方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた

2017年4月27日(木)

今朝は11時頃からチャートを見てました。
ドル円はパッと見たところ、方向感がなく、ボラもあまりなかったので、レートがどっちに行くかまったく分からない状態でした。

「今日はやめといた方がいいかなぁ」とも思いつつ、でもこの「トレード日記」のこともあるので、とりあえず、チャンスが来るかどうか待ってみることにしました。

しばらく見ていると、フラフラと方向感のないように見えながらも、サポートレジスタンスラインと4時間MAにはけっこう忠実に動いてる感じもしたので、入ってみることにしました。

下(↓)の画像がその時のドル円の1分足チャートと売買譜です。
青の4時間MAで何度もピタっと動きが止められているのが分かります。

2017年4月27日ドル円の1分足チャート

もちろん、これは終わってから見れば分かることで、トレードしてる時の僕には、ここまで4時間MAが効くことになるとは予想してませんでした。
ただ、なんとなく、

「今日は4時間MAとサポレジラインを根拠にトレードすれば勝てるのでは?」

という感触はありました。
なぜなら、今朝の時点のように、日足や4時間足の動きが徐々に小さく収斂しつつある状態の時は、往々にして4時間MAを挟んで一定のレンジ内を行ったり来たりする傾向があるからです。

上のチャート画像を見ても、移動平均線が集まってきて真横に推移する、一見すると先が読み辛い展開ですが、4時間MAとサポレジラインで明らかに動きに「変化」があります。

で、チャート上にプロットしたのが今日の主なトレードです。
最初のエントリーは、「一応下方向へと転換のカタチ」になっていたのでショート(売り)で入りました。
大きな流れがない相場なので、転換はダマシになる可能性も高いんですが、このチャートパターンを見ると、右手が機械的に反応してしまいます。

途中、けっこうな含み損にもなったんですけど、他の時間足が上に行くカタチにはなってなかったので、持ち続けました。
ただ、含み損に耐えてる時間が長かったこともあって、あまり長く持てず、少し利が乗ったところにリミットを指しておいて、早めに逃げました。

次のエントリーは、長めの陰線が3本続き、一気にサポートラインを割ってきた場面です。
下げの勢いが強かったので、一度戻ってきて、且つ節に当たって止まったところでショートしました。
ところが、節の下にいることを根拠に売りエントリーしたのに、その直後に節を上回ってきたので、「これはヤバイっ」と思い、即ロスカットしました。

最後のトレードは、直前の損切り後、サポートラインを割らないのを確認してロング(買い)しました。
この位置からの仕掛けは、リスクリワード的にかなり有利なので、通常より大きめのロットで入りました。

利確の目標は、普段は節を重視するんですが、今日は4時間MAが効いていたので、次の節ではなく4時間MAの直下にリミット(指値)を指しておきました。
下のトレード明細の一番下、緑の部分がリミットに当たって決済したところです。

2017年4月27日本日の収支+31,979円

方向感はないながらも、チャートのセオリー通りに動いてくれる部分もあったので、利益を確保することができました。

本日の収支は、+31,979円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  8. 8

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

おすすめ記事

  1. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!

  2. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】

  3. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  4. FXのDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い

  5. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

トレード日記

  1. 東京時間らしい読みやすい値動き

  2. MAとサポレジが効いてたのでFXの教科書的にトレードした

  3. WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

  4. 慣れないポンド円で損切り連発。「トレード日記」で初黒星

  5. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

Titan FX(タイタンFX)
TOP