トレード日記

珍しくスキャルピングだけで目標額を確保

珍しくスキャルピングだけで目標額確保

2017年8月3日(木)

昨日は丸一日チャートを見ないで過ごしたので、今日は少し新鮮な気分でトレードすることが出来ました。
毎週土日はもちろんトレードをしてないわけですけど、マーケットが開いてる時に休むというのは、また違った感じがします。

その今日のトレードなんですが、「トレード日記」では珍しくスキャルピングだけで目標額の1万円を確保しました。

スキャルピングと一口に言っても、僕の中では2パターンあって、普段のトレード日記のトレードは「分単位のやや長めのスキャル」。で、今日のトレードの場合は「秒単位の短めのスキャル」。というふうに分けています。

僕がFXで勝てるようになったのは、今日のような「秒単位の短めのスキャル」を習得したのがキッカケでした。

秒単位のスキャルピングという手法で「負け組」から「勝ち組」に変われたのは、以下の3つの理由があると思っています。

  1. 勝率が上がる(利益確保のタイミングを逃しにくい)
  2. 損切りが早くなる(利幅も小さいが損失も小さい)
  3. 常に逃げられる体勢でいることの安心感

一方、デメリットとしては、

  1. 1回のトレードの利幅が小さい
  2. 長時間の集中力を必要とされる

といったことが挙げられます。

それぞれのトレードスタイルには、それぞれの長所と短所があるので、毎日微妙に動きのクセが変わるマーケットに、自分のスタイルを合わせることが出来れば、当然戦略の幅が広がります。

と、概念をいろいろ話してるのは、今日みたいにスキャルピングを繰り返した日は、根拠に基づいた説明がし辛いからなんです(笑)。

「超スキャル」の根拠と言われても、「あるようでないような…、ないようであるような…」。
すごく感覚的なものなので、上手く説明するのが難しいんです。

下(↓)が今朝のドル円の1分足チャートです。

2017年8月3日ドル円の1分足チャート

超スキャルの場合は、まず長めの足がどっちに行きそうかをイメージします。
上のチャートだと、下落転換の兆しが見て取れるので、僕の戦略としては「上がったところを叩く(ショートする)」と決めてました。

あっ、下落転換を予想しながら、なぜ長く持たずにスキャルなのか?と疑問に思う人も多いかと思います。
その理由は仲値です。
今朝、僕がトレードしてたのが9時台だったので、チャートは下落を示していても、10時の仲値で「一瞬上に持っていかれる」ことを考慮してスキャルピングを繰り返していたわけです。

実際、上のチャート画像でも分かるように、仲値でいったん上昇したあと、画像が切れた右側ではドル円は大きく下落転換しています。

2017年8月3日本日の収支+10,887円

それから、今日はチャート画像と売買履歴に各トレードごとに番号をふってみました。
これまでより見やすくなったでしょうか?(笑)

本日の収支は、+10,887円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線 ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
  2. ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた
  3. 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確
  4. 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました
  5. 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場
  6. 慣れないポンド円で損切り連発。トレード日記で初黒星 慣れないポンド円で損切り連発。トレード日記で初黒星
  7. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた…
  8. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます 一応プラスだけどトレードが下手過ぎたので解説は控えます

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った
  2. どっちに抜けるか見てたら上に抜けたので素直に乗った 静観してらレンジを抜けたので素直に乗った
  3. FXのレバレッジは本当に危険なのか? FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】
  4. 大きめロスカットからドテン順張り&逆張りスキャルで挽回 大きめロスカットからドテン、順張り、スキャルで挽回
  5. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し
  6. 【FX】東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  7. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  8. 巧くないトレードだけど運が良かったので pips は稼げた 巧くないトレードだけど運が良かったのでpipsは稼げた
  9. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】 OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  10. サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常的なトレード サポレジと移動平均線を頼りにするごく日常のトレード

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退

ピックアップ記事

  1. FXトレードに最適な時間軸は?【トレーダーの性格によって変わる】
  2. WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに
  3. FXで勝てない理由は恐怖心【恐怖が論理的なトレードの邪魔をする】
ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った
  1. トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法
  2. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  3. DealFX の詳細と評価【DealFXの口座を開設した感想】
  4. 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた
  5. 僕がFXにスイングトレードが適さないと思う理由
  6. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし...。でも、なんとか挽回に成功
PAGE TOP