連休谷間のボラなし相場は目標額を達成して即撤退

2017年5月1日(月)

ゴールデンウイークの谷間の月曜日ということで、「きっとボラがないんだろうな~」と思って朝ドル円チャートを開いたら、ちょうどドルが急上昇してる真っ最中でした。

この急激な値動きを目撃してしまったのが、良かったのか悪かったのか?

内心、「今日はレンジ相場になりやすいはずだから、トレードしない方がいいかも」と思ってただけに、動いてる相場を見て、「トレーダー魂」に火がつけられてしまった気がします。

ただ、やっぱりやりにくい相場でしたね~。
下(↓)の画像はドル円の1分足チャートです。

2017年5月1日ドル円1分足チャート

僕が見始めたところに○印をつけてます。
一瞬「おっ!」と思ったものの、僕は基本的に高値を追いかけることはしないので、上の方にある青い水平線まで来たらショートするつもりで待っていました。

ところが、まぁ~よくあることですけど、待ってると来ないんですよね。
手前で折り返されたので、一度ショートを入れてはみたものの、リスクリワード的に微妙な位置だったので、すぐ利確せざるを得ませんでした。

その後は予想通りレンジ相場へ突入。
かなり長い時間、狭いレンジの中を行ったり来たり。

でも、なんとなく上へ抜けるような気がしながらずっと見たました。
で、ちょっとづつ買っていってたんですけど、予想に反して節目を下に抜けてしまったので、いったん全部損切りました。

結果的には、売ったところが底だったんですが、節目を不利な方向に進まれたら、「一度逃げておく」のが正しい判断です。

ちょっとの損切りなら、次のトレードで取り返せますから。
大損切りだとそうはいきません。

その後は、青の4時間MAを割り込むかどうかに注目してました。
下に割ってきたらショート、上へ反発したらロングで入るつもりです。

そしたら、上に行き出したので素直にロングで入り、細かく利食いながら、含み損をカバーし、1日の目標額の1万円まで行ったところで今日のトレードを終えました。

細かく利食ったのは、やはりまだ相場の強さを信頼できなかったからです。
もし、4時間MA付近で買ってた玉を全部持ち続けてたら、けっこうな利益になってたわけですけど、

僕は「大物狙いよりも確実な小物を何度も獲る」

ことで今まで勝ってきたので、これからもそのトレードスタイルを変えることなないと思います。

2017年5月1日本日の収支+10,739円

今日はレンジ相場に付き合わされたり、途中大きめの損切りをさせられたり、ちっとも楽しくないトレードでしたけど、確実に目標額を得ることだけを考えながらトレードしました。

本日の収支は、+10,739円でした。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  5. 5

    正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】

  6. 6

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  7. 7

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  8. 8

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  9. 9

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. レンジの中でリズムが合わなかったので欲張らずに早めの撤退

  2. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい読めない相場

  3. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転!

  4. 慣れないポンド円で損切り連発。「トレード日記」で初黒星

  5. 方向感が掴めなかったのでスキャルピングでコツコツと

TOP