FXを諦めるタイミングは?【僕は未練があり過ぎて止められなかった】

僕は、過去に何度もプロトレーダーになる道を諦めそうになったことがあります。
トレード日記」で毎日利益を積み重ねているのを見てくれている方には、意外かもしれませんよね。

でも、本当のことなんです。
プロトレーダーに憧れ始めた僕のトレード人生は、実際は、ただひたすら負け続ける毎日でした。

好きで始めたトレードでしたけど、負け続けの日々の中で、「相場から自分の才能のなさ」という現実を、嫌というほど突き付けらていました。

と同時に、何年もかかって必死に貯めたトレード用の資金が、ごく短期間のうちにどんどん減っていくという、辛い現実を目の当たりにしていました。

「もうダメなんじゃないか」「自分にはトレーダーの才能なんてまったくない」「そろそろ諦めて、他の人生を考えた方がいいんじゃないか」

そんなことばかりが、頭をよぎるようになっていきました。

FXを諦めるタイミングは?

FXを諦めるタイミングは?

かつての僕と同じように、今、辛い思いをしているトレーダーの方は、たくさんいることと思います。

中には、お金があり余っていてFXを始めた人もいるかもしれませんが、ほとんどの人は、僕と同じようにお金がなく、だからこそ、

「お金を増やしたい」「お金に困らない人生を歩みたい」「パッとしない人生を変えたい」

そんな思いから、FXや株を始める人が多いのではないかと思います。

にもかかわらず、相場の世界というのは、貧しい人たちから大切な資金を容赦なく奪っていきます。

FXが、現実のお金を賭けてトレードするものである以上、勝てないのであれば、いずれどこかの段階で「FXを諦める判断」を迫られることになるでしょう。

それが現実でしょうし、毎日、お金を減らしていくトレーダーに、無責任に「もっと頑張れ!」などと言えないことは、僕も十分に理解しています。

でも、僕にはみなさんがこれまで、「どれほどの思いでFXに取り組んでこられたか」、「どれほどの努力をFXに捧げてきたか」、同じ思いを経験してきた者として、痛いほどによく分かります。

諦めることはいつでも出来る、勝てるようになる工夫をして欲しい

諦めることはいつでも出来る、勝てるようになる工夫をして欲しい

僕の場合、FXを始めた直後は失敗ばかりしていました、資金がどんどん目減りしていく中で、

「このまま同じことを続けても、お金を失っていくだけだ」「なんとか違う手法を考えないと」

と考えるようになりました。

そこで取り組んだのが、「デモトレード」です。
幸いにも、FXには、ほとんどの業者に「デモトレード口座」というものが用意されていて、リアルのトレードとまったく同じ環境でトレードの練習や、いろいろな手法を試すことが出来るようになっています。

僕は、勝てるようになるまでデモトレードを徹底的に活用しました。そして、どうやったら勝てるようになるのかを常に工夫してきました。

もし、みなさんがFXで勝てなくて悩んでいるのなら、ぜひ、僕と同じようにデモトレードを活用することをお勧めします。

資金の目減りを心配することなく、デモトレードで練習を重ね、データを検証することで、きっと、新しい「何か」を発見できることと思います。

リアルトレードとデモトレードとの違い

ただし、当然のことながら、デモトレードでは実際のお金は動きません。
そのために、リアルのトレードとは、トレーダーにかかるプレッシャーがまったく違うのです。

プレッシャーがかかった状態でのトレードは、心が動揺するので、その人の本当の実力を発揮することが難しくなります。

なので、デモトレードで勝てるようになったからといって、すぐに「リアルのトレードでも勝てる」と思わない方が良いことだけは留意しておきましょう。

僕はFXに未練があり過ぎて止められなかっただけ。それが皆さんの励みになれば

僕はFXに未練があり過ぎて止められなかっただけ

僕は、FXのリアルトレードを始た直後に資金の大半を失う大失敗を経験し、そのあと、デモトレードを徹底的に活用した結果、「自分なりの勝ちパターン」を見つけることが出来ました。

ですので、以前の僕と同じように勝てない時期を過ごしているトレーダーの方には、デモトレードで経験と検証を重ねて、ぜひ、

「それぞれの『勝ちパターン』を発見してもらいたい」

と思っています。

最後に、正直なことを言うと、僕ほどトレードの才能がない人間は、本来ならもっと早くこの道を諦めるべきだったのかもしれません。

というのも、僕は、今のようにコンスタントに勝てるようになるまでに、株とFXで合計数百万円、期間としては10年近く、マイナスを垂れ流し続けてきたんです。
大切な生活資金を、あるいは老後にとっておくべき資金を、株とFXで失い続けてきました。

そんな「ダメなトレーダー」だった僕が、結果として今、FXで生活できるようになったのは、カッコよく言えば「努力」なのかもしれませんが、実際のとことは、

「FXが好き過ぎて、諦められなかった」だけなんです。
勝てるようになった今思うのは、僕に「トレードの才能なんてまったくない」ということです。

成績からみれば、とっくに諦めてないといけないはずなのに、FXを好きな気持ちが強過ぎて、単に、諦めるべきタイミングが掴めなかったんです。

そんな優柔不断な理由から、いつまでもトレードを続けていたら、偶然にも「いつの間にか勝てるようになっていた」というのが、実際のところなんです。

僕の自慢にもならない経験が、みなさんのお役に立てるかどうか分かりませんが、FXで負け続けた経験を持つ者として、今現在、同じ悩みに直面している方には、僕の愚かな経験がなんらかの励みやヒントになればと思って、ここまで書いてきました。

ぜひ、みなさんがFXで勝てる日が来ることを、心の底から願っています。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  8. 8

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  9. 9

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  10. 10

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

おすすめ記事

  1. ひたすらチャンスを待ち続けてレンジを抜けた方向に乗った

  2. 方向感のない難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った

  3. マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました

  4. FXとは?その仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説!

  5. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した

トレード日記

  1. WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

  2. 上位足を見ながら1分足のノイズを無視したトレード

  3. 慣れないポンド円で損切り連発。「トレード日記」で初黒星

  4. なぜ!?DMM FXの審査に落ちた!プロトレーダーの辛いところ

  5. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

TOP