マインド

トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験

トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験

トレーダーにとって何よりも大切な武器は、高額なFX教材でもなく、ネットに溢れるFX先生のアドバイスでもありません。
あなたの最大の武器は、過去の失敗から学んだあなたの経験です。

僕の長いトレーダー人生の中でも、いい時もあれば悪い時もありました。
たった数分でサラリーマンの月収分を稼ぐこともあれば、その逆だってありました。

大事なお金を、一瞬にして失ってしまう辛さは、この世界特有のものでしょう。

でも、自分を進歩させてくれる「貴重な経験」とは、常にそんな痛い敗北のあとでした。

トレーダーは過去の失敗から学ぶ以外に成長する方法はない

トレーダーは過去の失敗から学ぶ以外に成長する方法はない

トレーダーは、どんな時も勝利を目指して闘います。
このストレスの多い稼業のたったひとつの目的は、利益を生み出すこと以外にありません。

だからこそ、トレーダーはリスクを受け入れリターンを求めます。

しかし、ことトレーダーの能力を高める「経験」に限って言えば、勝利よりも敗北の方が、遥かに重要な示唆を与えてくれます。

良いトレードで利益をあげた時、トレーダーは高揚感と充実感の中にいます。
自分の戦略と行動の正しさが証明されたことに、これ以上ない満足感を覚えます。

「正しいことをしたからこそトレードで勝つことができた」と、当然そう考えます。

一方、負けた時、特に自らの精神をコントロールできずに、勝てるはずのトレードを負けトレードにしてしまった時は、自分自身を嫌悪し、自分で自分を激しく責めてしまいます。

単に運が悪かったことが理由で負けたのなら、トレードというゲームの一要素として軽く受け流すことができます。

でも、せっかく正しい戦略を立てていながら、自分に課したルールを守ることができずに、自ら敗北して行った時、トレーダーは頭を抱えて自分自身に問いかけます。

「なぜ、あの場面でエントリーをためらってしまったのか?」
「なぜ、目標値まで下がってくるのを待てずに買い出動してしまったのか?」
「なぜ、損切りすべきポイントを把握していながら、それを実行できなかったのか?」
「なぜ、トレンドの初期でエントリーしていながら、利益を失うことを恐れ、さっさと利食ってしまったのか?」

これらはすべて、戦略や技術の問題ではなく、自分自身の心をコントロール出来なかったことが原因です。
こういうミスをした際に、トレーダーは自分で自分を責めてしまいます。

自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上る

自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上る

自分の精神の未熟さを痛感させられ、同時に大事なお金を奪いさられる。
これほど辛い感覚は、トレードという世界以外ではめったに経験することはないでしょう。

しかし、だからこそトレーダーは自らに問いかけるんです。
悪いのはマーケットでも戦略でもなく、自分の心の問題だと分かっているから。

自らの心と向き合うことを学んだ時、トレーダーは確実に次のステージへの階段を上ります。

苦悩の果てに得た教訓だけが真の武器となる

苦悩の果てに得た教訓だけが真の武器となる

僕のデスクの引き出しには、ぐちゃぐちゃに折り曲げらたノートが一冊あります。

15年ほど前、株のトレードを始めた僕は、ひとつひとつのトレードについて事細かにノートに書き出していました。
エントリーした日時、銘柄、建値、その銘柄を選んだ理由、そのタイミングで買った根拠、そしてその時の心の状態なども記録していました。

日によっては何度もエントリーとエグジットを繰り返すわけですから、ノートをとる為の労力も相当なものでした。
面倒くさいなぁ、と思うこともしばしばでしたが、

「トレードが巧くなりたい」

その一心でノートをとり続けていました。

ただ、トレードという行為の難しさは、ノートを数冊書きためたぐらいで上達するものではありませんでした。
毎日何度もトレードし、その都度詳細をノートに書き込んでも、負け続ける毎日でした。

