方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった

2017年8月7日(月)

月曜日の東京時間ということで、今朝も方向感のない展開が続きました。
こういう日は、利を伸ばそうとポジションを長く持っても、どうせすぐに約定値まで戻って来てしまうので、ちょっとでも利が乗ったらその都度利確していくスタイルが合っているように思います。

また、レートが動いた方向と同じ方向にポジションを取ると、直後には逆に動き出すことが多いので、動いた方の逆側にポジションを取る逆張りの方が安全でしょう。

ということで、タイトルにあるように今日は逆張りを小ロットで何度も繰り返しながら、細かく利益を確保していきました。

それから、僕がトレードしていた時間帯は、すごくボラティリティの低い方向感のない状態でしたけど、チャートの形状としては「下落転換」もあり得るカタチだったことから、今日のトレードはすべてショートのみでエントリーしています。

下(↓)の画像がドル円の1分足チャートです。

2017年8月7日ドル円の1分足チャート

最初にエントリーした①のポイントは、サポートレジスタンスラインと青の4時間MA、さらには5分足の75MAを下に割り込むという、まさに「ショートしてください」と言わんばかりの場面でした。
なので、下(↓)の売買履歴にあるように 0.5×2 ではなく、本当はもうちょっとポジション数を増やしたかったんですが、「上がったところをさらに叩こう」と考えていたら、その前にレートが下に走ってしまいました。
利確は、ローソク足が伸びきって一瞬止まったところです。

②の一連のトレードは、レートがサポレジと4時間MAをの直下にあるという、これまた絶好のショートをかけるべき場面でした。
ただ、直前の反発がかなりの勢いだったことから、さらなる上昇を警戒して、ショートのみのスキャルピングで細かく利益を重ねていきました。

➂も基本的には②と同じ考え方です。
サポレジと5分足の75MAを長い陰線で割って来たのでショートでエントリーしました。
このポジションは素直に下げてくれたので、比較的楽に獲れました。
この時の下落の勢いなら、下のサポレジ(画像には写ってない)まで行くかとも期待したんですが、直近の安値に並んで動かなくなったので念のため利確しておきました。

チャートにプロットした最後のエントリーは、やや「勘に頼ったトレード」でした。
ローソク足のカタチや動き方から、さらに下げると感じたのでショートしました。
もっとも、すべての移動平均線の下にレートがあるので、ショート以外は考えにくい場面ではありましたが。

2017年8月7日本日の収支+11,833円

とにかく、方向感もボラティリティもなかったので、1日の目標額1万円がすごく遠く感じる「疲れる相場」でした。
そんな簡単ではない相場つきの中、なんとか大きなロスカットを食らうことなく目標額を確保できたのはラッキーでした。

本日の収支は、+11,833円でした。

※ 明日から盆休み明けまではボラティリティの出ないことが多いので、安全の為にトレードをお休みしたいと思っています。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  6. 6

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. 勝つトレードとは、知識や技術よりもトレーダーがたどり着く「心の境地」

  2. 「得意なカタチ」を待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに…

  3. XMの特徴と口座開設方法【現役トレーダーが解説】

  4. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】

  5. 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました

トレード日記

  1. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

  2. WTI原油先物が急落したのでロングでスイングしたら10万円のプラスに

  3. MAとサポレジが効いてたのでFXの教科書的にトレードした

  4. 上方転換するはずがしなかったので「下目線」に。ショートで取った

  5. なぜ!?DMM FXの審査に落ちた!プロトレーダーの辛いところ

TOP