トレード日記

サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい

サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい

2017年6月19日(月)

FXに限らず、ダウ先物でも225先物でも、僕がトレードする際の根拠にしてるのは、サポートレジスタンスライン(水平線)と移動平均線です。

前回つけた高値と安値に引いたサポレジラインは、レートが方向転換する可能性が非常に高いポイントです。
また、移動平均線も同じように「節」となることが多く、特に4時間MAや75MAといった「メジャー」な移動平均線ではその傾向が強くなります。

一方、サポレジと移動平均線以外を頼りにトレードするケースとしては、「ドルが強かったので、ただ後を追いかけた」「真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション」で書いたように、ローソク足の動きを見て判断するプライスアクションがあります。

ただし、プライスアクションはマーケットに明確な方向性がある時は有効ですが、あくまで「勘」なので、よほど自信のある場合以外、基本的には使いません。

トレードとは、先のわからないものに対して「賭ける」行為なので、根拠が曖昧な勘に頼らず、過去の事例(チャート)が確率の高さを証明している場面でのみエントリーすべきです。

今日のトレードは、その「可能性が高いと考えられる場面」だけでエントリーしています。
下の画像は今朝のドル円の1分足チャートと売買譜です。

2017年6月19日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーは、ずっと上昇してきたレートが、長い陰線をつけて急落してきた場面です。
本当は、赤いサポレジラインまで下がってくるのを待って買いエントリーしたかったんですが、黄色の75MAがすぐ上を走っていたことから、「サポレジまでは下がらないかも」と思い、75MA付近から買い下がりました。
利確は、ちょっと早かった気もしますが、急落直後だけに早めに逃げることにしました。

その次のトレードも、狙っていた通りサポレジラインまで下がって来てくれたので、ロングで入っています。
ただし、黄色の75MAと緑の100MAを割って来たことが気になったので、長めの陽線が止められたところで利益確定しました。

最後のエントリーも、やはりサポレジラインまで下がったところでロングしています。
このトレードの利幅が、先の2回よりも小さくなっているのは、ローソク足のカタチが徐々に上値を切り下げてきていることと、75MAと100MAを完全に下回ってきたことから、「下方向へのリスク」が高まってきていると判断した為です。

最初のトレードでエントリーした時点では、「絶好の押し目買いのチャンス」といったチャートだったのですが、その後の値動きの経過から下方向へ「形勢逆転」の可能性が出て来たので、あとの2回のエントリーは、それを意識しつつのトレードとなりました。

2017年6月19日本日の収支+13,302円

サポートレジスタンスラインが常に効くというわけではありませんが、「効く確率が高い」ことは間違いありません。
今日もいつもと同じように、その確率が高いことだけを繰り返しました。

本日の収支は、+13,302円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  2. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落! ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  3. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確 FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確
  4. 往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた 危うく往復ビンタを食らいかけたけどなんとか逃げ切れた
  5. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた
  6. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった
  7. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ
  8. 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに 雇用統計のFXトレード「プランB」で30万円のプラスに

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 巧くないトレードだけど運が良かったので pips は稼げた 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
  2. 一応プラスだけどトレードが下手過ぎたので解説は控えます 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます
  3. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた
  4. レンジ相場に付き合わされ長期戦に レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  5. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】 OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  6. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  7. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  8. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし…。でも、なんとか挽回に成功 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功
  9. 買えば下がる…売れば上がる…。目標額確保まで大苦戦 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦
  10. 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了 ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了

ピックアップ記事

  1. 上手く乗りこなせたけど危険なトレード
  2. 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  3. ナンピン厳禁は思考停止【戦略的買い下がりで勝率は格段にアップする】
大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  1. FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
  2. プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  3. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  4. 正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】
  5. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード
  6. 相場と上手く噛み合ったトレード
PAGE TOP