コラム

FXは余裕資金でないと勝てない【値動きに心が乱されるから】

FXは余裕資金でないと勝てない【値動きに心が乱されるから】

僕は、FXに限らずおよそトレードあるいは投資というものは、余裕資金でなければ勝てないと思っています。
それは、先物会社のトレーダー時代を含め、長年の自分自身のトレード経験から得た「教訓」です。

僕がFX初心者だった頃、いつも一攫千金を狙って「フルレバレッジの大勝負」を相場に挑んでは、思惑とは裏腹に、資金を大幅に減らす惨敗を繰り返していました。

その無謀な行為は、僕の欲に支配された心が取った行動だったのですが、投資資金のほぼ全額を突っ込む「フルレバレッジの大勝負」は、どうしていつも惨敗で終わるのか?

本来、相場での勝ち負けは確率的に2分の1のはずなのに、なぜ明らかにそれ以上の確率で負けてしまうのか?

ここでは、その不思議な理由について、お話しさせていただきたいと思います。

FXは余裕資金でないと勝てない

FXは余裕資金でないと勝てない

そもそも僕がFXを始めた理由は、「お金を増やしたい」からで、なぜお金を増やしたかったかというと、シンプルに「貧乏」だったからです。

FXにしても株にしても、トレードや投資に手を出す人のほとんどは「お金が欲しい」からだと思います。
特にFXの場合は、少額からでも始められることもあって、多くの人は「お金がないから増やしたい」、「FXで人生の大逆転を狙いたい」と言いうのが本音ではないでしょうか。

そんな僕と同じような欲望を持った「貧乏トレーダー」にとって、FXはコツコツ稼ぐよりも、どちらかというと「短期間に大きく稼ぐためのもの」というのが、FXに対するスタンスのように感じます。

その結果、FXを始めた多くのトレーダーは、投資可能金額の大部分を一気に突っ込む「ギャンブル的なトレード」をしがちになります。

ところが、投資可能な金額の大部分を賭けるトレードというのは、その人にとって、とても「余裕資金」とは言えない金額のはずです。
つまり、その投資資金は、「絶対に失ってはいけないお金」になってしまいます。

その結果、そのトレーダーの心には、「お金を失うことに対する恐怖心が芽生えます」。
当初は、「資金を増やすという欲望」に支配されていた心は、いつの間にか「お金を失う恐怖」に支配されていきます。

人間の脳は、恐怖を感じると、判断能力が鈍るようにできています。
恐怖心に支配されたトレーダーは、もうその時点で、本来持っているはずの能力が発揮できない状態に陥っているのです。

本来の実力を発揮できない状態では、猛者が集うFXの世界で勝つことは難しいでしょう。

以上のことから、FXトレーダーにとって、「余裕資金」を超える金額でトレードをすることは、ものすごくリスクが高く、コスパ的にも見合わないトレード方法だと言えます。

【お得情報】今なら資金0円でFXを始められる
現在、僕がメインで使っているXM(エックスエム)というFX業者では、口座開設するだけで「トレード資金3000円」がボーナスとしてもらえます。
この期間(終了時期未定)を利用してFXを無料体験してみるのもいいかもしれません。
なお、トレードで得た利益分は現金で引き出せます。
3000円のボーナスでFXを始める

余裕のない資金では、ちょっとした値動きに心がかき乱される

余裕のない資金では、ちょっとした値動きに心がかき乱される

どの程度の金額が、大き過ぎる、あるいは小さ過ぎる、というのは個人差があるので一概には言えませんが、僕が自分自身でロットサイズが大き過ぎるか小さ過ぎるかを判断する際には基準があります。

それは、

その金額を投入していて、怖いと感じるか感じないか

この一点に尽きます。

要するに、怖いと感じなければ、その金額は適性で、もし、怖いと感じるようであれば、それはそのトレーダーにとって金額的に大き過ぎるトレードだと判断できます。

人間は恐怖を感じると冷静な判断が出来なくなる

人間は恐怖を感じると冷静な判断が出来なくなる

人間が恐怖を感じた際の心理状態について、保健学博士の蝦名玲子氏は「緊急時の脳の特性と心理的特性:冷静な判断ができにくくなる理由」という記事の中で、以下のように指摘しています。

緊急時の脳の特性:
緊急時は、情報過多になりがち。そうすると、脳は様々な判断をしなくてはならないため、疲れやすくなる。脳が疲れると、人は熟考するというより、直感で物事を判断しやすくなる。

緊急時の心理的特性:
興奮状態にあり、恐怖感情、不安、混乱、極度の心配という特徴があるため、情報を取り入れ、理解するのが、難しくなる。

FXでトレーダーが利益を上げられるチャンスというのは、多くは「相場が動いている」時のことで、それは上記のような「緊急時」に当たります。

つまり、FXトレーダーにとって緊急時こそがチャンスなわけですが、そのせっかくのチャンスに、人間は脳と心が動揺し、冷静な判断が下せない状態に陥っているのですから、当然、儲けることが難しくなってしまいます。