そんなある日、僕は精神的にぷっつりとキレてしまいました。

「これだけ努力しても勝てないのか」

そう思うと、詳細にトレードを記録したノートが、どうしようもなく腹立たしいものに感じてしまったんです。

「一所懸命にノートをとったところで、何の意味もない」

そう思うと、手元にあったノートをぐちゃぐちゃに折り曲げ、投げつけてしまいました…。
もう見るのも嫌になってしまったんです。

実際に僕がぐちゃぐちゃにしてしまったノート

昔、実際に僕がぐちゃぐちゃにしてしまったノート。このノートがあったから、今の自分がある。

それから何年か経って、引き出しの奥にしまってあったそのノートを見返した時、そこに書かれてある言葉やデータが、どれほど貴重なものであったかに初めて気付きました。

僕の負けトレードは、すべて自分の心のあり方の問題だったということが、そのノートに書かれてあることを振り返った時に理解できたんです。

負けるのは辛いものです。
でも、負けたからこそ見えてくるものが必ずあります。

大切なノートを投げつけてしまうほどの苦しい思いは、僕の心の奥に深く刻まれて、そう簡単に消えることはありません。

だからこそ、その心に刻まれた思いが、いざという時の正しい判断、正しい心構えを僕に示してくれます。
それこそが、プロトレーダーとしての僕の礎です。

敗北の日々から学んだこと、僕にとって、これ以上の武器はありません。

おすすめ記事海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】

おすすめ記事プロトレーダーが実戦で使っているFX会社

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます。
XMの詳しいレポートはこちら

外為ファイネスト

僕がスキャルピングや「トレード日記」で使っているのが外為ファイネストです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭~、ユーロ円0.4銭~という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。1000通貨(約4000円)からFXを始められます。
外為ファイネストの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方 あなたの資金を奪う!怒りのポジポジ病の治し方
  2. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?
  3. 正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】 正しいトレードとは勝っても楽しくないもの【断言します】
  4. 「いつか大波に飲まれるぞ」とジョージ・ソロスは言った 「過信すると大波にのまれるぞ」とジョージ・ソロスは言った
  5. トレード日誌が学習能力を高める! トレード日誌が学習能力を高める!
  6. 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境 究極のマインドとは、勝ち負けすらどうでもいいと思える心境
  7. 初心者はジョージ・ソロスに憧れても真似するな!ロットは小さく安全に! 初心者はロットは小さく安全に!僕らはソロスではないから!
  8. FXのレバレッジは本当に危険なのか?【プロが解説します】 FXのレバレッジは本当に危険なのか?

コメント

    • ソロス
    • 2017年 5月 27日

    はじめまして。

    FPとゆうのは、個別の相談とかしているのですか?
    それとも、企業とか専門なんですか?
    よろしければ、教えて下さい。

      • 麦 恵成
      • 2017年 5月 29日

      ソロスさん、コメントありがとうございます。
      ファイナンシャルプランナーの業務については、今は既存の顧客のみに対応させて頂いている状況です。
      また、FPが行える投資アドバイスは、金融商品取引法の関係から、市場や商品の説明に限られていて、具体的な相場観や売買のタイミングについては出来ないことになっています。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】 海外業者でFXを始める手順【元先物トレーダーが解説】
  2. 予想はよくハズレるけど、すぐ相場に合わせて利益は確保 読みはハズレたけど、相場の行く方向に合わせて利益確保
  3. 珍しくスキャルピングだけで目標額を確保 珍しくスキャルピングだけで目標額確保
  4. ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する! ストップロス(損切り逆指値)はココを目安に設定する!
  5. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  6. 大きめの損切り直後にドテン!なんとかプラスに持ち込めた 大きめの損切り直後にドテン。なんとかプラスに持ち込めた
  7. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  8. 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  9. 転換しかかったけどレンジに入ったので細かく利食っていった 転換せずレンジに入ったので細かく利食っていった
  10. 買っておいたニューヨークダウの先物が指値に当たって利確 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた

特集

  • プロトレーダーによるFX会社比較
  • 国内FX業者ランキング【元先物トレーダーがBEST10社を比較】

おすすめ記事

  1. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場

ピックアップ記事

  1. 素直な相場を普段通りにトレード
  2. ドル売りポジションを買い戻した直後にドル円が急落!
  3. FXでは1日の最大損失額を限定しないといつか死ぬ
知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い
  1. 上位足を見ながらダマシを回避して行った
  2. ドルが強かったので、ただ後を追いかけた
  3. 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  4. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  5. ドルに対して強気になれず、高値に並ぶのを待って売りエントリーした
  6. 買っておいたダウ先物が指値に当たって利確してた
PAGE TOP