「得意なカタチ」を待つことが出来ればもっと楽に勝てたのに…

2017年7月27日(木)

今朝、ドル円のチャートを開いた時、昨夜から急落していたドルの下げが一服し、いずれ上方転換しそうな雰囲気のチャート形状をしていました。

で、最初は「そのカタチになるまで待とう」「もし、そのカタチにならなければ今日はトレードしなくてもいい」、そんな思いでゆったりと構えていたんです。

ところが、チャートを見てると「獲れそうな場面」が、けっこうあったりするんですよね~。
やらないつもりでいても、確率の高いカタチを見ると、つい無条件に手が勝手に動いてしまうことが多々あります。

トレーダーの習性なんでしょう。
そういった「感覚」でもってエントリーした場合でも、おそらく50%以上の確率で勝てるようには思います。

ただし、サポートレジスタンスラインや移動平均線(MA)を、「レートが超えてくる」、あるいは「割ってくる」と勝手に決めつけてしまうのはハッキリ言って論外です。
しかし、その論外のことを今日はやってしまいました。
厳密に言うと、月に数回程度はやらかしてますが…。

こういう勝手な決めつけでエントリーすると、ほぼ確実にヤラれます。
下(↓)のドルの1分足チャートを見てください。

2017年7月27日ドルの1分足チャート

チャートに今日の主なトレードをプロットしています。
黄色い○印をつけた最初のエントリーの部分、ローソク足のすぐ上に黄色の75MAと緑の100MAが走っているのが分かります。

基本的なチャートの見方として、この2本のMAをレートが超えてくればさらに上に、超えられなければ再度下に行く、と判断するのが妥当な場面です。
なので、超えてくればロング。超えられなければショートが基本的な考え方です。

にもかかわらず、僕はこの時、勝手にレートが上に抜けると決めつけてロングをかけてしまいました。
まだ2本のMA下にいるのに、直前のローソク足の勢いにつられて、とっさにロングしてしまったんです。

結局、あわててエントリーしたポイントをてっぺんに、レートは急落。
あっけなくロスカットさせられました。

過去に何度も同じ失敗をしていながら、いまだにやってしまうんです…。

このあと、改めて75MAと100MAを超えてくる場面が現れます。
これこそが、僕が朝いちから待っていたカタチです。

最初からこのカタチになるまで待ってからトレードを始めれば、楽な一日になったんですけどね~。

2017年7月27日本日の収支は+14,393円

上昇トレンドが明確になってからは、ロスカット分の約マイナス1万円をカバーし、さらに1万4千円ほど利益を積み増すことができました。
それにしても、やっぱりトレードは待つことが大事ですね。

本日の収支は、+14,393円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕がメインで使っている口座がXM(エックスエム)です
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者
トレーダー目線で詳しく解説します

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    PCなしでFXはできるか?僕はスマホとタブレットでもトレードする

  5. 5

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  6. 6

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  7. 7

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  8. 8

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  9. 9

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. 方向感のない相場だったけど、4時間MAとサポレジは効いていた

  2. 僕の得意なパターン。チャートが示した転換点に素直に乗った

  3. 雇用統計のFXトレード「プランB」で30万円のプラスに

  4. リップルがようやく下がってくれたので10万円分買い増し

  5. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由

トレード日記

  1. エントリーから20分で終了した僕の理想的なトレード

  2. 東京時間らしい読みやすい値動き

  3. 日本円だけが他の通貨より弱い為替市場に素直に従った

  4. 米軍のシリア攻撃と雇用統計をスキャルピングで対応。pipsを稼いだ

  5. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした

TOP