FX基礎講座

FXのDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い

FX DD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い

みなさんは、FX業者が顧客から「ドル買い円売り」や「ユーロ買いポンド売り」といった通貨の売買注文を受けた際に、2つの異なる方式によって注文を処理していることをご存知でしょうか?

一般のFXトレーダーが、そこまで意識してトレードする必要はないのかもしれませんが、知識のひとつとして知っておくのも良いかと思います。

その2つの方式とは、DD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式と呼ばれるものです。

通常、為替市場といえば、銀行間で通貨が取引されている「インターバンク市場」を指します。

よくニュースで、「為替市場、ドル円は現在1ドル○○円○○銭から○○銭で取引されています」というのを耳にします。
この為替レートは、インターバンク市場で取引されているレートのことです。

なので、

  • 為替市場=インターバンク市場
  • 為替レート=インターバンク市場で取引されているレート

と考えてください。

NDD(ノンディーリングデスク)方式は、インターバンク市場に顧客の注文を直接流す

インターバンク市場に直接注文を流すNDD方式

このインターバンク市場に、顧客からの注文を直接流すのがノンディーリングデスクと呼ばれる方式で、自社ではディーリングデスクを持たないという意味です。
略してNDD方式と言います。

NDD方式を採用しているのは主に海外のFX業者に多く、僕のお気に入りのXM(エックスエム)外為ファイネスト(海外資本の日本法人)は、どちらもNDD方式です。

これらのFX業者は、ビジネスの仕組としては株を扱う日本の証券会社とまったく同じです。
取り次ぐ先が、ニューヨーク証券取引所や東京証券取引所なのか、あるいはインターバンク市場なのかの違いだけです。

一言でいうと、純粋な手数料商売ということになります。

手数料しか収入源のないNDD方式の業者にとっては、顧客に儲けてもらって取引を継続してもらうことが、彼らの利益に繋がります。
要するに客であるトレーダーと、その取引を仲介するFX業者の利害が一致しているわけです。

なので、NDD方式のFX業者では、顧客のトレード技術を向上させようと、頻繫にセミナーなどが開催されているんです。

DD(ディーリングデスク)方式は、自社に独自のディーリングルームを持つ

DD(ディーリングデスク)方式は、自社に独自のディーリングルームを持つ

これに対し、顧客からの注文を直接インターバンク市場に流さずに、自社所有のディーリングルームで処理する方法をディーリングデスク方式、略してDD方式と呼びます。
国内のFX業者のほとんどは、DD方式を採用しています

DD方式のFX業者が、具体的にどのように顧客の注文を処理しているのかというと、例えば、

「100万円分のドル円の買い。つまり、100万円を売って、その分のドルを買いたい」

という注文が入ったとします。
もしNDD方式の業者ならインターバンク市場に注文を流すだけですが、NDD方式の業者では、自社のディーリングデスクがこの顧客の注文に対し、

「FX業者が手持ちの100万円分のドルを顧客に渡して(ドルを売って)、顧客の100万円を受け取る(円を買う)」

ことになります。
つまり、NDD方式の業者側は、顧客が取ったポジションの「反対側」のポジションを持つことになり、客がドルを買い持ちしたのなら、業者側はドルを売り持ちしたことになります。

もちろん、この顧客から受けた注文を、社内のディーリングデスクがさらにインターバンク市場に流してカバーすることもあり得ますし、あるいは元々ドル・ロング(ドルを買い持ち)していて、その一部を顧客に「融通する」場合もあるかもしれません。

なので、一概に「顧客の取った全ポジションの反対側に立つ」とは必ずしも言えないものの、基本的には顧客である一般のトレーダーの逆側のポジションを「持たされる」ことが多いと考えられます。

DD(ディーリングデスク)方式のFX業者は、顧客の損が会社の利益になるカジノ業者のようなもの

DD方式のFX業者とは、カジノ業者のようなもの

ではなぜ、わざわざ自社でディーリングデスクを持つDD方式のFX業者が存在するのか?

