。

本日の収支は、+21,402円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダのレポートはこちら

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットにMT4でアクセスできます!
XMのレポートはこちら

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

関連記事

  1. 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦 買えば下がる…売れば上がる…。目標額確保…
  2. 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  3. 上位足を見ながらダマシを回避して行った ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る
  4. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた
  5. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  6. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  7. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ
  8. 最初の損切りがきいて目標額に届かず時間切れ終了 最初のロスカットが響いて目標額に届かず時間切れ終了

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココに置け!
  2. 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころにトレードした
  3. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説しましょう! 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説
  4. 勝ちはしたけど、まだまだ青いです。トレードは難しい…。 勝ちはしたけど、まだまだ青いです...。
  5. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  6. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  7. 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  8. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった
  9. 東京時間らしい読みやすい値動き 東京時間らしい読みやすい値動き
  10. ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

おすすめ記事

  1. 東京時間らしい読みやすい値動き 東京時間らしい読みやすい値動き

ピックアップ記事

  1. ドルが急落してたので売っただけ
  2. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード
  3. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
GWの東京時間は手を出さない方がいい
  1. 上位足を見ながらダマシを回避して行った
  2. レンジ相場だし、イースター前なのでトレードせず
  3. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し
  4. 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場
  5. プロトレーダーによるFX会社比較
  6. 素直な相場を普段通りにトレード
PAGE TOP