4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了

2017年8月22日(火)

今日は4日ぶりにトレードしました。
いつもトレードする東京時間に用事で外出してたので、久しぶりにヨーロッパ時間でのトレードとなりました。

ヨーロッパ時間の相場は、東京時間に比べてサポレジを跨いで上下に行ったり来たりすることが多いので、サポレジを重要視する僕のトレードスタイルにはあまり合わないんです。

なので出来るだけ避けたい時間帯ではあるんですが、「トレード日記」のネタの為に(笑)、ちょっとだけトレードしてみました。

でもまぁ、そういった邪心でトレードするとろくなことがありません。
いきなり損切りから入る展開となり、心の中で「やっぱりな~」とつぶやいてました。

結果から言うと、今日のトレードは計2回。
成績は、1勝1敗。利益はちょいプラスというショボイ1日でした。

下(↓)の画像が午後5時ごろのドル円の1分足チャートです。

2017年8月22日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーのすこし前にチャートを見始めました。
そしたら、サポートレジスタンスラインとそのすぐ下に密集した移動平均線の束を、レートが一気に下に突き抜けるところでした。

カタチとしては、下落転換の可能性が高いので、一度戻ってくるのを待って、サポレジを目途に売り上がりでポジションを作っていきました。

ところが、意外にもあっさりとサポレジを上に抜けて行ってしまったので、いきなり損切りを考えないといけないハメに…。
サポレジを何の抵抗もなく抜けて行ったということは、「下げる時もすんなりさげるのかもしれない」と、期待したんですが、改めて上昇し始めたので結局ロスカットすることになりました。

この時、レートがサポレジやMAの束を一瞬で抜いて来たことから、ロスカットと同時にドテンでロングを仕掛けました。

ただ、確かにサポレジがすぐ下にあったので、リスクリワード的にはドテンしていい場面とも言えますが、真上には100MA、そのちょっと上には75MAが走っているという、やや危険性の高いドテンでもありました。なので、結果オーライ。単に運が良かっただけの手本にならないトレードです。
利確は、上昇がもうアップアップとなり、上ヒゲで戻されかけたところです。

このポジションが伸びてくれれば、「目標額の1万円まで行ける」と欲をかいて長めに持ち続けたんですが、ダメでした(笑)。

2017年8月22日本日の収支7,954円

ということで、今日はまったく見本になるようなトレードが出来なくて申し訳ありません。

本日の収支は、+7,954円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  5. 5

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  6. 6

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  7. 7

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  8. 8

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  9. 9

    FXのDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. 【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  2. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に

  3. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた

  4. ナンピンは厳禁ではない【戦略的買い下がりで勝率は格段にアップする】

  5. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場

TOP