顧客であるトレーダーが出す注文は、客がドルが上がると思ったからドルの買い注文を出し、ユーロが下がると思ったからユーロを売る注文を出したはずです。
では「その反対側のポジションをFX業者が持つということは、不利な側に立つことにならないのか?」。

ところが、実際にはそうはならないんです。
ご存知のように、FXの世界は新規で参入したトレーダーの90%が半年から1年以内に資金の大部分を失い撤退を余儀なくされる厳しい世界です。

要するに、

FXトレーダーのほとんどは、儲けることができずに損ばかりしているのが現状です。
ということは、その損ばかりしている人たちが取ったポジションと、反対のポジションを持っているNDD(ノンディーリングデスク)方式のFX業者にとっては、「客の損が自分たちの利益」になるということなんです。

表現を変えれば、DD方式のFX業者とは、カジノ業者のようなものです。
中には大勝ちするトレーダーやギャンブラーもいますが、その他のほとんどの人たちは負けるので、トータルとしては業者に利益が残るというわけです。

また、相場が急変した際にリクオートや約定拒否といって、トレーダーの出した注文が通らず、意図したレートで決済されないケースが報告されているのもDD方式のFX業者に見られる傾向です。
一説では、「ここで客に決済されては会社側の不利益になる」と判断された場合に、約定が拒否されるケースがあるとも言われていますが、定かではありません。

ではDDとNDDのどちらのFX業者を選ぶべきか?

以上の話しから、客の損が会社の利益になる国内DD業者よりも、客と利害が一致している海外NDD業者に心情的にも好意を持ってしまうのは、僕だけではないと思います。

しかし、じゃあNDD方式の海外業者を選んでFXをすれば良いのか?
というと、ことはそう単純ではないんです。

なぜなら、

純粋に手数料商売に専念している海外のFX業者は、そのビジネスの構造上、どうしても手数料、つまりスプレッドが高くならざるを得ないんです。

それに対して、手数料以外にも客の損で儲けている(言葉は良くないですが…)DD方式の国内FX業者は、NDD方式の海外業者よりもかなりスプレッドを安く設定しているのが実情です。

この辺りの現実をどう判断するのか?
難しいところではありますが、どちらにも長所と短所があるので、僕の場合は「国内FX業者と海外FX業者を併用する」ことで妥協しています。

具体的には、

  • 少額かつ超短期のスキャルピングにはスプレッドの低いDD方式の国内FX業者(DMM FX のようにスキャルピングを禁止してる業者もあります)
  • やや金額が大きくて長めに持つトレードには、NDD方式の海外FX業者

を利用しています。

結局、トレーダーにとっての損得という立場から見たときに、どこのFX業者が自分にとって最も都合が良いのか、感情を捨ててその一点に絞って業者を選ぶべきだと思います。

ちなみに、国内のFX業者でお勧めなのは、元為替ディーラーの小林芳彦氏が社長を務めるJFX(スキャルピング公認)や、取引ツールが使いやすくロットも入る(高額の注文も受け付けてくれる)GMOクリック証券です。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. FXとは?初心者にもわかりやすく解説! FXとは?その仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説!
  2. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 【FX】東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  3. 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは? 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは?
  4. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!
  5. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました
  2. ご挨拶 – FX初心者の方とまだ思うように勝てないでいる方へ ご挨拶 - FX初心者の方とまだ思うように勝てないでいる方へ
  3. 転換しかかったけどレンジに入ったので細かく利食っていった 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  4. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし…。でも、なんとか挽回に成功 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功
  5. チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした
  6. FXのDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い FX DD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い
  7. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした
  8. あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方
  9. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  10. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転! 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 元先物トレーダーが選ぶ国内FX会社BEST10

おすすめ記事

  1. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境

ピックアップ記事

  1. レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  2. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  3. 相場と上手く噛み合ったトレード
相場と上手く噛み合ったトレード
  1. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!
  2. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  3. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  4. GWの東京時間は手を出さない方がいい
  5. 今日も損切り連発...。でも目標額は確保。
  6. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
PAGE TOP