今日も損切り連発…。でも「トレード日記」の目標額1万円は確保。

2017年5月8日(月)

今日のトレードの前に、先週末はアメリカの雇用統計がありましたね。
雇用統計というと、「大きく稼げるお祭り的なイベント」で、僕もあの激しい値動きをこれまで利用してきたんですが、最近はちょっと値動きが小さいし、すぐ戻ってきてしまうんですよね~。
今回の雇用統計は特に値動きが小さくて、メインの方の口座でトレードしてたんですけど、あまりpipsを稼げませんでした。

では、今日のトレードです。
下(↓)売買履歴を見ていただくと分かるように、今日もけっこう損切りしてます(汗)…。

自分でも、

「いつもロスカットばかりして、よくこれで毎日勝ててるなぁ」

とヘンに感心してしまいます。

僕が損切りが多いのは、「ひんぱんに損切りしてるから」なんですよね。
って、言葉がヘンですけど、僕が言いたいのは、

「もし耐えてれば戻ってくるかもしれない」

といった場面でも、「リスク回避のために一度逃げておく」ということをよくやるんです。
結果、

「持ってりゃプラスになったのに~」

となるケースもしょっちゅうあるんですが、僕は念のために切ることが多いんです。

ただし、損切りといっても、恐怖心に駆られてやみくもに「切る」ようなことはありません。
ロスカットする場面には必ず根拠があって、例えば、

「このチャートのカタチは逆方向に行く可能性が高くなったな」
とか、
「エントリーの理由となったチャートパターンが、その後の値動きで変わってしまった」

場合などに限ります。

今日の主なトレードを下(↓)のドル円の1分足チャートにプロットしたので見てください。

2017年5月8日ドル円の1分足チャート

チャート上にも説明を書き込んでますが、それぞれのエントリーと、ロスカットもしくは利益確定には必ず理由があります。

今日の最初のエントリーは、ローソク足が4時間MAを下から上に抜いて来たので「買い」で入りました。
直後には含み益になったんですが、突然長い陰線が出て、下のサポートラインまで一気に下がってます。

この時、もしサポートラインを割ったら下値のメドが分からないので、「損切りする」と決めてました。
と同時に、下げの勢いが強ければ、ドテンしてのショートも念頭に置いてました。
結果、それを実行してロスカット分を少しカバー出来ています。

その次のエントリーは、さっきのサポートラインがレジスタンスラインに転じた可能性に賭けたわけです(サポートラインがレジスタンスラインに入れ替わる理由はコチラをご覧ください)。
なので、この節目に当たって、一度戻されたところで「売り」で入ってます。

ところが、予想に反してサポレジラインを上へ抜けて来たので、この売りから入ったポジションは当初エントリーした根拠が消滅したので、即ロスカットし、逆に上昇パターンに入ったと考えられることから、ドテン&ロングしました。

このロングのポジションは読みが当たり、大きく伸びてくれたので、これを利確した段階で全ロスカット分のマイナスをカバーし、トータルでプラ転しました。

最後のエントリーは、やはり4時間MAを上に抜いて来たことでロングしました。
途中、けっこうな含み損を抱えてたんですが、

「前回の安値を下回らない限り、上に戻る可能性が高い」

とセオリー的に判断できるので、このポジションはロスカットせずキープして耐えました。
で、その予想通りにレートが上がって来たので、上げの勢いが鈍ったところ、また、ヨーロッパ時間が始まる前に、利益確定しました。

2017年5月8日本日の収支+15,432円

以上のように、僕はまったく天性の才能のないトレーダーですが、常にリスクリワードを計算し、「確率の高い方に賭ける」ことを繰り返しています。
ただそれだけなんです。

先のことなんて、これっぽっちも分かりません(笑)。でも勝ててます。

本日の収支は、+15,432円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. FXで勝つには、「自分は勝てるトレーダーだ!」と信じる必要がある

  2. 急落してきたリップルを10万円分だけ追加購入しました

  3. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した

  4. FXでは論理的にポジションを取り、その後は放置するぐらいが良い

  5. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に

トレード日記

  1. 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確

  2. 上位足を見ながら1分足のノイズを無視したトレード

  3. 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた

  4. 素直な相場を普段通りにトレード

  5. 上方転換するはずがしなかったので「下目線」に。ショートで取った

TOP