FX基礎講座

FX業者によって異なるDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違いとは?

DD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違いとは?

みなさんは、FX業者が顧客から「ドル買い円売り」や「ユーロ買いポンド売り」といった通貨の売買注文を受けた際に、2つの異なる方式によって注文を処理していることをご存知でしょうか?

一般のFXトレーダーが、そこまで意識してトレードする必要はないのかもしれませんが、知識のひとつとして知っておくのも良いかと思います。

その2つの方式とは、DD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングデスク)方式と呼ばれるものです。

通貨はインターバンク市場で取引される

通常、為替市場といえば、銀行間で通貨が取引されている「インターバンク市場」を指します。

よくニュースで、「為替市場、ドル円は現在1ドル○○円○○銭から○○銭で取引されています」というのを耳にします。
この為替レートは、インターバンク市場で取引されているレートのことです。

なので、「為替市場=インターバンク市場」、「為替レート=インターバンク市場で取引されているレート」、と考えてください。

インターバンク市場に直接注文を流すNDD方式

このインターバンク市場に顧客からの注文を直接流すのがノンディーリングデスクと呼ばれる方式で、自社ではディーリングデスクを持たないという意味です。
略してNDD方式と言います。

インターバンク市場に直接注文を流すNDD方式

NDD方式を採用しているのは主に海外のFX業者に多く、僕のお気に入りのXMなんかもNDD方式です。

これらのFX業者は、ビジネスの仕組としては株を扱う日本の証券会社とまったく同じです。
取り次ぐ先が、ニューヨーク証券取引所や東京証券取引所なのか、あるいはインターバンク市場なのかの違いだけです。

一言でいうと、純粋な手数料商売ということになります。
手数料しか収入源のないNDD方式の業者にとっては、顧客に儲けてもらって取引を継続してもらうことが、彼らの利益に繋がります。
要するに客であるトレーダーと、その取引を仲介するFX業者の利害が一致しているわけです。

なので、NDD方式のFX業者では、顧客のトレード技術を向上させようと、頻繫にセミナーなどが開催されているんです。




自社にディーリングルームを持つDD方式

これに対し、顧客からの注文を直接インターバンク市場に流さずに、自社所有のディーリングルームで処理する方法をディーリングデスク方式、略してDD方式と呼びます。

自社にディーリングルームを持つDD方式

具体的にどのように注文を処理しているのかというと、例えば、

「100万円分のドル円の買い。つまり、100万円を売って、その分のドルを買いたい」

という注文が入ったとします。
もしNDD方式の業者ならインターバンク市場に注文を流すだけですが、NDD方式の業者では、自社のディーリングデスクがこの顧客の注文に対し、

「手持ちの100万円分のドルを渡して(売って)、顧客の円を受け取る(買う)」

ことになります。
つまり、業者側は、顧客が取ったポジションの「反対側」のポジションを持つことになり、客がドルを買い持ちしたのなら、業者側はドルを売り持ちしたことになります。

もちろん、この顧客から受けた注文を、ディーリングデスクがさらにインターバンク市場に流してカバーすることもあり得ますし、あるいは元々ドル・ロング(ドルを買い持ち)していて、その一部を顧客に「融通」する場合もあるかもしれません。

なので、一概に「顧客の取った全ポジションの反対側に立つ」とは必ずしも言えないものの、基本的には顧客である一般のトレーダーの逆側のポジションを「持たされる」ことが多いと考えられます。

顧客の損が会社の利益になる?DD方式

ではなぜ、わざわざ自社でディーリングデスクを持つDD方式のFX業者が存在するのか?

一般のトレーダーが出す注文は、彼らがドルが上がると思ったからドルの買い注文を出し、ユーロが下がると思ったからユーロを売る注文を出したはずです。
その反対側のポジションを持つということは、不利な側に立つことにならないのか?

ところが、実際にはそうはならないんです。
ご存知のように、FXの世界は新規で参入したトレーダーの90%が半年から1年以内に資金の大部分を失い撤退を余儀なくされる厳しい世界です。

要するに、ほとんどのトレーダーは儲けることができずに損ばかりしているわけです。
ということは、その損ばかりしている人たちが取ったポジションと、反対のポジションを持っているFX業者にとっては、「客の損が自分たちの利益」になるということなんです。

表現を変えれば、DD方式のFX業者とは、カジノ業者のようなものです。
中には大勝ちするトレーダーやギャンブラーもいますが、その他のほとんどの人たちは負けるので、トータルとしては業者に利益が残るというわけです。

DD方式のFX業者とは、カジノ業者のようなもの

また、相場が急変した際にリクオートや約定拒否といって、トレーダーの出した注文が通らず、意図したレートで決済されないケースが報告されているのもDD方式のFX業者に見られる傾向です。
一説では、「ここで客に決済されては会社側の不利益になる」と判断された場合に、約定が拒否されるケースがあるとも言われていますが、定かではありません。

ではDDとNDDのどちらを選ぶべきか?

以上の話しから、客の損が会社の利益になるDDよりも、客と利害が一致しているNDDのFX業者に心情的にも好意を持ってしまうのは、僕だけではないと思います。

しかし、じゃあNDD方式の業者を選んでFXをすれば良いのか?
というと、ことはそう単純ではないんです。

なぜなら、純粋に手数料商売に専念しているFX業者は、そのビジネスの構造上、どうしても手数料、つまりスプレッドが高くならざるを得ないんです。

それに対して、手数料以外にも客の損で儲けている(言葉は良くないですが…)DD方式のFX業者は、NDD方式の業者よりもかなりスプレッドを安く設定しているのが実情です。

この辺りの現実をどう判断するのか?
難しいところではありますが、僕の場合はどちらにも長所と短所があるので「両者を併用する」ことで妥協しています。

具体的には、少額かつ超短期のスキャルピングにはスプレッドの低いDD方式の国内FX業者を使い、やや金額が大きくて長めに持つトレードには、NDD方式の口座を利用しています。

結局、トレーダーにとっての損得という立場から見たときに、どこのFX業者が自分にとって最も都合が良いのか、感情を捨ててその一点に絞って業者を選ぶべきだと思います。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXM( https://www.xmtrading.com )です。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
今なら、コチラから口座を開設するだけで投資用資金3000円がもらえます!
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダ( https://www.oanda.jp )です。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  2. FXとは?初心者にもわかりやすく解説! FXとは?その仕組みや特徴を初心者にもわかりやすく解説!
  3. 「買い下がり」に「売り上がり」でポジションを作るとは? 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは?
  4. 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは? 東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?
  5. ストップロス(損切り逆指値)はココに置け! ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落! ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  2. ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了 ボラなし相場のまま時間切れ、目標額に届かず終了
  3. NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード NYでドルが急落したが東京時間はいつも通りのトレード
  4. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
  5. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保
  6. 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  7. ドルが急落してたので素直に売っただけ ドルが急落してたので売っただけ
  8. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  9. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと
  10. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

仮想通貨はじめの一歩取引所の選び方

おすすめ記事

  1. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ

ピックアップ記事

  1. いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった
  2. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした
  3. 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退
大きめロスカットからドテン、順張り、スキャルで挽回
  1. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  2. 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
  3. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  4. 動かない相場に苦しんだが2時間耐えてようやく利確
  5. ドルが突如急落してきたので待ち伏せして逆張りで獲った
  6. FXのレバレッジは本当に危険なのか?
PAGE TOP