トレード日記

マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました

マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました

2017年8月1日(火)

昨日のトレード日記にも「やらない方がいい相場」と書きましたけど、今日も同じような感じでしたね。
まぁ~、マーケットとリズムが合いません。

まず、レートがどっちに行きたがってるのかがまるっきり感じられないのと、どちらかに走り出したかと思うと直後にはその逆方向に動くといった状態でした。

しかもボラティリティもないので逆を取られてもドテンするわけにもいかず、かつ利幅も取れないということで、もうどうしようもなかったです。

僕が普段、判断の基準としている移動平均線とサポートレジスタンスラインを使った手法では、昨日と今日の相場は適さないです。

よく、勝った時のトレード日記に「MAとサポレジが効いていた」と書くことがありますが、僕のトレード手法の場合、この2つが効いていると勝てますし、効いていない時は苦戦させられます。
今日は典型的な後者の方でした。

下(↓)の画像はドル円の1分足チャートです。

2017年8月1日ドル円の1分足チャート

今朝、チャートを開いた時、ちょうどドルが急落してる最中だったんですが、これって何か理由があったんですかね?
僕はトレード中は、ニュースとかを見ないようにしてるので、何が原因で下げてるのかがわからないまま、ただ急落するのを眺めていました。

終わったチャートを見ると、ドルの急落が下げ止まったあとは、ずっと上げ基調だったんですけど、そもそも下げ止まった場所が何の節でもない中途半端なところだったので、これを「底」と決めつけられず、なかなか買い出動することが出来ずにいました。

で、ようやく買いエントリーする気になったのが、黄色の75MAが上を向き始め、かつ緑の100MAを超えてきたところです。
僕がいつも「ロングで入る場所」でもありますし、「上のサポレジまでは行くんじゃないか」と思ってロングしたんですが、ぜんぜん勢いがなかったですね~。
ろくに上がらないまま大きな陰線で戻されたので、指しておいたストップに当たって薄利の利確となりました。

次のエントリーは、直前の高値を抜いて来たところで、これも僕がよく使う手法です。
「今度こそサポレジまで」と思ったものの、またしてもフラフラと落ちて来て、今にも急落しそうなローソク足のカタチだったことから、さっさとロスカットしました。

最後のエントリーは、レートが弱々しくサポレジまで到達した場面です。
サポレジに加えて、青の4時間MAもほぼ同じ位置にあったことから、セオリー通り逆張りのショートを仕掛けました。

ところが、ここでもレートは上に行くのか下に行くのか気迷い状態で、「もう付き合ってられない」と判断し、少し下がったところでこれまた薄利逃げしました。

2017年8月1日本日の収支+3,154円

結局、今日もやらない方がいい相場でしたね。
今日みたいな方向感のない値動きの時は、僕が普段使っているサポレジと移動平均線を頼りにした手法よりも、ボリンジャーバンドを使った逆張りのスキャルピング派に向いてるかもしれませんね。
薄利逃げですみません…

本日の収支は、+3,154円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました
  2. ドルが急落してたので売っただけ ドルが急落してたので素直に売っただけ
  3. 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった 転換しかかったけどレンジに入ったので細かく利食っていった
  4. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  5. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確 FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確
  6. 大きめロスカットからドテン、順張り、スキャルで挽回 大きめロスカットからドテン順張り&逆張りスキャルで挽回
  7. 慣れないポンド円で損切り連発。トレード日記で初黒星 慣れないポンド円で損切り連発。トレード日記で初黒星
  8. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  2. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた
  3. ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入 ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入
  4. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  5. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココに置け!
  6. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常的なトレード サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード
  7. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど… ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど
  8. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  9. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保
  10. 大きめロスカットからドテン順張り&逆張りスキャルで挽回 大きめロスカットからドテン、順張り、スキャルで挽回

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました

ピックアップ記事

  1. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  2. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説
  3. 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場
  1. MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした
  2. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  3. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  4. 東京時間らしい読みやすい値動き
  5. 不治の病?怒りのポジポジ病の治し方
  6. ひたすら待ち続けて抜けた方向に乗った
PAGE TOP