トレード日記

欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

2017年4月28日(金)

も~、大変な1日でした!
この「トレード日記」は、1日1万円稼ぐことを目標にしてるので、専用の口座には少額しか入ってないんです。

にもかかわらず、今日は途中、確定損が最大で7万円にもなってしまいました!
含み損じゃなくて確定損が…。

さすがにその段階では、「今日は勝てないかも」と覚悟しました。

そもそも、なんでこんなヒドい状態になってしまったかというと、今日は昼間別の仕事があったので、普段トレードしてる東京時間にトレードできなかったんです。

で、トレード自体をやめてもよかったんですが、やっぱり「トレード日記」を書きたいという気持ちがあって、あまり好きじゃない欧州時間にトレードすることにしたんです。

欧州時間の最初の1、2時間は、動きが荒く、チャートが機能しない乱高下を演じることが多いので、基本的にはこの時間帯は避けた方が安全だと分かっていながらエントリーし、結局大苦戦するハメになってしまいました…。

下(↓)がトレードしてた時間帯のドル円の1分足チャートです。

2017年4月28日ドル円の1分足チャート

僕が普段トレードする際の拠り所にしているサポートレジスタンスラインが、ほとんど機能してないのが分かります。
東京時間の場合は、比較的サポレジラインでピタっと動きが止まることが多いんです。

ところが、ヨーロッパ時間、特にロンドン勢が入ってくる時間帯は、ポジションを切らせようと強引にレートを上下に振り回してくるんです。

その際、ボラが出るので、上手くいく時はけっこう利益が出せたりもするんですが、今日はもうまったくダメでした…。
買えば下がる売れば上がるはで、取るポジション取るポジションことごとくロスカットさせられてしまいました…。

下のトレード明細を見てください。
って、見せるのも恥ずかしい履歴なんですけど…。

あまりにヒドいトレード履歴なので、今日は記念に全トレードの履歴をアップしてみました(数が多すぎなのでスクロールした分をつぎはぎしてます)。
序盤、「アホほど損切りしてる」のが分かります。

損切りばかりしてる最中は、「ポジポジ病になりかけてるんじゃないか?」と思うぐらい、マーケットとリズムが合いませんでした。
やっぱり、東京時間と欧州時間の違いがトレードを狂わせてたのかもしれません。

ただし、何度も損切りしてるうちに、だんだんと「欧州勢のヤリ方」が掴めるようになってきたので、トレード履歴にあるように、ある段階から別人のようにロスカットがなくなっています。

そして、相場が急上昇し、サポレジラインがなくなる「真空地帯」に入ってからは、上下に振り回されることなく上だけを見てトレードできるようになりました。

2017年4月28日本日の収支+10,106円

結果的には、最大7万円のマイナスからプラ転し、なお且つ目標額の1万円も達成することができました。
ただ、内容的にはヒドいトレードで、みなさんにお見せしていいものかどうか迷いましたが、この駄目トレードから賢明なみなさんが何かを学んでいただけたらと思います。
それにしても疲れた~。

本日の収支は、+10,106円でした。

なおGW中は、ボラティリティが低下するようならトレードしないつもりでいます。

2017年4月29日追記:
昨日苦戦した原因について、改めて振り返ってみました。
その結果、単に欧州時間特有の動きに惑わされただけではなかったように思います。
というのは、昨日、別の仕事を終え事務所に帰った時、実は体調が悪かったので、「早めに目標額を達成してトレードを終えたい」という考えが頭の中にありました。
このマーケットの動きとは一切関係のない「余計な考え」が、合理性を欠くエントリーにつながり、ロスカットの山を築く結果を招いたように思います。
反省の意味を込めて、追記しました。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  2. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  3. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ
  4. ひたすら待ち続けて抜けた方向に乗った ひたすら待ち続けてレンジを抜けた方向に乗った
  5. ドルが急落してたので売っただけ ドルが急落してたので素直に売っただけ
  6. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確 FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確
  7. 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに…
  8. 米軍のシリア攻撃と雇用統計でPIPSを稼いだ 米軍のシリア攻撃と雇用統計でpipsを稼いだ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. FXのレバレッジは本当に危険なのか? FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】
  2. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  3. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  4. リップルを10万円分追加購入 リップルを10万円分追加購入
  5. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  6. 動かない相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  7. 素直な相場を普段通りにトレード 素直な相場を普段通りにトレード
  8. MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  9. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  10. 4ヵ月ぶりに負けました〜 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. XMの特徴と口座開設方法【現役トレーダーが解説】 XM詳細解説

ピックアップ記事

  1. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  2. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  3. 教科書的な損切りと利確で目標額を確保
FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】
  1. XM詳細解説
  2. 遅ればせながら暗号通貨の取引を開始しました!
  3. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  4. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  5. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます
  6. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
PAGE TOP