コラム

FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

僕がまだFXで負けてばかりいた頃、勝てるようになる為には「負け組」と「勝ち組」とを隔てる「見えない境界線を越える必要がある」と考えていました。
でも、コンスタントに勝てるようになった今、結論から言ってしまうと、そんな明確な境界線は僕の場合ありませんでした。

具体的に言うと、勝てるようになる前段階として「負けなくなった」ことが一番大きな変化で、その後は「ごく自然に、気が付いたら勝っていた」というのが、最も的確な表現だと思います。

FXは、「勝ち組」に入る前に必ず皆「負け組」からスタートする

FXは、「勝ち組」に入る前に必ず皆「負け組」からスタートする

トレーダーはみな敗北からそのキャリアをスタートします。
最初のトレードが運良く勝ちトレードだったとしても、それはただの偶然で、ラッキーが何度も続くことはありません。

プロトレーダーを志すすべての人が、トレードという冷たく厳しい世界で、敗北感、挫折感、絶望感を、幾度となく経験します。
そもそもトレードの世界とは、そういうものなんです。

僕自身がそうでした。
15年ほど前、株の取引きから「トレード人生」のスタートを切った僕は、何年もかけて貯めた投資資金をほんの数か月で全部溶かし、また数年間をかけて資金を貯めては、また全部溶かし、ということを繰り返しました。

たまに出会うごくわずかな「勝ち組」トレーダーの人から話を聞いても、ほとんどの人は過去に手痛い敗北を経験しています。

トレーディングという行為自体が、人の本能のままに行動すると損をするように出来ている以上、学習が不十分なトレーダーがみな損をするのは必然なんです。

でも、そんな負けてばかりのトレーダーの中から、負ける辛さと猛勉強の苦しさを耐え抜いた、ほんの一握りの勝者が確実に生まれます。

FXの場合、自転車や水泳のように「出来た!」という明確な境界線はない

自転車や水泳のように「出来た!」という明確な境界線はない

僕はトレードで負けてばかりいた頃、

「これだけ勉強して、これだけ経験も積んで、それでも勝てないんだから、実際に勝ってる人って、もしかするとちょっと頭がおかしいんじゃないか」

なんて思っていたこともありました。
そうでも思わないとやってられないというか、とにかく自分には「勝ち組」トレーダーたちの手法や感性が想像すら出来なかったんです。

なので、あくまで想像の世界として、

「もし、自分が勝てるようになるとしたら、きっと自分の中で、何か画期的な発見や革新的な成長があって、負けていた頃の自分と比較して想像を絶する進化を遂げた時」

に初めて勝てるようになる、なんとなくそんな風に思ってました。
例えて言えば、子供が自転車に乗れるようになった瞬間や、泳げるようになった瞬間に似て、「出来た!」とか「つかんだ!」といった明確な境界線があるように想像していたんです。

ところが、現実にはそんなドラマティックな「瞬間」は、僕の場合ありませんでした。

勝てるようになる前段階として「負けなくなった」

勝つ前段階として負けなくなった

僕がある種の「変化」に気付いたのは、毎日欠かさず付けていたトレード日誌でした。

負けてばかりいた当時、僕はトレード日誌を付けるのが嫌いでした。
付けるたびに、失ってしまった金額と、いつまで経っても成長しない自分と向き合わなければならないからです。

ノートを見るたびに、「もう諦めた方がいいんじゃないか」「もう十分頑張ったじゃないか」と、現実を受け入れろと上の方から言われてる気がしてました。

でも、一方では「トレードが巧くなりたい」「ここで諦めたら今までの苦労が水の泡になる」そんな思いから、トレードを諦め切れずにいたんです。

そんなある日、ふと「ある異変」に気付きました。
それまでの僕のトレード成績は、連敗→1勝→また連敗、といった感じで、たまに勝つ日はあっても、単に運によるものなので、「勝ちが続く」ということがほとんどなかったんです。

ところがある時、勝ちが2回続いたんです。
ただ、自分としては、「たまたまそうなっただけだろう」と特に気にも留めませんでした。

なにせ、僕自身は連勝したこの時も「相変わらず下手なトレードばかりしてるな~」と進歩しない自分に嫌気がさしていたからです。
実際、珍しく連勝した翌日のトレードは負けだったので、「やっぱりな。連勝は運が良かっただけだ」と、妙に納得したりしていました。

ところが、連勝→1敗の後、また連勝したんです!
これには驚きました。
直近の5日間を見れば、4勝1敗じゃないか!

