【教訓】GWの東京時間は閑散相場。手を出さない方がいい

2017年5月3日(水)

世間はゴールデンウイーク真っ最中ですが、今日も僕はチャートを見てました。
朝の10時半ぐらいから、午後1時ぐらいまで見てたんですけど、ちょっと入れる場面はなかったですね~。

「トレード日記」のネタ作りに、無理矢理入ろうかとも一瞬考えたんですが、それでも入りたいと思えるタイミングがありませんでした。

今日は、とにかく商いが薄いようで、窓がバンバン開くような「レートがどっちへすっ飛ぶかわからない」チャートでした。
年末年始もそうですけど、こういう閑散相場は、勝てる確率がかなり下がるので、手を出さないのが最も正しい判断だと思います。

下(↓)の画像が今日の昼ごろのドル円の1分足チャートです。

2017年5月3日ドル円の1分足チャート

あちこちに、黄色の○印を付けた「窓」が開いてるのがわかりますし、長期の移動平均線が収束して真横に進んでいることから、マーケットに方向感が出てないこともわかります。
また、チャート画像からは、レートが上下に大きく動いてるようにも見えますが、画面にあるローソク足の一番上から一番下までが10pips程度しかない、非常に狭いレンジ相場です。

僕は去年のクリスマスの時期に、今日のような閑散相場で無理矢理トレードをして負けたことがありました。
金額的には大した負けじゃなかったんですが、その時に、

「動かない相場」と「閑散期」はトレードしない方がいい。

ということをあらためて自分に言い聞かせました。

先日、「レンジ相場でイースター前。危険なのでトレードせず」でも書いたように、狭いレンジ相場では、スプレッド負けしたり、買ったら下がり売ったら上がる、といった悪循環にハマってしまうこともあり得ます。

トレーダーに「トレードするな!」と言うのは簡単なことではないんですが、FXは確率のゲームです。
明らかに勝率が下がるとわかっている時は、はやる気持ちを抑えて「休む」ことを心掛けましょう。

それから、今週はFOMC、ADP雇用リポート、雇用統計、さらにはフランス大統領選挙などなど、波乱を起こしかねないイベントが目白押しなので、ロンドン時間やニューヨーク時間にトレードする方も、十分にご注意下さい。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    PCなしでFXはできるか?僕はスマホとタブレットでもトレードする

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  8. 8

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退

  2. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  3. 【アフィリ収益公開】FXで勝てる人ならFXアフィリでも稼げます

  4. ひたすらチャンスを待ち続けてレンジを抜けた方向に乗った

  5. 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな!

トレード日記

  1. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線でトレード

  2. 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確

  3. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど、スイングが当たっただけ

  4. 素直な相場を普段通りにトレード

  5. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保

TOP