トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験

トレーダーにとって何よりも大切な武器は、高額なFX教材でもなく、ネットに溢れるFX先生のアドバイスでもありません。
あなたの最大の武器は、過去の失敗から学んだあなたの経験です。

僕の長いトレーダー人生の中でも、いい時もあれば悪い時もありました。
たった数分でサラリーマンの年収分を稼ぐこともあれば、その逆だってありました。

大事なお金を、一瞬にして失ってしまう辛さは、この世界特有のものでしょう。

でも、自分を進歩させてくれる「貴重な経験」とは、常にそんな痛い敗北のあとに得られるものでした。

トレーダーは過去の失敗から学ぶ以外に成長する方法はない

トレーダーは過去の失敗から学ぶ以外に成長する方法はない

トレーダーは、どんな時も勝利を目指して闘います。
このストレスの多い稼業のたったひとつの目的は「利益を生み出すこと」。これ以外にありません。

だからこそ、トレーダーはリスクを受け入れリターンを求めます。

しかし、ことトレーダーの能力を高める「経験」に限って言えば、勝利よりも敗北の方が、遥かに重要な示唆を与えてくれます。

良いトレードで利益をあげた時、トレーダーは高揚感と充実感の中にいます。
自分の戦略と行動の正しさが証明されたことに、これ以上ない満足感を覚えます。

「正しいことをしたからこそトレードで勝つことができた」と、当然そう考えます。

一方、負けた時、特に自らの精神をコントロールできずに、勝てるはずのトレードを負けトレードにしてしまった時は、自分自身を嫌悪し、自分で自分を激しく責めてしまいます。

単に運が悪かったことが理由で負けたのなら、トレードというゲームの一要素として軽く受け流すことができます。

でも、せっかく正しい戦略を立てていながら、自分に課したルールを守ることができずに、自ら敗北して行った時、トレーダーは頭を抱えて自分自身に問いかけます。

  • なぜ、あの場面でエントリーをためらってしまったのか?
  • なぜ、目標値まで下がってくるのを待てずに買い出動してしまったのか?
  • なぜ、損切りすべきポイントを把握していながら、それを実行できなかったのか?
  • なぜ、トレンドの初期でエントリーしていながら、利益を失うことを恐れ、さっさと利食ってしまったのか?

トレーダーなら誰もが経験するこれらはすべて、戦略や技術の問題ではなく、自分自身の心をコントロール出来なかったことが原因です。

こういうミスをしてしまったとき、トレーダーは自分で自分を責めてしまいます。

自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上る

自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上る

自分の精神の未熟さを痛感させられ、同時に大事なお金を奪いさられる。
これほど辛い感覚は、トレードという世界以外ではめったに経験することはないでしょう。

しかし、だからこそトレーダーは自らに問いかけるんです。
悪いのはマーケットでも戦略でもなく、「自分の心の問題」だと分かっているから。

そして、自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上ります。

苦悩の果てに得た教訓だけが真の武器となる

苦悩の果てに得た教訓だけが真の武器となる

僕のデスクの引き出しには、ぐちゃぐちゃに折り曲げらたノートが一冊あります。

15年ほど前、株のトレードを始めた僕は、ひとつひとつのトレードについて事細かにノートに書き出していました。
エントリーした日時、銘柄、建値、その銘柄を選んだ理由、そのタイミングで買った根拠、そしてその時の心の状態なども記録していました。

日によっては何度もエントリーとエグジットを繰り返すわけですから、ノートをとる為の労力も相当なものでした。
面倒くさいなぁ、と思うこともしばしばでしたが、

「トレードが巧くなりたい」

その一心でノートをとり続けていました。

ただ、トレードという行為の難しさは、ノートを数冊書きためたぐらいで上達するものではありませんでした。
毎日何度もトレードし、その都度詳細をノートに書き込んでも、負け続ける毎日でした。

そんなある日、僕は精神的にぷっつりとキレてしまいました。

「これだけ努力しても勝てないのか」

そう思うと、詳細にトレードを記録したノートが、どうしようもなく腹立たしいものに感じられてきたんです。

「一所懸命にノートをとったところで、何の意味もない」

そう思うと、僕はつい手元にあったノートをぐちゃぐちゃに折り曲げ、力まかせに壁に投げつけてしまいました…。
もうノートを見るのも嫌になってしまったんです。

実際に僕がぐちゃぐちゃにしてしまったノート

昔、実際に僕がぐちゃぐちゃにしてしまったノート。このノートがあったから、今の自分がある。

それから何年か経って、たまたま引き出しの奥にしまってあったそのノートを見返したことがありました。

そしたら、そこに書かれてあった言葉やデータが、どれほど貴重なものであったかに初めて気付いたんです。

僕の数々の負けトレードは、すべて「自分の心のあり方の問題」だったということが、そのノートに書かれてあることを振り返った時に理解できたんです。

負けるのは辛いものです。
でも、負けたからこそ見えてくるものが必ずあります。

大切なノートを投げつけてしまうほどの苦しい思いは、僕の心の奥深くに刻まれて、そう簡単に消えることはありません。

でも、だからこそ、

心に刻まれた消えることのない辛い思いが、教訓となって、いざという時の正しい判断、正しい心構えを僕に示してくれます。

これこそが、トレーダーとしての僕の礎です。
プロトレーダーとして必要なことは、ほとんどすべて失敗から得た教訓でした。

だから、今、かつての僕と同じような苦しみに直面しているトレーダーの方にお伝えしたいと思います。

敗北の日々から学ぶこと、トレーダーにとって、これ以上の武器はありません。

と。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

関連記事

特集記事

運営者プロフィール

麦 恵成(バク ケイセイ)
名前:麦 恵成(バク ケイセイ)
生年月日:1970年11月8日
出身:兵庫県神戸市
職業:FXトレーダー兼ファイナンシャルプランナー。元先物取引会社勤務。現(株)エンスージアズム代表取締役。
自己紹介:トレーダー歴はトータルで約20年になります。
主戦場は為替。他にダウ先物・225先物・原油先物など。
現物株は高配当銘柄の長期投資中心。少しだけ新興市場のグロース株も。
Twitter:https://twitter.com/BakuKeisei

監督官庁

金融庁

金融庁 証券取引等監視委員会

金融先物取引業協会

人気記事ランキング

  1. 1

    僕がFXで勝てるまでに要した勉強時間【元負け組トレーダーの体験談】

  2. 2

    FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

  3. 3

    プロトレーダーは単純作業を繰り返す

  4. 4

    Titan FX(タイタンFX)の 評判・ボーナス・スプレッドなど使用感をレポート

  5. 5

    現役FXトレーダーがおすすめする海外FX業者3社【ボーナスあり】

  6. 6

    【FXで勝つ素質】孤独でオタクなあなたはトレーダーに向いてます

  7. 7

    ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!

  8. 8

    買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

  9. 9

    FXのDD(ディーリングデスク)とNDD(ノンディーリングデスク)の違い

  10. 10

    プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

おすすめ記事

  1. ニューヨーク時間のドル円で大きめに稼いだけど、スイングが当たっただけ

  2. 慣れないポンド円で損切り連発。「トレード日記」で初黒星

  3. 方向感のない難しい相場だったけど最後は小さなトレンドに乗った

  4. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!

  5. 買ったら下がる?売ったら上がる?その不思議なメカニズムを解説!

TOP