よく相場の格言の一つとして、「本能のままトレード(投資)をしていては勝てない」と言った意味のことが言われますが、それはまさにこのことを指しているのでしょう。

昔の僕は、フルレバレッジの大勝負をしては負け続けていた

昔の僕は、フルレバレッジの大勝負をしては負け続けていた

今では資金管理を徹底し、余裕資金でトレードすることをこうやって皆様におすすめしている僕ですが、昔は、その真逆のことをひたすら繰り返しては、大敗けを続けていました。

例えば、僕がFXを始めた初日のことです。
それまでFXのトレードがしたくてしょうがなかった僕は、満を持してトレード用の資金80万円をGMOクリック証券の口座に入金しました。

その80万円をどうしたか?
まだトレードのなんたるかをまるで理解してなかった馬鹿トレーダーだった僕は、なんといきなり「フルロット」、要するに80万円全額を一気にドル円ロング(買い)にツッコンだんです!

マウスをクリックした時の僕の手は、緊張と興奮で震えていたほどです。
もし、思惑通りにいけば「労せずして大金を稼ぐことが出来る!」そんな欲望に突き動かされていました。

しかし、一方では、投資資金の全額を「一点買い」しているリスクに対する恐怖心も、やはり大きなものでした。

で、結果はどうなったか?
大勝負に出た時の大半がそうであるように、この時も相場は僕の思惑とは逆を行き、投資額80万円はみるみるうちに大きな含み損を抱えることに…。

そして、当初の欲望は影をひそめ、次第に大金を失う恐怖心に僕の心は支配されていったのです。

結局、恐怖にさいなまれたまま、理論も根拠もないレートで、損切りすることに決心しました。

僕にとってのFX初日は、マイナス30万円。
投資資金の37%を一瞬で失ってしまいました。

この馬鹿げたトレードは、しかし、多くの初心者トレーダーにも見られる一つの典型だと思います。
欲望と恐怖心に駆り立てられ、冷静さを失ったトレーダーの末路は、ほとんどこのパターンだと言っても過言ではないでしょう。

この「負けパターン」から抜け出す方法は、ただひとつ。

あなたにとっての余裕資金でトレードすることです

投資資金の全額を賭けるのではなく、欲と恐怖の支配から解放されるように、資金量を下げ、ロットサイズを下げることです。
そして、理論と根拠に基づいた冷静で理性的なトレードを心がけることです。

まとめ

一般のFXトレーダーが自己資金でトレードする時、「このお金は失ってもいい」そう思えるぐらい心に余裕がないと、為替相場の激しい値動きに対して、常に冷静な判断を下すことが出来なくなります。

「この資金は絶対に失うことが出来ない」といった心に余裕のない状態のトレーダーは、恐怖に心が支配されています。
恐怖心に支配されたトレーダーの脳と心は、すでに冷静な判断が下せる状況にありません。

本来そのトレーダーが持っている実力を発揮できない状態で、腕に自信のあるトレーダーがしのぎを削るFXの世界で勝ことは、ものすごく難しいことです。

では、どうすればいいのか?

答えは、余裕資金でトレードすること、あるいはロットサイズを小さくすることです。
このことは、このサイトで僕は過去に何度もお話ししてきました。

トレードをしている際に、もし恐怖心を感じることがあるとしたら、それはあなたにとって資金量が大き過ぎるからです。
僕はこのことに気付いてから、コンスタントにFXで勝てるようになりました。

もし、みなさんも「トレード中に怖いと感じる」ことがあれば、ぜひ、資金量やロットサイズを小さくしして、恐怖を感じない穏やかな心で為替相場に向き合って欲しいと思います。

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. FXは単なる確率のゲーム【勘や予想は意味がない】 FXは単なる確率のゲーム【勘や予想は意味がない】
  2. FXでは、論理的にポジションを取り、その後は放置するぐらいが良い FXでは論理的にポジションを取り、その後は放置するぐらいが良い
  3. FXを諦めるタイミングは?【僕は未練があり過ぎて止められなかった…
  4. ご挨拶 - FX初心者の方とまだ思うように勝てないでいる方へ ご挨拶 – FX初心者の方とまだ思うように勝てないで…
  5. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  6. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  7. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説しましょう! 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!
  8. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

おすすめ記事

  1. FXでは論理的にポジションを取り、その後は放置するぐらいが良い FXでは、論理的にポジションを取り、その後は放置するぐらいが良い
  2. 転換しかかったけどレンジに入ったので細かく利食っていった 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  3. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  4. 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに… 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場
  5. 遂にビットコイン・イーサリアムなど暗号通貨を買いました! 遂にビットコイン・イーサリアムなど暗号通貨を買いました!
  6. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  7. ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った
  8. FXは単なる確率のゲーム【勘や予想は意味がない】 FXは単なる確率のゲーム【勘や予想は意味がない】
  9. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  10. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 【論理的FX】僕がエントリー&エグジットする際の根拠 【論理的FX】僕がエントリー&エグジットする際の根拠

ピックアップ記事

  1. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  2. 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場
  3. ひたすら待ち続けて抜けた方向に乗った
大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ
  1. FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】
  2. 相場と上手く噛み合ったトレード
  3. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  4. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  5. ご挨拶 - FX初心者の方とまだ思うように勝てないでいる方へ
  6. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
PAGE TOP