苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

2017年6月30日(金)

今朝ツイッターにも書きましたけど、パソコンの使い過ぎで目の奥の方が異様に痛く、午前中はトレードすることが出来ませんでした。

僕は昔、網膜剝離の手術をしたことがあるので、念のため眼科に行ってたんですが幸い異常はなく、痛みが引くのを待って午後4時頃からチャートを見始めました。

この「トレード日記」を見てくれてる人はご存知のように、僕は普段東京時間でトレードすることがほとんどなんです。
理由は、「東京・ロンドン・ニューヨーク。彼らの手口とは?」で書いたように、ロンドン時間特有のクセのある値動きがあまり好きになれないからです。

なので、「仕方なく」といった感じで今日のトレードを始めました。
ただ、結果的には東京時間よりボラティリティがあったことから、エントリーから10分ほどで目標額の2倍程度を稼ぐことが出来ました。

まぁ、運も良かったんだと思います。
欧州時間は大きな振れ幅でチャートが上下に行ったり来たりするので、リズムが合わないと逆をとられて損切りを連発させられることも多いですからね。

その運にも助けられたトレードを、下のドル円の1分足チャートにプロットしました。

2017年6月30日ドル円の1分足チャート

最初のエントリーは、反発中のレートが黄色の75MAと緑の100MAをまとめて超えてき場面です。
サポレジとサポレジの真ん中より上にレートが位置しているので、リスクリワード的には本来はポジションを取るべきではない位置です。

ただ、ローソク足の勢いから「上方ブレイクのニオイ」を感じたので、この2本のMAを割り込んだらロスカットすることを条件に、あえてロングで入りました。
もっとも、その後は思ったようには伸びてくれず、MAの上でしたが含み損になる前にいったんチャラ逃げしています。

チャラ逃げの数分後、再度ロングでエントリーし直したのは、レートが75MAと100MAを割り込まずにもう一度上を試す気配を見せたからです。
この時は、前回以上に上値ブレイクの可能性があると判断し、一気に4発ポジションを入れています。
運良く、直後にはブレイクしてくれて、あっという間に目標額の2倍の2万円までいきました。

東京時間では同じポジションサイズで1万円を確保するのも、けっこう時間のかかかる作業なんですが、さすがにボラがあると早いですね~。
とはいっても、上手くいった場合はそうですが、逆をとられるリスクを考えると、どの時間帯が有利とかではなく、本人の性格に合うかどうかだけの問題だと思います。

2017年6月30日本日の収支+22,404円

目標額を達成したあとは、利益を飛ばさないように、ロットを下げながらサポレジを頼りにスキャルを繰り返しました。

本日の収支は、+22,404円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  5. 5

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  6. 6

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  7. 7

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  8. 8

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  9. 9

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場

  2. FXで成功する方法【ブログやユーチューブを観ても勝てません】

  3. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした

  4. 下落トレンドを逆張りで獲ったが逆張りの意識あまりなかった

  5. 得意な通貨ペアを持てばFXが有利に戦える【初心者はドル円がお勧め】

TOP