忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン…。

2017年5月12日(金)

今日は他の仕事が忙しくて、トレードする時間がほとんどありませんでした。
午前中は外に出ていて、午後は事務処理をしながらチャートを横目で見ていました。

結局、今日は2回しかトレードできなくて、しかも最初のエントリーはチャラ逃げなので、まともなトレードは1回だけということになります。
どちらも、面白いトレードでも、巧いトレードでもないんですが、自分なりの根拠に基づいてエントリー&エグジットしてます。

下(↓)の画像はドル円の1分足チャートです。
右端ではレートが大きく動いてますが、僕がトレードした時間帯は、まだそこまでボラがない状態でした。

2017年5月12日ドル円の1分足チャート

このチャートに写ってない左側では、ドル円レートが113円95銭から113円64銭辺りまで急落した後だったので、「ようやく下げ止まった」といった感じの時です。
なので、最初にエントリーした場面は、「いつまた急落し始めるかもわからない」恐怖感があったんですが、

「節目を下から上に超えて来た場合は、リスクリワード的に買っていくべき場面」です。

ということで、急落直後ではあったものの、ロングでエントリーしました。
ただ、自分がイメージしてたようには上がって行かなくて、長い間横ばいが続いたことから、再度急落するリスクを回避するためにいったん撤退しています。

結果的には、その後、次の節目まで上昇してるので、持ち続けていれば、けっこうな利益になったわけですが、仕方ないです。トレードとはそんなものですから。

事務仕事をしながら次に目についたのが、2番目のエントリーの場面です。
青の4時間MAを一度割り込んだ後、再び下から上に抜けて来たことに着目しました。

「ここは4時間MAを割り込まない限り、再上昇するんじゃないか?」と考えて、ポジションを4回に分けて「買い下がって」ます。

レートが上昇する前には、少し下がることが多いので、僕はいっぺんに買わずに下げてる中を数回に分けて買っていくということをよくします。
この方法は、平均買い付け価格を下げる効果があるので、すごく有効な手段です。

利確は、セオリー通りに次の節目で行いました。
このトレードも、1回目と同じように、「持ち続けてればもっと儲かった」はずでしたけど、僕は大物狙いをせずに確率を上げることで、今まで勝ってきたので、悔しい部分もありますが、今の手法を変える考えはありません。

2017年5月12日本日の収支+5,152円

1日1万円が目標の「トレード日記」なのに、今日は届きませんでした~。

本日の収支は、+5,152円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

おすすめ記事

  1. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験

  2. 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った

  3. 暗号通貨(仮想通貨)はじめの一歩!取引所の選び方

  4. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】

  5. 一週間ぶりに自分らしいまともなトレードができた

トレード日記

  1. 素直な相場を普段通りにトレード

  2. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし…。でも、なんとか挽回に成功

  3. 僕の得意なパターン。チャートが示した転換点に素直に乗った

  4. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

  5. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

TOP