マインド

トレード日誌が学習能力を高める!

トレード日誌が学習能力を高める!

ほとんどのFXトレーダーが、毎日のトレード記録をノートに書き込んでいることと思います。
もちろん、実際のノートではなくパソコンでもスマホでも、なんでも構いません。

自分がエントリーしたタイミングを、キャプチャーしたチャート画像の上にプロットし、なぜそのタイミングでエントリーしたのかを、明確な根拠とともに記録します。
エグジット(決済)したポイントも同様です。なぜここで利食ったのか、なぜそこで損切ったのか、明確な理由を他人に話すかのように書き残さなければなりません。

例えば、上昇三角形からレートが上抜けたので買いでエントリーした。とか、買持ちしていたポジションが直近の安値を下回ったので損切った。というように。

つまり、エントリーとエグジットする際は、必ず根拠を示す必要があります。
言い換えれば、明確な根拠がなければ、いかなる場面でもポジションを取ってはいけないのです。

日誌はトレードのギャンブル性を排除し、エントリーとエグジットの根拠を明確にする

日誌はトレードのギャンブル性を排除し、エントリーとエグジットの根拠を明確にする

根拠のないエントリーはただのギャンブルです。
ノートを付けることは、トレーダーの誰もがついやりがちなギャンブル的トレードを未然に防ぐ助けとなります。

トレード日誌の効用は、勝ちトレードはもちろんのこと、それ以上に負けトレードにおいて将来の価値ある財産となっていくことです。
ではなぜ過去の負けたトレードの記録が、先々意味を持ってくるのでしょうか?

それは、往々にして負けた時というのは、

「その時はチャートが示すシグナルが見えていなかった」

ことが多いからです。

普段は見えているチャート上の重要なシグナルが、なんらかの心理的な理由で見えなくなることは、トレードの現場ではよくあることです。

例えば、あるトレーダーが、エントリーの条件として、

  1. ドル円レートが直近の高値を上抜けたら買いでエントリーしようと決めていたとします。
  2. ただし、条件として60MA(移動平均線)が上向いている場合に限る、というルールを自ら設けていたと仮定します。

普段はきちんと事前に決めた条件がクリアされていることを確認してからエントリーしているトレーダーが、負けた時に限ってそれを見過ごして、というより、

「うかつにも、確認したものと思い込んでエントリーしてしまう」

といったことを意外とやってしまいがちです。

勝つ確率が高いであろう「条件」をクリアしていないのにエントリーしてしまっているわけですから、この場合のトレードが負ける確率は当然高くなります。



チャートを見ているのに、実は見えていなかったというのはトレードの現場ではよくあること。それに気付かせてくれるのが日誌

チャートを見ているのに、実は見えていなかったというのはトレードの現場ではよくあること。それに気付かせてくれるのが日誌

僕自身も、特に負けトレードが何度か続いた時に多いのですが、敗因を調べようとその日のチャートを見直してみると、「あれ、なんでこのタイミングでエントリーしたんだ?」「入る条件を満たしてないじゃないか!」と後になって気付くことが何度もありました。

トレーダーは、負けが続くと心が動揺し、「お金を取り戻したい」といった感情で頭がいっぱいになると、普段は見えているものが見えなくなり易くなります。

そんな時、ノートを付けていれば、「自分で決めたエントリーとエグジットの条件」を、その次のトレードではより意識して確認するようになるでしょう。

しかし、もしノートを付けていなかったら、負けた原因に本人は気付かないまま、また同じミスを繰り返す可能性が高くなります。

実際、何度も同じ過ちを繰り返して負け続けている人は、ノートを付けてない人が多く、間違っている自分のクセに気付かないまま「負けトレードの山」を積み上げていってるのです。

進歩するトレーダーは、学習能力が高いものです。
学習能力の高いトレーダーは、平均的な人よりも学習に多くの時間を費やしています。

学習能力は、愚直に学習を繰り返すことでのみ高めることができます。
マーケットで勝ち続ける為には、人並み以上に学習という努力を積み重ねることが肝要です。

プロのトレーダーを目指すのなら、日々のトレードを記録し、分析し、改善していかなければなりません。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの体験レビューと詳しい解説

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの体験レビューと詳しい解説

関連記事

  1. 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いている!? 孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます
  2. FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】 FXのレバレッジは本当に危険なのか?
  3. プロトレーダーは単純作業を繰り返す プロトレーダーは単純作業を繰り返す
  4. FXでは1日の最大損失額を限定しないといつか死ぬ FXでは1日の最大損失額を限定しないと必ずいつか死ぬ
  5. 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな! 初心者はその日の損益が確定するまでトレード日誌は書くな!
  6. いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう いきなり本番はキケン!まずはデモトレードで練習しましょう
  7. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  8. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  2. 雇用統計のFXトレード「プランB」で30万円のプラスに 雇用統計を「プランB」で30万円のプラスに
  3. 忙しくてほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン…。 ほとんどトレード出来ず。しょぼい内容でスミマセン...。
  4. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  5. ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る 上位足を見ながらダマシを回避して行った
  6. 欧州時間で大苦戦…。損切りの嵐から必死トレードでプラ転! 欧州時間で大苦戦...。大損切りの嵐から必死トレードでプラ転!
  7. 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由 僕が株よりFXを短期トレードに選んだ理由
  8. レンジ相場に付き合わされ長期戦に レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  9. 4ヵ月ぶりに負けました〜 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  10. 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション 真空地帯はほぼプライスアクション

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました 目標額に届いてないけどチャンスが来ないので止めました

ピックアップ記事

  1. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
  2. 相場と上手く噛み合ったトレード
  3. 真空地帯はほぼプライスアクション
勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  1. 連休谷間のボラなし相場は目標額達成して即撤退
  2. テクニカルを学び尽くした後はすべてを捨てろ!【独自スタイルの確立】
  3. 方向感ない相場だけど、4HMAとサポレジは効いていた
  4. 買えば下がる...売れば上がる...。目標額確保まで大苦戦
  5. レンジ相場に付き合わされ長期戦に
  6. 上方転換するはずがしなかったので下げで取った
PAGE TOP