トレード日記

FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確

FOMC前の膠着相場はコツコツと利確

2017年6月14日(水)

今夜のFOMCを前に為替市場はまったく方向感のない展開ですね~。
いつも言ってますけど、こういうトレンドの出ない相場は、本来は手出ししない方がいい相場です。

僕にとっても、もちろんそうなんですが、昨日も用事で「トレード日記」を休んでるので、「ちょっとでも獲れる可能性があるならエントリーしたい」と思いながらチャートを眺めてました。

下(↓)のドル円の1分足チャートを見て頂ければ分かるように、移動平均線が密集した状態で、なおかつ真横に進んでいます。
これは為替レートが上にも下にも行けない、典型的な「レンジ相場」のカタチです。

初心者トレーダーがこういった相場に手を出すと、

「買ったら下がり、売ったら上がる」

という最悪の展開になることが多々あります。
しかも、中にはそんな状態にイライラし、やたらとポジションを取りまくる「ポジポジ病」にかかってしまう人もいるかもしれません。

なので、トレードしないに越したことはないんですが、あえてエントリーするとしたら、下のチャート画像にプロットしたような、

「少しのサヤをコツコツ抜く」

スタイルが最も適しているように思います。
レンジ相場で長く持っても、どうせ戻って来てしまいますからね。

2017年6月14日ドル円の1分足チャート

ということで、今日は小さな利幅を確実に獲っていくトレードに徹しました。
その結果、1日の目標額に達するまでに、いつもよりトレード回数は多くなっています。

最初のエントリーは、赤いサポレジラインから反発上昇したローソク足が、密集した移動平均線にぶつかったところです。
この段階の5分足と15分足のカタチが、なんとなく下に行きそうだったので、

「ローソク足が移動平均線の束まで上がってきたら逆張りでショートしよう」

と待ち構えてました。
利確は本当はサポレジでしたかったんですけど、その手前ではね返されたので粘らずに確定しました。

2番目のエントリーは、長期足のカタチから僕自身の「目線が下」だったので売り上がりました。
途中、含み損になってますが、MAの束を超えない限りロスカットするつもりはありませんでした。
ただし、含み損からのプラ転なので、安全の為にいったんチャラ逃げしています。

3番目のエントリーは、その続きといった感じでショートし直しました。
で、サポレジラインに当たったところで利確したんですが、「まさかその直後に大きく下にブレイクするとは!」

通常の相場ならブレイクを期待してポジションを持っておく場面でしたけど、「今日はレンジが続くだろう」と思ってさっさと利食ったら、完全に読みが外れましたね。

2017年6月14日本日の収支+10,737円

最後の2つのトレードは、急落からの逆張りでなのでリスクも高かったんですが、「FOMCを前にレートが一方方向に走る可能性は低い」と判断しロングで入りました。
もっとも、強い反発も信じてなかったのでスキャルピングで細かくpipsを稼ぎました。

本日の収支は、+10,737円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた
  2. 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた
  3. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った
  4. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  5. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転! 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ…
  6. 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに…
  7. 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確 動かない相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確
  8. ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。 忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセンR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!
  2. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  3. 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  4. 僕がFXにスイングトレードが適さないと思う理由 僕がFXにスイングトレードが適さないと思う理由
  5. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退
  6. プロトレーダーは単純作業を繰り返す プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  7. 未熟な僕でも勝てる手法 未熟な僕でも勝てる手法
  8. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要! 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!
  9. レンジ相場でイースター前。危険なのでトレードせず レンジ相場だし、イースター前なのでトレードせず
  10. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】 OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術 FXで「負けない」ことと「利益を伸ばす」こととは完全に別の技術

ピックアップ記事

  1. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた
  2. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった
  3. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!
かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた
  1. 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保
  2. プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  3. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功
  4. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場
  5. 教科書的な損切りと利確で目標額を確保
  6. XM詳細解説
PAGE TOP