教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した

2017年9月4日(月)

今日のトレードは、以前からの課題だった、

「ロスカットポイントの修正」

を実施し、結果的にそれが上手く機能してくれたトレードとなりました。

この「トレード日記」を見てくれている方はご存知のように、僕のトレードスタイルは非常にシンプルで教科書的な手法です。
難しいことは一切してません。

これは、トレードの才能がこれっぽちもない(笑)、

「自分のような人間でもなんとか勝てる方法はないか」

と、あらゆるトレード手法を試した結果、「これが一番いい」という結論に達したものです。
習得するのに多少の勉強は必要ですが、才能がなくても勝てます(笑)。

ただし、この教科書的なトレードスタイルにはひとつ欠点があるんですね~。
それは、

「ロスカットポイントが誰が見ても分かるポイントにある」

ことなんです。
あまりにバレバレなために、過去に何度も、

「強者たちのロスカット狩りの餌食」

にされてきました。
いや、それでも良いんですよ。たまに刈られたとしても、トータル収益がプラスなんですから。

でも、課題が明らかに見えているのに改善策を考えない手はありません。
というか、課題を考えることもトレードの楽しみのひとつです。

で、最近ずっと考えていた、

「一瞬、ロスカットポイントまで行き、即、反転するレート」

への対策が今日は上手くいきました。

下(↓)の画像が今朝のドル円の1分足チャートです。

2017年9月4日ドル円の1分足チャート

②のトレードがその場面です。
エントリーした根拠はサポレジへのファーストタッチだったことと、一瞬下げ止まり反発しかけたからです。

しかし、レートはするすると下げて行ってしまいます。
青の4時間MAを割り、直近安値も瞬間割り込みました。

この場面。
今までの自分なら、というか教科書的にはロスカットしないといけない場面です。

なので、ロスカットしても決して悪い手ではなく、それどころか正しい行動でもあります。

ただ、僕はこの時、

「明らかにロスカットの逆指値が集中した場所で、ロスカットの連鎖が起きている」

と判断しました。
自分以外のトレーダーの多くが、

「この辺りにストップロスの逆指値を置いている」

ことは明白でした。
だから、僕はロスカットするどころか、逆に買い増そうかと考えていたぐらいです。

結果、レートは急反発しプラ転することができました。

もっとも、本格上昇する力も無さそうだったので、薄利で逃げています。

最後にひとつ付け加えるならば、教科書的にはロスカットすべきポイントでロスカットしないということは、損失を増大させる危険性を当然ながらはらんでいます。
なので、あまりお勧めはしません。

それでも僕がこの手法を採用したのは、トレード回数をこなしていった時に、

「どちらがトータルでプラスになるかという、リスクリワードの考え方」

によるものです。
長期的な確率で勝てる可能性が高いのであれば、目先の損は怖くありませんから。

2017年9月4日本日の収支+11,914円

ということで、今日の3回のトレードの中で、最も利益の薄いトレードが、最も収穫のあるトレードでした。

本日の収支は、+11,914円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  6. 6

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. MA(移動平均線)の束を上に抜けたので主にロングで取って行った

  2. 連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退

  3. 素直な相場を普段通りにトレード

  4. 一週間ぶりに自分らしいまともなトレードができた

  5. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

トレード日記

  1. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

  2. エントリーから20分で終了した僕の理想的なトレード

  3. ドル円が急落してたので相場に逆らわず素直に売っただけ

  4. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  5. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

banner
TOP