でも、それまで負ける苦しみしか味わった経験のなかった僕は、「いや、やっぱりたまたま幸運が続いただけだ」と、そんな風に捉えてました。

明らかな変化は、それからでした。
損切りの回数は以前とそれほど変わらないんですが、1日トータルではほとんど負けなくなったんです!

ここが重要なポイントです。
1回1回のトレードは相変わらずけっこう負けます。損切りもしょっちゅうします。

「でも、1日のトータルでは負けなくなった」

不思議な感覚でした。
先にも書いたように、自分がトレーダーとして成長する時は、ある種の劇的な変化が自分の中で起こるものと想像してたのに、現実には何も起こらないまま、以前と同じように下手なトレードを繰り返している(自分ではそう思っている)過程で、

「成績だけが、ある一線を越えたんです!」

なんとも説明のしにくい現象でした。
自分ではぜんぜん納得のいくトレードが出来てるわけではないにもかかわらす、負けないんですから。

これ以降も連勝は続きました。
というか、ほとんど負ける日がなくなったんです。

成長した実感のないまま、でも確実に階段を1つ上がることが出来ました。

ただし、この段階では負けなくなったものの、まだ大勝ちするまでには至っていません。
大きく勝つには、有利な立場にあるトレードの「利を伸ばす」ことが必要で、それは負けなくなることとは、また別の技術だからです。

FXの勝ち組へ、実はあと一歩のところまで到達しているかもしれない

実はあと一歩のところまで到達しているかもしれない

僕が、なぜこの「FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?」ついて書いているかというと、FXで勝つ為にこれまで必死に努力してきた人たちの多くが、ハッキリしたゴールが見えないがゆえに、成功の一歩手前で挫折してしまっているように感じるからです。

僕自身、自分が勝てる実力を身に付けていたことを一切自覚することなく、「ある日突然、気が付いたら勝っていた」のですから、もしかしたら勝ち組に変われる瞬間を目の前にしていながら、それを知らないままトレードを諦めていた可能性もあったわけです。

FXは、下積み段階ではどうしても資金が目減りしていくものなので、安易に「もうちょっと頑張ってみたら」などと言ってはいけないのは自覚しています。
でも、やっぱり積み重ねてきた努力が実る直前で諦めてしまうのは勿体なさ過ぎます。

これまでみなさんが、どれだけの苦しみに耐え、どれだけの辛い経験を乗り越えて、ここまで頑張ってきたか。
その思いが、僕には痛いほどよく分かります。

都合の良いことに、FXにはデモトレードという練習の為の完璧なツールがあります。
これを使えば、資金の目減りを気にすることなく、様々な手法を検証することが可能です。

プロトレーダーになる夢を諦めたくないなら、デモトレードを使って、僕が経験した「変化」が訪れるまで練習を重ねてみてはいかがでしょう?
今まで苦しみの数が多かった人にほど、成功して欲しいと心の底から願っています。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に! 初心者はロットは小さく安全に!僕らはソロスではないから!
  2. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  3. あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方
  4. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  5. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  6. FXでは1日の最大損失額を限定しないといつか死ぬ FXでは1日の最大損失額を限定しないと必ずいつか死ぬ
  7. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説しましょう! 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!
  8. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い
  2. ドルが急落してたので素直に売っただけ ドルが急落してたので売っただけ
  3. 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた 上位足を意識しながらのトレードが判断を助けた
  4. 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!?
  5. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴・欠点など使ってみた感想】 OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  6. GWの東京時間は手を出さない方がいい GWの東京時間は手を出さない方がいい
  7. 珍しくスキャルピングだけで目標額を確保 珍しくスキャルピングだけで目標額確保
  8. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転! 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
  9. レンジ相場でイースター前。危険なのでトレードせず レンジ相場だし、イースター前なのでトレードせず
  10. 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 元先物トレーダーが選ぶ国内FX会社BEST10

おすすめ記事

  1. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

ピックアップ記事

  1. 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  2. 今日も損切り連発...。でも目標額は確保。
  3. 慣れないポンド円で損切り連発。トレード日記で初黒星
20分で終了した理想的なトレード
  1. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場
  2. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に!
  3. 難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った
  4. ご挨拶 - FX初心者の方とまだ思うように勝てないでいる方へ
  5. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  6. 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました
PAGE TOP