ショートしたい場面だったのでロングした?

2017年9月12日(火)

先週の金曜日以来のトレードになります。
昨日もちょっとはチャートを見てたんですが、107円の前半を付けたあとの急反発が、単なる反発なのか、それとも本格的なトレンド転換なのかがまったく分からなかったので、チャートを無視して他の仕事をしてました。

それにしても、安値を更新した107円の前半から、109円の半ばまで一気に上げるというのは意外でしたね~。
きっとショートしてた人たちの損切りが損切りを呼んだんでしょう。
まさに「踏み上げ」といったチャートになちゃってます。

で、今朝僕がチャートを見ていた時間帯の値動きは、その強烈な上昇がどうやら一服したかな?
といった状況に見えました。

あくまで「そう見えた」というだけですけどね。
僕は驚くほど相場を読む才能が無いので、あえて相場観を作らないようにしているので。

下(↓)の画像はその時のドル円の1分足チャートです。

2017年9月12日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーの時点、この時の僕の感覚としては、直近の高値を超えられずに下げて来てたことと、ここまで2円以上急騰して来てたことを考えると、つい、

「そろそろ下落転換するんじゃないか」

と思ってしまいやすい場面です。
なので僕も気持ちとしてはショートを掛けたい気分でした。

ただですよ…。
僕の相場観はまったく当たらないんです(笑)。
で、そのことを誰よりも僕自身が一番認識してるわけです。

なので自分の相場観なんて一切アテにしてませんでした。

この局面って、けっこう「下目線」でいた人が多かったんじゃないですかね。
空想でチャートの続きを描いちゃうと、確かに下にローソク足が伸びるカタチを描いてしまいそうになります(笑)。

でも、冷静にチャートを見てください。
まだローソク足はMAを割っていません。
密集したMAの直上にいます。

ということは、この場面は絶好のロングのチャンスです。

なんて言うとカッコイイんですが、僕だって「下に行きそう」と内心は思ってましたから、ちょっとビビりながらのロングでした。

でも、自分の中の基本的なルールとして、MAの束の直上は「ロング」。MAの束の直下は「ショート」と決めているので、この場面はそのルールに従い「ロング」しただけです。

僕はよく、

「下がると思うけど買う」とか「上がると思うけど売る」

ということをよくやります。
自分の感覚よりもチャートの方が当たる確率が高いからです。

そして、レートは「思惑に反して(やっぱり…)」急上昇して行きます。
きっと、多くの人が「下目線」でいたために、ロスカットさせられた結果の急上昇だったんでしょう。

ということで、①のエントリーに関してはすごく良かったんですが、利確がまたしても早過ぎましたね~。
前回高値に並んだ時に、一瞬長めのヒゲで戻されたので慌てて切ってしまったら、その直後に急上昇して行きました(笑)。

2017年9月12日本日の収支は+15,196円

ちょっと解説が長くなり過ぎたので②と③のトレードは控えます。
というか、この2つは単純にサポレジでの逆張りです。特に考えはなく反射的な行動でした。

本日の収支は、+15,196円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

おすすめ記事

  1. XMの特徴と口座開設方法【現役トレーダーが解説】

  2. ボラなし相場のまま時間切れ、「トレード日記」の目標額に届かず終了

  3. 転換の初動に乗れたけどドルの強さを信用できず利益を伸ばせなかった

  4. トレードの教科書的なロスカットと利確で目標額を確保

  5. FXが未熟な僕でも勝てるトレード手法

トレード日記

  1. 東京時間らしい読みやすい値動き

  2. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

  3. ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開に…

  4. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  5. 方向感のない難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った

Titan FX(タイタンFX)
TOP