WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

2017年6月29日(木)

今日は用事があってFXのトレードが出来ないので、おととい仕込んでおいて昨日利確したWTI原油先物のトレードを紹介したいと思います。

僕は基本的に、FXの短期トレードと現物株の高配当銘柄の長期投資を「2つの柱」にしているんですが、それ以外にも、たまにダウ先物、225先物、原油先物などを手掛けることがあります。

ちなみにダウというのは、ニューヨーク証券取引所に上場している主要30銘柄の平均株価のことで、225というのは東京証券取引所に上場している主要225銘柄の平均株価、いわゆる日経平均と呼ばれているものです。
で、それらの先物、つまり指数(現物ではなく単なる数字)の取引をしているわけです。
かなり端折った説明ですみません…。

これらのトレードををする際には、自分なりのルールがあって、必ず相場が数日から数週間にわたって急落したあとにエントリーするようにしています。

なぜかというと、これらの「銘柄」は、値動きやスプレッドの厚さから、FXのようなデイトレードやスキャルピングトレードには向かないと僕は思っていて、その結果、スイングトレードという数日ないし数週間程度保有するトレードスタイルが適している、ということがあるからです。

数日から数週間の保有を前提にポジションを取るのであれば、エントリーの条件となる「押し目」も、数日から数週間の動きをもとに判断するべきだと考えるのが妥当です。

なんて説明すると難しく聞こえるかもしれませんが、要は、

「数日かけて下がった相場なら、値を戻すのにも数日かかるだろう」

ということです。

もちろん、高値を追って利益を上げるスイングトレーダーもいるので、僕のやり方がすべてではありませんが、僕の普段のFXのトレードがそうであるように、「下がって(上がって)来たところを待ち伏せして逆張りする」トレードが得意なので、スイングトレードでも同じような考え方でエントリーする場面を考えています。

で、ここ数日のWTI原油先物の値動きが、まさにその条件にハマる状況だったんです。
下(↓)がその日足チャートです。
ね、入りたくなるカタチだと思いませんかぁ?

WTI原油先物の日足チャート

上(↑)の黄色で囲んだ部分を拡大したのが、下(↓)の15分足チャートです。

WTI原油先物の15分足チャート

普段FXをするようにはずっと張り付いていられない相場なので、FXトレーダーから見れば、「エントリーのタイミングも、エグジットのタイミングも雑だなぁ」と思われるかもしれません。
僕もそう思います(笑)が、トレード期間が長くなればなるほど、底で買って天井で売ることが難しくなるものです。

一番上の日足チャートを見ても、まだまだ反発しそうな気もしますし、単なる下げ基調の中の小反発のようにも見えます。
いずれにせよ、これだけの急落のあとだけに、数ドル程度反発する可能性がかなり高いと判断しエントリーしました。
また、下(↓)の売買履歴にあるように、一度に全部買わず、細かくロットを分けて「買い下がり」ながらポジションを作っています。

利確はチャートのカタチよりも額面で決めました。
結果から言うと、原油価格はこのあといったん下値を試し、再度上昇して僕が売った値段の少し上まで戻って来ています。

ということで、今日は原油先物のトレードをお見せしました。
トレードスタイルに多少の向き不向きはあるかと思いますが、基本的なトレードの考え方はFXと同じです。

本日の収支は、+100,235円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. 珍しくスキャルピングだけで「トレード日記」の目標額を確保

  2. 上方転換するはずがしなかったので「下目線」に。ショートで取った

  3. FXで人生を変える【再現性の高いFXなら一発逆転の可能性あり】

  4. 昨日の反省を生かし相場と上手く噛み合ったトレード

  5. なぜ!?DMM FXの審査に落ちた!プロトレーダーの辛いところ

トレード日記

  1. 硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころに確率の高いトレードをした

  2. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  3. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした

  4. なぜ!?DMM FXの審査に落ちた!プロトレーダーの辛いところ

  5. 慣れないポンド円で損切り連発。「トレード日記」で初黒星

banner
TOP