トレード日記

フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に

フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転

2017年10月31日(火)

今日はトレードするつもりはなく、ただ、なんとなくチャートを眺めてたんですが、見てるとダメですね~。
別に「これはチャンスだ!」とか思ったわけでもないのに、ついエントリーしてしまいました…。

で、こういういい加減なんことをすると、ほぼ確実に苦しい展開になります。

タイトルに書いた通り、危険な「ロスカット&ドテン」をするハメになっちゃいました。しかも、2回も!
ドテンって、かなりリスキーなので、極力やらないようにはしてるんですけど、今日の場合は、

「エントリーした根拠が崩れたら逆方向に走る可能性が高い」

相場だったので、あえて危険を冒してドテンを仕掛けました。
でも、これは経験とか勘が必要なので、FX初心者の方は、くれぐれも安易にドテンはしないようにしてくださいね!

で、下(↓)が今朝のドル円の1分足チャートです。

2017年10月31日ドル円の1分足チャート

東京時間らしくボラもなくフラフラと上下に行ったり来たりを繰り返してます。
このフラフラした動きが、ハッキリと「密集した移動平均線の上か下」にいてくれたら比較的やり易いんですが、チャートにあるように「何度も跨れる」と、正直お手上げです。

ひと言でいえば「やってはいけない相場」です。

ただ、今日僕がトレードを始めた時は、まだ密集したMAの下にレートがあったので、教科書通り、

「今日は売り目線でいく」

と、①のようにショートからエントリーして行ったわけです。
ところが、エントリーした直後に、根拠となったサポレジと緑の100MAを破られたので、いきなりロスカットさせられることになりました(笑)。
しかも、上昇が急だったので、思ってたロスカットポイントよりもかなり上で切らされちゃいました。

で、ロスカット直後にドテンのロングに持ち替えたわけですけど、ロスカットした根拠が、

「サポレジと100MAを同時に抜いて来たこと」

でした。
ということは、損切りすべき場面であると同時に、買うべきポイントだとも言えるので「ドテンしても良い場面」だと言えるわけです。

②のトレードについても同じことが言えます。
②のケースは、

「密集したMAの束をレートが下抜けした」

ので、ショートを仕掛けてます。
ところが、この根拠を否定するようにレートはMAの束を上に抜けたので、根拠の消滅したポジションを解消し、「MAの束を上回って来た」という新しい根拠のもとに新たにロングにポジションを持ち替えました。

2017年10月31日本日の収支+14,050円

しつこいようですが、ドテンは条件が揃わない限りやってはいけません。
僕も基本的にはドテンを想定せずに戦略を立ててます。
でないと、

「人間はロスカットさせられた心の動揺から、損を取り戻そうとドテンをしたがる」

習性があるので、損を確定した直後は特にメンタル面のコントロールが必要です。

最後の③のトレードも、エントリー直後にMAの束を割ってるんですが、75MAに支えられてたので、ロスカットせずに上昇を待ちました。

本日の収支は、+14,050円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  2. 円の「一弱」に素直に従った 日本円の「一弱」に素直に従った
  3. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに撤退 レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退
  4. 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保
  5. MAの束を上抜けたので主にロングで取って行った MAの束を上に抜けたので主にロングで取って行った
  6. リズムには乗れてないけどボラがあったので短時間で終了 リズムには乗れてないけどボラがあったので15分で終了
  7. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線 ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
  8. ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開に... ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開にR…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. FOMC前の膠着相場なのでコツコツと利確 FOMC前の膠着相場はコツコツと利確
  2. 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  3. ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る 上位足を見ながらダマシを回避して行った
  4. ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った
  5. プロトレーダーが実戦で使っているFX会社 プロトレーダーが実戦で使っているFX会社
  6. 動かない相場に苦しんだけど2時間耐えてようやく利確 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  7. 転換しかかったけどレンジに入ったので細かく利食っていった 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  8. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  9. ボラなし相場に苦しんだけど、欧州時間からは利益を出せた ボラなし相場に苦しんだが、欧州時間からは利益を出せた
  10. 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション 真空地帯はほぼプライスアクション

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要! 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!

ピックアップ記事

  1. 最初の損切りがきいて目標額に届かず時間切れ終了
  2. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  3. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
遅ればせながら暗号通貨の取引を開始しました!
  1. 海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】
  2. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  3. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  4. 一週間ぶりのまともなトレード
  5. FXとは?初心者にもわかりやすく解説!
PAGE TOP