目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました

2017年5月23日(火)

今日はいつにも増して刺激のないトレードでした(笑)
エントリーしたのは1回だけ、しかも、目標額の半分にも満たない冴えない1日でした。

この後、ヨーロッパ時間まで待てば、それなりに動きが出るのかもしれないですけど、他の仕事もあるので、今日はもう諦めることにしました。

下(↓)のドル円の1分足チャートが、僕が見ていた時間帯のものです。
チャートをパッと見た感じでは、左の下の方からてっぺんまで計20pipsぐらい上げてるので、「この上昇局面で取れたのでは?」と思うかもしれませんよね。

でも実際には、移動平均線が沢山走っている中を、各移動平均線に当たるたびに押し戻されながら、フラフラと上がって行ったので、この局面で大きくpipsを稼ぐのはかなり難しかったと思います。

2017年5月23日ドル円の1分足チャート

で、ようやくエントリーできたのが、最後のMAを上抜いて来て、すこし戻されたけどMAとサポレジラインで踏み止まった場面。
ココが今日、唯一のエントリーでした。利益確定したのはすこし前の高値に引いたサポレジラインに当たって、戻されたところです。

この段階では、それなりにボラもあったので、この後チャンスはいくらでもあるように感じてたんですが、その後は予想に反して相場が静まり返っちゃいましたね~。

ただ、チャートの赤い○で囲ったポイントは、今思うとロングで入っておくべき場面だったと思います。
この時は入るべきかどうか迷ったんですけど、1分より長い時間足がどうも先の展開が読めなかったのと、黄色の75MAを割った後、再上昇できない感じにも見えたので、結局、躊躇してしまいました。
もし入ってれば、どこででも利食えてましたね。

2017年5月23日本日の収支+4,651円

躊躇した時に限って、思っていた方向に相場が動くというのも、いつものことです。
ということで、ひたすらじぃ~っとチャートを眺めてただけの、まったくパッとしない1日でしたけど、レンジ相場に引っ掛かかって損切りばかりさせられるよりは、プラスで終われただけまだマシかもしれません。

本日の収支は、+4,651円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  5. 5

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  6. 6

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  7. 7

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  8. 8

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  9. 9

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. 東京時間らしい読みやすい値動き

  2. ボラなし相場のまま時間切れ、「トレード日記」の目標額に届かず終了

  3. レンジ相場に付き合わされ長期戦に

  4. FXは教科書的な相場を選ぶべき【勉強すれば誰でも勝てるから】

  5. PCなしでFXはできるか?僕はスマホとタブレットでもトレードする

TOP