トレード日記

ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど…

ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど

2017年5月4日(木)

ちょっと「トレード日記」の主旨と違ったトレードをしてしまいました~。

ゴールデンウイークで、東京時間に動きがない状態なので、昨夜はロンドン時間とニューヨーク時間にもチャートを見てました。
そしたら、僕が注目していた4時間ベースの高値112円19銭を抜いてきたので、反射的に買いで入っちゃいました。

もしこれが、普段「トレード日記」でしてるような、サポレジラインや移動平均線を頼りに1日1万円を「論理的に獲る」売買だったとすれば、「教科書的なトレード」としてお見せできたんですが…。

節目を超えて、且つ昨日はFOMCもあったことから、「上に伸びるんじゃないか」という予想のもとにスイングトレードをしてしまったんです。

スイングトレードを得意としてる人がする分には何の問題もないんですが、僕はスイングトレードが苦手で、すごく勝率が悪いんです。
にもかかわらず、勘に頼ったスイングをしてしまったので、本当は良くない行為です。

スイングトレードは、当たれば値幅を獲れるんですが、1日から数日先のチャートを予想するわけで、当然1分先や5分先よりも予想精度は格段に下がります。
なので、確率のゲームであるFXの「ギャンブル的な側面」がより顕著に現れるトレードスタイルだと思ってます。

今回はたまたま予想が当たったので良かったですが、当面スイングトレードはしないと思います。

で、まぐれ勝ちのスイングトレードでは「トレード日記」を書く意味がないので、今朝早くにユーロドルで1日の目標額1万円を確保するトレードをしたので、そちらをレポートしたいと思います。

上(↑)はユーロドルの1分足チャートです。
普段ドル円専門の僕が珍しくユーロドルをトレードしたのは、ゴールデンウイークでドル円のボラティリティがすごく低い一方、ユーロドルはそこそこ動いてたのと、チャート形状がけっこう僕の好きなカタチになりかけてたからです。

ユーロドルが動いてたのは、ヨーロッパは深夜ですがアメリカはまだ夜の9時とか10時ぐらいでマーケット参加者が多かったからでしょう。

なので、「これは獲れるかも?」と思いエントリーしました。
最初は、4時間MAを含む収束した移動平均線をローソク足が下から上に抜いてきたことで注目し、長めの陰線で「押し」たところでロングしました。
利確は、この時点では利確ポイントの上にある赤い水平線はまだない状態だったので、上げの勢いが鈍ったところで利食いました。

トレンド転換を予想して入りながら、さっさと利食った理由は、このカタチは一度4時間MA付近まで戻ってくることが多いからです。
そのため、いったん利益確定しておいて、再度下がってきたところを買っていく計画でいました。

結果、ほぼ想定通りになり、4時間MAに向けて下がってきた場面で数回に分けて「買い下がり」ました。
数回に分けて買う理由は、4時間MAを目安にしてはいるものの、実際にはどこまで下がるかが分からないからです。
途中、思ってた以上に下がったのでアセりましたけど(汗)
このポジションは、この段階で非常に効いていた白のMAに当たって戻されたところで利確しました。

最後のエントリーは、白のMAを超えてきたところ。
利確は前回の高値に並んだところです。
買った直後にけっこう下に押されてますけど(笑)、今日の中では一番教科書的なトレードだったと思います。

昨夜から今朝のスイングトレード分の利益が18万円ほどありますが、今朝の「トレード日記」用のトレード自体は1万円ちょっとです。

本日の収支は、+193,903円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法 トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法
  2. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確 FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確
  3. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした…
  4. GWの東京時間は手を出さない方がいい GWの東京時間は手を出さない方がいい
  5. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落! ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  6. サポレジとMAが効いてたのでリズムの乗れた サポレジとMAが効いてたのでリズムに乗れた
  7. 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた 巧くないトレードだけど運が良かったので pips は稼げた
  8. 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた 危うく往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退
  2. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  3. 忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン…。 ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。
  4. 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  5. リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了 リズムには乗れてないけどボラがあったので短時間で終了
  6. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  7. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  8. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった
  9. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退
  10. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション 真空地帯はほぼプライスアクション

ピックアップ記事

  1. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった
  2. 上位足を見ながらノイズを無視したトレード
  3. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
FXは教科書的な相場を選ぶべき【勉強すれば誰でも勝てるから】
  1. OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  2. 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い
  3. 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  4. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
  5. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功
  6. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
PAGE TOP