欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

2017年4月28日(金)

も~、大変な1日でした!
この「トレード日記」は、1日1万円稼ぐことを目標にしてるので、専用の口座には少額しか入ってないんです。

にもかかわらず、今日は途中、確定損が最大で7万円にもなってしまいました!
含み損じゃなくて確定損が…。

さすがにその段階では、「今日は勝てないかも」と覚悟しました。

そもそも、なんでこんなヒドい状態になってしまったかというと、今日は昼間別の仕事があったので、普段トレードしてる東京時間にトレードできなかったんです。

で、トレード自体をやめてもよかったんですが、やっぱり「トレード日記」を書きたいという気持ちがあって、あまり好きじゃない欧州時間にトレードすることにしたんです。

欧州時間の最初の1、2時間は、動きが荒く、チャートが機能しない乱高下を演じることが多いので、基本的にはこの時間帯は避けた方が安全だと分かっていながらエントリーし、結局大苦戦するハメになってしまいました…。

下(↓)がトレードしてた時間帯のドル円の1分足チャートです。

2017年4月28日ドル円の1分足チャート

僕が普段トレードする際の拠り所にしているサポートレジスタンスラインが、ほとんど機能してないのが分かります。
東京時間の場合は、比較的サポレジラインでピタっと動きが止まることが多いんです。

ところが、ヨーロッパ時間、特にロンドン勢が入ってくる時間帯は、ポジションを切らせようと強引にレートを上下に振り回してくるんです。

その際、ボラが出るので、上手くいく時はけっこう利益が出せたりもするんですが、今日はもうまったくダメでした…。
買えば下がる売れば上がるはで、取るポジション取るポジションことごとくロスカットさせられてしまいました…。

下のトレード明細を見てください。
って、見せるのも恥ずかしい履歴なんですけど…。

あまりにヒドいトレード履歴なので、今日は記念に全トレードの履歴をアップしてみました(数が多すぎなのでスクロールした分をつぎはぎしてます)。
序盤、「アホほど損切りしてる」のが分かります。

損切りばかりしてる最中は、「ポジポジ病になりかけてるんじゃないか?」と思うぐらい、マーケットとリズムが合いませんでした。
やっぱり、東京時間と欧州時間の違いがトレードを狂わせてたのかもしれません。

ただし、何度も損切りしてるうちに、だんだんと「欧州勢のヤリ方」が掴めるようになってきたので、トレード履歴にあるように、ある段階から別人のようにロスカットがなくなっています。

そして、相場が急上昇し、サポレジラインがなくなる「真空地帯」に入ってからは、上下に振り回されることなく上だけを見てトレードできるようになりました。

2017年4月28日本日の収支+10,106円

結果的には、最大7万円のマイナスからプラ転し、なお且つ目標額の1万円も達成することができました。
ただ、内容的にはヒドいトレードで、みなさんにお見せしていいものかどうか迷いましたが、この駄目トレードから賢明なみなさんが何かを学んでいただけたらと思います。
それにしても疲れた~。

本日の収支は、+10,106円でした。

なおGW中は、ボラティリティが低下するようならトレードしないつもりでいます。

2017年4月29日追記:
昨日苦戦した原因について、改めて振り返ってみました。
その結果、単に欧州時間特有の動きに惑わされただけではなかったように思います。
というのは、昨日、別の仕事を終え事務所に帰った時、実は体調が悪かったので、「早めに目標額を達成してトレードを終えたい」という考えが頭の中にありました。
このマーケットの動きとは一切関係のない「余計な考え」が、合理性を欠くエントリーにつながり、ロスカットの山を築く結果を招いたように思います。
反省の意味を込めて、追記しました。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  6. 6

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. 忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン…。

  2. プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  3. リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了

  4. 大きめロスカットからドテン順張り&逆張りスキャルで挽回

  5. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退

トレード日記

  1. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保

  2. 今日も損切り連発…。でも「トレード日記」の目標額1万円は確保。

  3. MAとサポレジが効いてたのでFXの教科書的にトレードした

  4. 素直な相場を普段通りにトレード

  5. 東京時間らしい読みやすい値動き

banner
TOP