硬い岩盤(サポレジ)を拠りどころに確率の高いトレードをした

2017年5月19日(金)

僕は東京時間のお昼前後にトレードすることが多いんですが、それは、過去の自分のトレード成績を振り返ると、この時間帯が最も勝率が良いからです。

勝率が高い理由は明確です。
東京時間のお昼前後が、

「最も波乱要素が少なく、チャートが基本通りの動きをしやすい、ということです」

人によっては、

「東京の昼なんて、一番動きの悪い最も効率の悪い時間帯じゃないか」

と、思われる方も多いと思います。
確かにボラは出にくいです。大勝ちも難しいかもしれません。

でも、僕の場合は最初から大勝ち狙いはしませんし、それよりも、指標発表や要人発言などで、チャートがセオリーを無視して動かれる方が「困る」んです。

僕は直感に頼るようなトレードはせず、ただひたすたチャートの基本に忠実に確率の高い方にポジションを作るので、マーケットが自分に理解できない動きを始めたとたん、どうしていいか分からなくなるんです。

特にロンドン勢が入ってくる時間と、ニューヨークの指標発表がある時間が苦手で、その時間帯のトレードは避けるようにしています。
もっとも、雇用統計のように、始めから「動いて戻る」ことが分かっている相場は、利用させてもらってますが。

以上が、僕がいつも東京時間にトレードしてる理由です。

で、今日もチャートのセオリー通りに忠実にトレードしました。
主なトレードを、下(↓)のドル円の1分足チャートにプロットしました。

2017年5月19日ドル円の1分足チャート

2本ある赤い水平線の下側のライン。
今朝チャートを開いてから、このサポートレジスタンスラインまでレートが下がってくるのを、ずっと待ち続けてました。

あ、そうそう。僕はトレードとは「ワナを仕掛けて待つ漁師のようなもの」と思っていて、それに関する記事も今度書いてみようと思ってます。

まぁ、それはともかく、過去に効いていたサポレジラインというのは、トレードの手掛かりとして非常に便利な存在で、サポレジの上なら「買い」、サポレジの下なら「売り」。これを繰り返すだけで、たぶん勝てます。

もちろん、1回1回のトレードは独立したもので、どちらにレートが動くかは分からないんですが、何度もこれを繰り返して母数を多くすれば、「大数の法則」が働き、期待される数値に収斂していきます。

なので、待っていたサポレジラインまでレートが降りてきてくれた時は、「ごっつぁんです!」という感じで買いエントリーしました。

初心者の人は、

「こんなに急激に下がって来た場面でよく買えるなぁ」とか、「怖くないのか?」と思うかもしれませんよね。

確かに怖い部分もあります。
サポレジラインが機能せず、一気に下にブレイクする可能性もあるわけですから。

でも、岩盤のように硬かったサポレジラインを割って来たのなら、持っていたロングは迷わず損切りです。
ということは、買ってから損切りまでが非常に近いので、大したマイナスにはなりません。

また、岩盤のように硬かったサポレジラインを割って来たのなら、ドテンでショートを仕掛ける場面とも考えられます。
以前、「水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!」で書いたようにサポートラインは転じてレジスタンスラインになり得ますから。

実際、今日の最後のトレードは拠りどころにしてたサポレジラインを割って来たので、ショートで取ってます。

なので、考え得る戦略が幾通りもあるという意味で、それほどサポレジ付近は恐怖心なくトレードできるシチュエーションだと思います。

2017年5月19日本日の収支+17,153円

とりあえず「トレード日記」の目標額は達成したので、この後は好きにトレードを楽しみます(笑)

本日の収支は、+17,153円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った

  2. 一週間ぶりに自分らしいまともなトレードができた

  3. トレードの教科書的なロスカットと利確で目標額を確保

  4. 大きな損切りから3時間かけてようやくチャラ逃げ

  5. プロトレーダーは単純作業を繰り返す

トレード日記

  1. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

  2. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした

  3. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした

  4. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線でトレード

  5. 僕の得意なパターン。チャートが示した転換点に素直に乗った

banner
TOP