いきなり往復ビンタ!でも勝てると信じてたので焦らなかった

2018年3月26日(月)

半年ぶりの「1日1万円を狙うトレード日記」です!
いつも同じような内容になってしまうのと時間をけっこう取られるので、もうトレード日記を書くことはないかと思ってたんですが、なぜだか少し前からまた書いてみたい気分になってたんです。

でも、久しぶりに書いてみると、やっぱりちょっとしんどいですね。
日記を書いている時間をトレードに使った方が楽だし儲かります(笑)
以前は毎日トレード日記を書いてたのかと思うと、ちょっと信じられない感じです。

で、なぜあえて今日のトレードをお伝えしようと思ったかというと、僕の今日のトレードが、

「いきなり往復ビンタを食らうキビシイ出だしだったにもかかわらず、最後は勝てると信じていた」

からなんです。
このことの重要さを、みなさんにお伝えしたいと思ったんです。

僕はトレーダーにとって、トレード手法や技術よりも、

「自分は勝てる人間だ、自分には勝つ資格がある」

そう信じることが最も大切だと思っています。

なぜなら、自分に自信がなく、負けることが心を支配している状態では、とても自分のとった行動に自信を持てないからです。
自信が持てなければ、ポジションを取ったあとに、

「やっぱり間違ってたかも?」
「逆のポジションに持ち替えた方が良いのでは?」
「ロスカットしたあとに反転したらヤダなぁ」

といった感じで、自分が何をやっているのか理解できない状態になってしまい、とても利確ポイントまでポジションを保持したり、論理的なポイントでロスカットしたり出来なくなってしまいます。
これではいくら技術や知識があっても勝てません。

では、なぜ僕が最後は勝てると信じていたのか?
また、信じていたらなぜ勝てるのか?
これらについては、あまりに長いお話しになってしまうので、このサイトのトレーディングマインドに関する記事をご覧ください。

久しぶりなので前置きが長くなってしまいました…。
今日のトレードを振り返っていきましょう。

下(↓)が今日の昼過ぎのドル円の1分足チャートです。

2018年3月26日ドル円の1分足チャート

まず①のトレードです。

このエントリーはちょっと微妙でした。上位足のカタチが悪くなかったのと、1分足では300MAがサポレジにほぼ接していたことから、

「ここで下げ止まる可能性がある」

と判断し買い下がりました。
いずれにせよ、ここが転換点になり得るカタチに見えました。が、同時にリスクでもありました。

ロングした直後に上昇に転じたので、完全に読みが外れたわけではないんですが、上のサポレジで利確しようと待っていたら、その直前で反転されちゃいました…。
で、結局損切に。まぁ、よくあることです。

②に関しては、1分足を見る限りすべての移動平均線とサポレジを下回る「今にも下落トレンドが始まりそう」なカタチだったので、そのMAの束とサポレジを目途に売り上がりでポジションを作っていきました。

これ、実は僕のけっこう好きなパターンで、崩れるとしたら大きく崩れてもおかしくない場面でした。

ところが、ここからいきなりドルが勢いづくんですよね~。
固い砦と思っていたMAの束とサポレジがあっさり攻略されてしまったので、持っていたショートポジションはさっさと切り、ドテンしてロングを仕掛けました。
これが③のトレードです。

僕は基本的にはドテンはやらないんですが、この場面に限っては、

「買ってないとおかしい」

チャート形状だったので、自信を持ってドテンしました。
結果的に、今日の勝敗のカギはここでしたね。

往復ビンタの後だけに、感情的になりがちな状況ではあったんですが、

「最後は自分が勝つ」

と確信していたので、大きな確定損にも焦ったり怒ったりすることなく、冷静にチャートを見極めることが出来ました。

この後もトレードを続けましたが、特に珍しくもないスキャルピングです。

以下が売買履歴です。長くてすみません(汗)

2018年3月26日本日の収支+15,944円

相変わらず才能のカケラもないトレードで申し訳ありません(笑)
でも、だからこそ、凡人の僕でもFXで勝てる手法は、多くの方の参考になるのではないかと思っています。

本日の収支は、+15,944円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

banner

特集

海外FX会社ランキング

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  6. 6

    買ったら下がる?売ったら上がる?不思議なメカニズムを解説!

  7. 7

    テクニカルを学び尽くしたらすべてを捨てろ!【FX独自スタイルの確立】

  8. 8

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

  9. 9

    FXで「負けないこと」と「利益を伸ばすこと」とは完全に別の技術

  10. 10

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

おすすめ記事

  1. 苦手なロンドン時間だけど「今日は」上手くトレードできた

  2. 「買い下がり」と「売り上がり」でポジションを作るとは?

  3. ナンピンは厳禁ではない【戦略的買い下がりで勝率は格段にアップする】

  4. 4ヵ月ぶりに「トレード日記」のFXで負けました〜

  5. 勝つトレードとは、知識や技術よりもトレーダーがたどり着く「心の境地」

トレード日記

  1. ドル円が急落してたので相場に逆らわず素直に売っただけ

  2. イギリスの選挙に波乱を期待したけど不発でした

  3. 僕の得意なパターン。チャートが示した転換点に素直に乗った

  4. 目標額に達した直後に損切りで吹っ飛ばし…。でも、なんとか挽回に成功

  5. かなりの含み損にアセったけど、方向性は合ってたのでなんとか勝てた

Titan FX(タイタンFX)
TOP