トレード日記

目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし…。でも、なんとか挽回に成功

目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功

2017年5月25日(木)

1日1万円を目標にしてる「トレード日記」ですけど、毎日トレードして、毎日確実に1万円を稼ぐというのは、自分で言うのもなんですが、相当難しいことです。

仮に、「2日大勝ちしたら1日大負けしていい」というならその方が簡単だと思います。
でも、毎日コンスタントに1万円というのは、プロトレーダーの中でも出来る人はそう多くないと思います。

マーケットの動きは毎日、毎時間違うので、それに合わせて色んな知識やテクニックを駆使して、なんとか帳尻を合わせなければなりません。

当然、読みが外れることも多々あります。
大きな損切りをさせられることも、しょっちゅうです。

今日も、途中で大きなロスカットをしてます。
しかも、長い含み損の時間を耐え、ようやく1日の目標額に達した直後のトレードで、そのほとんどを吹っ飛ばしてしまいました…。

メインの口座でのトレードだったら、この時点で止めるか静観してたと思いますが、「トレード日記」ではやはりプロトレーダーとして、「いいところを見せたい」という気持ちもあるので、頑張ってトレードし、なんとか取り戻すことができました。

下(↓)の画像がその時のドル円の1分足チャートです。

2017年5月25日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーは、迷いませんでした。
移動平均線の束をレートが下から上に抜け、一度戻って来たところ。これは多くの場合、絶好の買い場です。

で、読み通りにドルは上昇し、指しておいたリミット(指値)に、あと0.2pips(!)のところまで行ったんですが、なんとココで反転。
あっという間に含み益はなくなり、含み損を抱える展開に…。

この時の下げは強烈で、チャートの下側の水平線まで下がって来ました。
運よくこのサポレジラインに当たって上昇に転じてくれましたけど、このラインを割り込んだらロスカットするつもりでいました。

その後MAの束を抜いて来たので、「上の節まで上がるかも」と思っていたら、直後にはリミットに当たって利確。
1日の目標額の1万円を確保しました。

確保したんだからこの時に止めておけばよかったんですけどね~。

ところが、トレーダーの本能でしょう。
上昇してきたレートが、サポレジラインに当たって上昇の勢いを止められると、考えるより先に手が動いてショートしてしまうんですよね。

急上層してる真っ最中にショートをかけるわけですから、かなりの恐怖ではあるんですが、「この手」は高い確率で利益を生んでくれます。

ただし、今日はロスカットさせられました。
結果的にはダマシのブレイクだったので、ロスカットしなければ数分後にはプラ転してたことになりますけど、この場面はゼ~~ッタイに損切りしないといけません。

「絶対、絶対、絶対にです!もしこの場面で損切りをためらうトレーダーは、必ずいつか破滅します」

なので、僕も当然のことながら損切りしました。
が、直後に「これはダマシだったな」と分かったので、すぐさまショートを入れ直し、ロスカット分をかなり取り戻せました。

2017年5月25日本日の収支+10,356円

上(↑)の売買履歴の最後の方のスキャルピングは、単に目標額を達成する為のトレードです。
レートがサポレジの下近辺にいたので、理屈ぬきにショートで入っています。

本日の収支は、+10,356円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
  2. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転! 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ…
  3. 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦 買えば下がる…売れば上がる…。目標額確保…
  4. トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法 トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法
  5. 真空地帯はほぼプライスアクション 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション
  6. チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした
  7. 上手く乗りこなせたけど危険なトレード 無欲に上手く乗りこなせたけど危険なトレードでもあった
  8. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと
  2. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場
  3. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?
  4. 危うく往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた
  5. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了 ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了
  6. 米軍のシリア攻撃と雇用統計でpipsを稼いだ 米軍のシリア攻撃と雇用統計でPIPSを稼いだ
  7. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常的なトレード サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード
  8. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした
  9. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  10. 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに… 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確 FOMC前の膠着相場はコツコツと利確

ピックアップ記事

  1. 未熟な僕でも勝てる手法
  2. 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  1. ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入
  2. トレード日誌が学習能力を高める!
  3. プロトレーダーが実戦で使っているFX会社
  4. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた
  5. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  6. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し
PAGE TOP