トレード日記

トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法

トレードスタイルを試行錯誤中。でも勝てるのはいつもの手法

2017年7月20日(木)

昨日からトレードスタイルを微妙に変えながら、「より良い手法」を模索しています。
そもそもなぜそんな面倒なことをしているかというと、キッカケは一昨日のトレードです。

おとといも勝つことは勝ったんですが、というか数字だけで言えば普段より大きくpipsを稼げたんですが、その内容にすごく不満だったからです。

具体的に言うと、最初に持ったポジションを保持するだけで大きく稼げた相場なのに、普段通り細かく利食いしていった結果、トレンドとボラティリティのある相場にもかかわらず、その割に大してpipsを稼げなかったんです。

まぁ、僕のトレードスタイルは、もともと大勝ちを狙うスタイルではないので、一昨日の結果を「そんなもの」と割り切るべきなのかもしれません。
ただ、もし「少しの調整」でさらに改善できるものなら試してみたいと思い、昨日からいろいろと試行錯誤しています。

昨日、「トレード日記」を更新しなかったのも、エントリーポイントやエグジットのタイミングを微妙に変えながらトレードしていたら、なんともまとまりのない、「とっちらかったトレード」になってしまい、とても人様にお見せできない、と感じたからです。

で、今朝も最初の方のトレードはいろいろとテストしてたんですが、あまりに嚙み合わないので、途中から普段通りのトレードスタイルに戻しました。
下(↓)のドル円の1分足チャートにプロットしたのは、元の手法に戻した今日の後半部分のトレードです。

2017年7月20日ドル円の1分足チャート

こうやって慣れ親しんだ手法での売買譜を見てみると、それぞれのエントリーとエグジットにしっかりした根拠があるので、自分で見ていても気持ちが良いです(笑)。
逆に言えば、昨日テスト的にしていたトレードが、いかに手探り状態のトレードだったかが分かります。

自分の「勝てる」トレードスタイルを身に着けたトレーダーであっても、すこし普段と違ったことをしようとすると、途端に初心者のようなトレードをしてしまうということを今回再認識しました。
一方で、今とは違った何かを探らなければ、大きく進化することも不可能なので、非常に難しいところです。

上のチャートにあるトレードを簡単に説明すると、真横に走る密集した移動平均線の束を、ずっと上下に行ったり来たりしていたレートが、明らかに上に抜けたこと、これがポイントです。
このポイントで、最初のエントリー(もちろんロング)をしています。

その次のトレードでは、ダマシに引っ掛かってかなり大きなロスカットをしてます。
もうしばらく持ってれば回復したんですが、それはあくまで結果論なので、やはりここは損切りしておくのが正しい選択だと思います。

その後、「上方向」を再確認できたので、プロットしてない分も含めロングを繰り返して細かく(笑)利食っていきました。

2017年7月20日本日の収支+13,849円

ということで、やっぱり体に染みついたトレードスタイルが精神的にも楽ですし、利益にもなります。

本日の収支は、+13,849円でした。

僕が実際のトレードで使っているFX会社

実際のトレードで利用して利益を上げているFX業者です。

XM(エックスエム)

僕がメインで使っている口座がXMです。
有名トレーダー御用達の世界で最も評価されているFX業者。
FX以外にも、ダウ先物・日経平均先物など世界中の株(指数)や、原油先物・金・天然ガスから農産物まで、あらゆるマーケットを最強ツール「MT4」でトレードできます!
XMの詳しいレポートはこちら

オアンダ

僕が「トレード日記」で使っているのがオアンダです。
最強のトレーディングツール「MT4」が使えるうえに、スプレッドはドル円0.4銭、ユーロ円0.5~0.7銭、ユーロドル0.4~0.5pips という驚異的な狭さです!
MT4を使ったスキャルピングに最適。
オアンダの詳しいレポートはこちら

関連記事

  1. サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい サポレジを根拠にしたトレードは勝ちやすい
  2. フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転 フラフラした相場を2連続ロスカット&ドテンでプラ転に
  3. 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった 方向感がなかったので逆張りで細かく利食っていった
  4. 相場と上手く噛み合ったトレード 昨日の反省を生かし相場と上手く噛み合ったトレード
  5. レンジ相場だし、イースター前なのでトレードせず レンジ相場でイースター前。危険なのでトレードせず
  6. 一応プラスだけど下手過ぎたので解説は控えます 一応プラスだけどトレードが下手過ぎたので解説は控えます
  7. 上位足を見ながらダマシを回避して行った ダマシに引っ掛かるのを防ぐには上位足のMAを見る
  8. 真空地帯はほぼプライスアクション 真空地帯は「仮想の天井」を基にほぼプライスアクション

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

おすすめ記事

  1. 教科書的なロスカットと利確で目標額を確保 教科書的な損切りと利確で目標額を確保
  2. 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した 教科書的トレードの欠点「ロスカットポイント」の修正が機能した
  3. 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い 知らないと損をする!国内FX業者と海外FX業者の違い
  4. OANDA(オアンダ)・レポート【特徴をプロが解説】 OANDA(オアンダ・ジャパン)・レポート
  5. 素直な相場を普段通りにトレード 素直な相場を普段通りにトレード
  6. 20分で終了した理想的なトレード 20分で終了した理想的なトレード
  7. 4日ぶり且つ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了 4日ぶりかつ慣れないヨーロッパ時間なので早めに終了
  8. トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験 トレーダーの最大の武器は、過去の敗北から学んだ経験
  9. ドルが急落してたので素直に売っただけ ドルが急落してたので売っただけ
  10. 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場 運に助けられたけど本来やらなくてもいい相場

特集

プロトレーダーによるFX会社比較

おすすめ記事

  1. FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは? FXで負け組から勝ち組に変わる「瞬間」の感覚とは?

ピックアップ記事

  1. マーケットとまったく噛み合わないので薄利で止めました
  2. 勝っても嬉しくない、本来トレードすべきでない相場
  3. ドルが上げ切った後は次の転換までひらすら売り目線
ローソク足につられて買い上がってしまった為に苦しい展開に...
  1. 水平線(サポートレジスタンスライン)は猛烈に重要!
  2. チャートに忠実な相場を基本通りにトレードした
  3. 苦手なロンドン時間だけど上手くトレードできた
  4. 4ヵ月ぶり2度目の負けトレード
  5. ヴィタリックさんのイーサリアムを追加購入
  6. 水平線と移動平均線が機能した分かりやすい相場
PAGE TOP