FXで人生を変える【再現性の高いFXなら一発逆転の可能性あり】

僕の他の記事と比べると、ちょっとウサン臭いタイトルになってしまったかもしれませんね(笑)。
でも、僕や僕の周りには、実際にFXで人生を変えた、しかも劇的に変えた人が、先物取引会社の元同僚トレーダーを含め、何人かいます。

もちろん、僕を含め、FXで稼げるようになった人たちは、みな相当な努力を積み重ねてようやく勝てるようになった人たちです。
彼らと同じ結果を求めようとするなら、彼らと同じだけの努力が必要となります。

半端な気持ちでは、FXで勝てるようにはなりません。
しかし、FXをはじめ、トレードという行為は、他のビジネスやスポーツなどと違い再現性があります。

再現性とは、科学の実験のように、同じことをすれば、同じ結果を得られるということです。
特別な才能がいらない再現性の高いFXであれば、努力しだいで、あなたの人生を劇的に変えることも不可能ではないと思います。

再現性の高いFXなら、あなたの人生を大きく変えられる可能性がある

再現性の高いFXなら、あなたの人生を大きく変えられる可能性がある

僕が、FXや株のトレードにハマった理由のひとつが、再現性の高さです。
それまでにも、成功を夢見て、飲食店の経営をはじめ、いろんなビジネスに手を出してきたんですけど、正直、なにをやっても上手くいきませんでした。

人を使ったり、人と接する仕事というのは、明らかに向き不向きがあって、成功しているビジネスマンの行動を僕が真似したからといって、同じ結果にはならないんですよね。

スポーツや音楽などの芸術もそうですよね。成功しているスポーツ選手のフォームや、アーティストの技法を真似したところで、同じ結果が得られることは、まずないでしょう。

そこが、トレードと他のビジネスなどとが決定的に違う点です。

トレードであれば、プロトレーダーと同じタイミングで買い、同じタイミングで売れば、必ず同じ結果が得られます。

プロトレーダーたちの手法を学び、それと同じトレードをすれば、誰にだって利益を上げることが可能です。
営業マンのように、外見や持って生まれたものによって成績が左右されることもなく、非常にシンプルです。

この再現性の高さが、僕がFXをはじめとしたトレードにハマった理由であり、最大の魅力だと思っています。

しかも、プロトレーダーといっても、彼らは何か特別難しいことをしているわけではなく、「プロトレーダーは単純作業を繰り返す」にも買いたように、ある程度マーケットについて勉強している人なら、誰でも理解できる程度のことをしているに過ぎません。

成功して大金を稼ぎたかった。だからFXを猛烈に勉強した

成功して大金を稼ぎたかった。だからFXを猛烈に勉強した

個人的な話で恐縮なんですが、僕は20歳ぐらいのころから「将来、成功して金持ちになりたい」と思っていました。
特別な才能なんてなにもなかったんですが、なぜか自己顕示欲だけは強くて、「人から尊敬されたい。とか、いいところを見せつけたい」と、いつも思っていたんです。

「成功するためには、なにか行動を起こさなければ」と考え、地元の神戸でショットバーを経営してみたり、ナポレオン・ヒル・プログラムという自己啓発教材の販売代理店などを開業したりもしました。

でも、どんなビジネスをしても、食っていくのがやっとで、とても自分が描いていた成功にはほど遠いありさまでした。

そんな、悶々とした日々を過ごしていたときに、たまたま就職したのが先物取引の会社だったんです。
たまたまとは言っても、世界経済とか金融には元から興味があったので、「その業界」には違いなかったんですけどね。

僕が勤めることになった先物取引会社は、投資家からの売買注文を受け、その手数料収入を収益の柱としていました。
その一方、社内にディーリングルームを持ち、「自己玉」の運用もしていました。つまり、自社の資金でトレーディングもしていたわけです。

僕は業務上、ディーリングルームにも出入りしますし、取引所にも頻繁に顔を出していました。
当時の取引所は、今のようにすべてがコンピュータ化されておらず、まだトレーダーたちがフロアで大声を張り上げながら「手信号」で取引していた時代です。

それは、一種独特な世界で、トレーディングフロアの活気というか、時には殺気じみた強烈なエネルギーに衝撃を受けたものでした。

そして、「いつかは自分も自己資金でトレードをしてみたい」「トレードで成功して、大金を稼ぎたい」。そう自然と思うようになっていきました。

僕が自己資金でトレードを始めてからの、負け続けの日々や紆余曲折は、このサイトのあちらこちらで書いてきたので、ここでは省略しますが、ともかく、今では「トレード日記」にあるように、ほぼ毎日FXで利益を出すことが出来ています。

僕のような才能のない凡人でも、猛勉強すればFXで勝つことが出来る

すこし自分の話が長くなってしまいましたけど、僕がみなさんにお伝えしたいのは、「僕のような才能のない凡人でも、猛勉強すればFXで勝つことが出来る」ということなんです。

その理由は、ここでお話しした通り、FXは再現性が高いからです。

再現性が高いということは、あなたの努力が報われやすいということです。

自分で言うのもなんですが、僕は相当FXとトレードについて勉強をしてきました。
毎日12時間以上チャートを表示した画面とにらめっこし、マーケットにあまり動きがないときは、手元に置いておいたトレードに関する本を読んで勉強していました。

また、今でも、勝っているトレーダーのブログやユーチューブから、彼らのエントリーとエグジットの根拠を調べようと、売買履歴をチャート上にプロットして研究したりしています。

くる日もくる日も、そういったことを研究していると、「自然と勝ち組トレーダーたちのトレードを肌で感じる」ことが出来るようになってきます。

さらには、チャートの動きのクセが身体に染みつき、「次にレートがどう動きたがっているか」が、なんとなく感じられるようになってくるんです。
そうなってしまえば、かなり勝率の高いトレードが出来るようになることでしょう。

もっとも、僕のトレード手法は、「【論理的FX】僕がエントリー&エグジットする際の根拠」で書いたように「勘を排除した理詰めのトレード」なので、チャート上の根拠がなければ決してエントリーすることはないんですけどね。

最後に、過去の僕と同じように「成功して、お金持ちになりたい」「大金を稼いで、人生を変えたい」と思っている方には、再現性が高く努力が報われやすいFXを、選択肢のひとつとして考えてみるのもありだと思います。

FXについて、猛勉強をする覚悟のある方は、今の人生を大きく変えられる可能性があります。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. ネットに溢れるFX先生…。でも、僕が見てるのは及川圭哉さんだけ

  2. 昨日の反省を生かし相場と上手く噛み合ったトレード

  3. テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  4. ヴィタリックさんのイーサリアムを「将来のため」に追加購入

  5. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し

トレード日記

  1. 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確

  2. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした

  3. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

  4. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど、スイングが当たっただけ

  5. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

banner
TOP