なぜ!?DMM FXの審査に落ちた!プロトレーダーの辛いところ

2017年6月1日(木)

今日は、「トレード日記」用のトレードをしようとチャートを開いたところ、たまたま分かりやすいカタチだったので、即エントリーし、トータル10分ほどで1日の目標額1万円に達しました。

いつものように pips はしょぼいんですが、10分で1万円だったら「時間対効果」的にも悪くないと思います。
で、あまりに早く「トレード日記」用のトレードが終わってしまったので、どうしようかと思ってたら、メールボックスに一通のメールが…。

僕が何日か前に申し込んでいたDMMFXの口座開設に関するメールでした。
そこにはなんと、

弊社取引口座開設審査基準により審査させていただきましたが、今回は残念ながら取引口座開設を見合わせていただくことになりました。何卒、事情をご賢察のうえ、ご了承くださいますようお願い申し上げます。

ん…?
最初はなにかの間違いだと思いました。
今まで海外のFX業者を含め、主だったところはほとんど口座開設していて、たまたまDMMFXだけまだ持ってなかったので申し込んでみたんですが…。

ちょっとビックリです。
こんなことってあるんですね~。
それにしても、他の業者はすんなりと口座開設できたのに、DMMFXだけダメだった理由が逆に気になります(笑)。

考えられる理由としては、彼らは自社のディーリングルームを持っているDD方式なので、顧客の注文をインターバンク市場に直接流さずに自分たちでカバーするので、僕のようなプロトレーダーと相対したくないのかもしれません。
まぁ、仕方ないですね~。勝っているトレーダーを日本のFX業者は歓迎しませんから。

では、今日のトレードの解説です。
冒頭でお話ししたように、目標額までたった10分のトレードでしたけど、それぞれのエントリー&エグジットにはそれぞれの根拠があります。
下(↓)のドル円の1分足チャートをご覧ください。

2017年6月1日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーは、111円ちょうどのサポレジラインにレートがファーストタッチしたところです。
この「トレード日記」を頻繁に見てくれてる方なら分かると思いますが、

僕はサポレジラインに最初にタッチしたところで、ほぼ確実に逆張りでエントリーしています

理由は、「買い方」も「売り方」も、前回の高値と安値に引いたサポートレジスタンスラインを「目標」にして売買するので、この場所で反転することが多いんです。

もちろんリスクはあります。
勢いが盛んな場面で逆のポジションを持つわけですから。

でも、逆を取られたら即ロスカットしないといけない場面なので、結局、考え得るリスクがかなり限定されます。
ということは、リスクリワードが合います。
確率論としてはリスクリワードが合うことを続けていけば、大数の法則が働き、長期的に見れば収支がプラスに収斂していくはずです。

2番目のエントリーは、サポレジラインにタッチしたあと、戻されてはいたものの、これより上位の15分足、30分足、1時間足が、それぞれか上に向かいそうなカタチをしていたので、買い下がりました。
買い下がりの目安は、上のチャート画像の黄色の75MAまでを想定していました。
言い方を変えれば、75MAを割り込むなら損切りするということです。

結果的には、運よく上にブレイクしてくれて、ローソク足が伸びきったところで利確しました。
そのあとは、確保した利益を飛ばさないように、サポレジラインを拠りどころにチョコチョコとスキャルを繰り返しました。

2017年6月1日本日の収支+14,452円

トレード自体は、普段通りで特に印象に残る場面もなかったんですが、DMMFXの審査に落ちたことが、当分忘れられない思い出になりそうです(笑)。

本日の収支は、+14,452円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

おすすめ記事

  1. 新値更新の真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション

  2. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ

  3. 【論理的FX】僕がエントリー&エグジットする際の根拠

  4. 昨日の反省を生かし相場と上手く噛み合ったトレード

  5. 動かないボラなし相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確

トレード日記

  1. エントリーから20分で終了した僕の理想的なトレード

  2. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

  3. MAとサポレジが効いてたのでFXの教科書的にトレードした

  4. 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころに確率の高いトレードをした

  5. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした

banner
TOP