トレード日記

NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード

NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード

2017年6月15日(木)

昨夜9時30分からのドルの急落はすさまじかったですね~。
普段その時間にチャートを見ることはほとんどないんですけど、FOMCを前にレートがどう動くか興味があったので、たまたまチャートを見てたんです。

そしたら、予想外に9時30分の指標発表でいきなりの暴落…。
FOMCを控えてるので、経済指標にそこまで反応しないかと思ってたんですが、とんでもなかったですね。

それより、ポジションを持ってなくて良かったです。
僕が基本的に東京時間しかトレードしないのは、こういうことがあるからなんですよね。

経済指標とか要人発言とか、なにが起こるか予想できないし、チャートが機能しない状態ではなにを拠りどころにトレードしていいか分からないですから。

で、今日のトレードです。
下の画像が、僕がトレードしてた時間帯のドル円の1分足チャートです。

2017年6月15日ドル円の1分足チャート

昨夜の急落のあと、深夜3時のFOMCで利上げが発表されたことで、下げた分の3分の2ぐらい戻して東京市場に帰ってきました。
今朝はいつもよりボラティリティはあった方ですが、まぁ、東京時間は普段と変わらない相場でしたね。

なので、僕のトレードもまったくいつもと変わりません。

最初のエントリーは、上昇してきたレートが赤いサポレジラインと黄色の75MAと緑の100MAに当たったところで逆張りのショートをしてます。

「節」となりそうな条件が3つも重なる絶好のチャンスだったので、この数分前から

「まだ我慢しろ!もっと引き付けろ!」

と、はやる気持ちを抑えながら仕掛けるタイミングを待ってました。
結果から言うと、この最初のトレードだけで1日の目標額の1万円に届きました。
仕掛けのタイミングも、利食いのタイミングも珍しく完璧でした。

が、しかし、これもよくあるパターンなんですが、上手く行ったトレードのあとは下手なことをしてしまうんです。

2番目のエントリーは、反発してきたレートが75MAを超えて来たことを理由にロングで入りました。
ただ、1回目のトレードの根拠3つに比べて、今回はひとつしか根拠がないにもかかわらずエントリーしてしまったんです。

その分、ポジションサイズはすこし小さくしてるんですが、やっぱり良いトレードをしたあとの「驕り」があったのでしょう。
こういうことをやると、必ず「マーケット様」から罰が与えられます。
この慎重さに欠けるエントリーは、ロスカットで終わりました。

最後のトレードは、これも実はあまり褒められたトレードではないです。
直前のロスカット分を取り戻したいという「邪心」が、エントリーのタイミングを狂わせています。

本来は、もっと反発してくるところを引き付けて「売り上がる」のがベストなんですが、反発を待たずに仕込んでしまったので、結果、含み損の時間が長くなってしまいました。
利確については完璧で、決済した位置を転換点にして、このあとドル上昇していきました。

2017年6月15日本日の収支+12,178円

ということで、今日は最初のトレード以外は「やらなくていいトレード」でした。
上手なトレードのあとほど、気の緩みから「下手をうちやすい」ということを改めて認識させられました。

本日の収支は、+12,178円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  2. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた
  3. 真空地帯はほぼプライスアクション 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション
  4. ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。 忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセンR…
  5. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた
  6. 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  7. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  8. ドルが急落してたので売っただけ ドルが急落してたので素直に売っただけ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  2. 僕がFXで勝てるようになるまでに要した勉強時間 僕がFXで勝てるようになるまでに要した勉強時間
  3. XM(エックスエム)・レポート【特徴と口座開設方法】 XM詳細解説
  4. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
  5. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった
  6. 4ヵ月ぶりに負けました〜 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  7. あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方
  8. FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確 FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
  9. 連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退
  10. ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】 正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

ピックアップ記事

  1. トレード日誌が学習能力を高める!
  2. ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。
  3. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了
フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転
  1. 未熟な僕でも勝てる手法
  2. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  3. 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦
  4. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!
  5. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し
  6. ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。
PAGE TOP