上方転換するはずがしなかったので「下目線」に。ショートで取った

2017年4月11日(火)

昨日のトレード日記で、上手く下方転換する場面(1分足)に立ち会えたので、一貫してドル売りで稼いだと書きました。

で、今日も朝は転換の兆しがあったんですよね~。
昨日のロンドン時間もニューヨーク時間もドル円は下げ続けだったんですが、東京時間には上向きに転換できる可能性が、チャート的にはありました。

なので、先に飛び込みたい誘惑も少しあったんですけど、この強い下げ基調の中、東京時間で流れを変える力があるのかどうか、そこに注目して見てました。

2017年4月11日のドル円1分足チャート

上(↑)のチャート画像の左端に、移動平均線の束の上にローソク足がある状態。
この時、この画像からは見えてない左側の部分で、ローソク足が下から上に抜けて来てたんです。

このカタチは、よくある転換のサインで、基本的には買いでエントリーして良い場面です。
しかし、先に言ったように、この時点で相場の流れを変えるほどのパワーがあるかどうか疑わしかったので、もうしばらく様子を見ようと思いました。

そしたら、セオリー的には本来上抜けすべきポイントで、チャート画像にあるように逆に下抜けしてきたので、

「もう上の目はない」

と判断してドル売りスタンスでトレードすることにしました。

結果的にはこの判断が当たり、昨日に続いて今日もほとんどドルを売り続け、PIPSを稼ぐことができました。

金額的には、上手な方から見ればカスみたいなもんですが、まだまだ勉強中の身なので、当面はこれぐらいの小ロットでコツコツと積み重ねていきたいと思っています。

2017年4月11日本日の収支

あ、それと僕にしては珍しく、今日は一度も損切りがなかったです。
まぁ、たまたまですけど。
いつもこうだとトレードもストレスがなくていいんですけどね~。

本日の収支 +31,830円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  5. 5

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  6. 6

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  7. 7

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  8. 8

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  9. 9

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方

  2. 【FXの鉄の掟】それは自分が決めた規律を絶対に守ること

  3. リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了

  4. トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法

  5. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した

TOP