トレード日記

WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

2017年6月29日(木)

今日は用事があってFXのトレードが出来ないので、おととい仕込んでおいて昨日利確したWTI原油先物のトレードを紹介したいと思います。

僕は基本的に、FXの短期トレードと現物株の高配当銘柄の長期投資を「2つの柱」にしているんですが、それ以外にも、たまにダウ先物、225先物、原油先物などを手掛けることがあります。

ちなみにダウというのは、ニューヨーク証券取引所に上場している主要30銘柄の平均株価のことで、225というのは東京証券取引所に上場している主要225銘柄の平均株価、いわゆる日経平均と呼ばれているものです。
で、それらの先物、つまり指数(現物ではなく単なる数字)の取引をしているわけです。
かなり端折った説明ですみません…。

これらのトレードををする際には、自分なりのルールがあって、必ず相場が数日から数週間にわたって急落したあとにエントリーするようにしています。

なぜかというと、これらの「銘柄」は、値動きやスプレッドの厚さから、FXのようなデイトレードやスキャルピングトレードには向かないと僕は思っていて、その結果、スイングトレードという数日ないし数週間程度保有するトレードスタイルが適している、ということがあるからです。

数日から数週間の保有を前提にポジションを取るのであれば、エントリーの条件となる「押し目」も、数日から数週間の動きをもとに判断するべきだと考えるのが妥当です。

なんて説明すると難しく聞こえるかもしれませんが、要は、

「数日かけて下がった相場なら、値を戻すのにも数日かかるだろう」

ということです。

もちろん、高値を追って利益を上げるスイングトレーダーもいるので、僕のやり方がすべてではありませんが、僕の普段のFXのトレードがそうであるように、「下がって(上がって)来たところを待ち伏せして逆張りする」トレードが得意なので、スイングトレードでも同じような考え方でエントリーする場面を考えています。

で、ここ数日のWTI原油先物の値動きが、まさにその条件にハマる状況だったんです。
下(↓)がその日足チャートです。
ね、入りたくなるカタチだと思いませんかぁ?

WTI原油先物の日足チャート

上(↑)の黄色で囲んだ部分を拡大したのが、下(↓)の15分足チャートです。

WTI原油先物の15分足チャート

普段FXをするようにはずっと張り付いていられない相場なので、FXトレーダーから見れば、「エントリーのタイミングも、エグジットのタイミングも雑だなぁ」と思われるかもしれません。
僕もそう思います(笑)が、トレード期間が長くなればなるほど、底で買って天井で売ることが難しくなるものです。

一番上の日足チャートを見ても、まだまだ反発しそうな気もしますし、単なる下げ基調の中の小反発のようにも見えます。
いずれにせよ、これだけの急落のあとだけに、数ドル程度反発する可能性がかなり高いと判断しエントリーしました。
また、下(↓)の売買履歴にあるように、一度に全部買わず、細かくロットを分けて「買い下がり」ながらポジションを作っています。

利確はチャートのカタチよりも額面で決めました。
結果から言うと、原油価格はこのあといったん下値を試し、再度上昇して僕が売った値段の少し上まで戻って来ています。

ということで、今日は原油先物のトレードをお見せしました。
トレードスタイルに多少の向き不向きはあるかと思いますが、基本的なトレードの考え方はFXと同じです。

本日の収支は、+100,235円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. 上手く乗りこなせたけど危険なトレード 無欲に上手く乗りこなせたけど危険なトレードでもあった
  2. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった…
  3. 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した 含み損に耐えながらワンチャンスを逃さないよう集中した
  4. 勝ちはしたけど、まだまだ青いです...。 勝ちはしたけど、まだまだ青いです。トレードは難しい……
  5. リズムには乗れてないけどボラがあったので短時間で終了 リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了
  6. チャートが示した転換点に素直に乗った チャートが示した転換点に素直に乗った
  7. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  8. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転 フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ショートしたい場面だったのでロングした? ショートしたかったのでロングした?
  2. 待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに… 待つことが出来ればもっと楽に勝てた相場
  3. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
  4. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  5. 雇用統計のFXトレード「プランB」で30万円のプラスに 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
  6. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  7. なぜ!?DMMFXの審査に落ちた! 今日もいつものトレード。それよりDMMの審査に落ちたことがショック...
  8. MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした MAとサポレジが効いてたので教科書的にトレードした
  9. 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました 久しぶりなので1回だけのトレードで終了しました
  10. 日本円の「一弱」に素直に従った 円の「一弱」に素直に従った

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常的なトレード サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード

ピックアップ記事

  1. サポレジとMAが効いてたのでリズムの乗れた
  2. FX DD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い
  3. 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
  1. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  2. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  3. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退
  4. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた
  5. マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました
  6. 上位足を見ながらダマシを回避して行った
PAGE TOP